2007年12月28日金曜日

モンスター of イスラエル

 先日寿司を食べていたら、カッパ巻きが出て来て、河童の話になり、
イスラエルのモンスターの話へと続きました。

イスラエル人皆が口を揃えて言ったのは、


ゴーレム。

へぇ~、ゴーレムって、イスラエルなんだ。

אמת(emet、真実)という文字を岩に書くとゴーレム誕生。
国(街?)を侵略者から守る為に作られたという。

そして
ゴーレムを壊す時にはאמתאをとり、מת(met、死)にすると壊れるそうな。

なるほど~、だからドラクエではあの街を守ってたのか~

2007年12月26日水曜日

.

アンゴラ:コンゴ人移民の国外追放に際する軍の虐待行為を非難する
情報発信日 2007年12月06日 


 アンゴラ北部のルンダ・ノルチ州において、ダイヤモンド鉱山で働くコンゴ民主共和国(DRC)移民の追放に際して、アンゴラ軍が広範囲にわたり組織的にレイプや暴力行為を行っている。国境なき医師団(MSF)は、この行為を強く非難する。

 MSFチームは、10月にアンゴラと国境を接するDRCの西カサイ州に到着し、性的暴力の犠牲者たちに医療を提供している。チームはまた、アンゴラ軍が集団的なレイプや虐待を広範囲に行っていることを明らかにする100人の証言を集めた。

 MSFの活動統括責任者、メイニー・ニコライは語る。「夜になると、アンゴラ軍兵士が辺りを包囲します。逃げることができる男性たちは逃げますが、逃げられない人は不潔な仮設刑務所に、女性や子どもたちと一緒に閉じ込められます。複数の兵士が女性を、時には子どもたちの前で組織的にレイプします。この嫌悪すべき慣行が数日以上にわたって繰り返され、その後彼らは国境まで運ばれるのです。」

 アンゴラから国外追放された人びとは、勾留中や国外追放の際に、水も食糧も与えられなかったと語る。さらに大部分の人びとが肛門や女性器を検査され、ダイヤモンドを隠していないかと排泄物まで調べられたと報告している。

 極度の疲労や虐待のために死に至ったという証言もある。男性は殴打され、労働や軍への入隊を強制され、あるいは恣意的に処刑されている。

 国連によれば、2007年1月以来、既に4万4千人がアンゴラのこのダイヤモンドが豊富な地域からDRCへと国外追放されている。アンゴラ北部には推定40万のコンゴ人が暮らしている。ニコライは説明する。「毎日何人が国境を超えているか把握するのは困難です。アンゴラとDRCの国境は2000km以上の長さがあり、国境を越えることができる場所も無数にあるのです。」

 ニコライは訴える。「被害に遭った女性たちの名にかけて、MSFにはこれらの深刻な虐待行為を非難する義務があります。MSFは既に2004年に、コンゴ人に対して同様の虐待が行われていることを証言しています。悲しいことに、現在でも何も変わっていないことは明らかです。」

クリスマスイヴ ~おまけ~

2007年12月25日火曜日

クリスマスイヴにエルサレムに行ってみた

に、エルサレムに行ってきました。
いや~、何しろ聖地ですからね。
そりゃ楽しみに行ってきました。

着いたところはエルサレム旧市街
3000年の歴史を持つこの街の、ズバリキリスト教区

どっこい。


人っ子一人、いやしねぇ。
(写真の人物は、連れ。)



歩ってると、お、行列発見。

着いた先は教会。



でも、せいぜい150人ほど。

ちなみに、
このエリアはキリストさんが十字架にて処刑されたゴルゴダの丘
また、キリストさんのお墓があります。



で、それらがコノ扉の向こうにあります↓

公開は昼間、また時間も限られているので夜の今は、閉まっている。

ん~、キリスト教聖地、それもかなり中心には来ているはず。
ってな感じで私がブツブツ行ってると、連れの一人がささやく。

「エルサレムではお祝いはしないよ。
 壮大にやっているのは、ベツレヘムでしょう。
 テルアビブの方が、まだマシだよ。」


・・・。

そりゃ、そーだ。
簡単に言うと、
エルサレムはキリストさんが死んだ場所、昇天した所
ベツレヘムはキリストさんが生まれたところ
クリスマスはキリストさんの、誕生日

はい、そりゃそーだ。

誕生祝いに墓場に来てどーする、日本人。

ってか、私が、
「クリスマスイヴに、エルサレム行こうよ!」
って誘った時に、何で言わない?イスラエル人。

※ちなみにテルアビブは、私が住んでいるところで商業都市。
 →だから若者も多い。

ちなみに、ココ↓がベツレヘムで、

中央の建物がキリストの生まれた場所
今では有名な教会になってます。



で、

この場所がキリストさんの生まれたという場所ズバリ

エルサレムからは30分くらいのとこなんですが、
イスラエル人は立場上、行けないところ。

旧市街歩いてても、(彼等には)危なくて通ってはいけない道も勿論あり、
何か色々感じるものがありますた。



ところで、おまけ。
イスラエルはユダヤ教国家の為、サンタクロースの存在が、ない。

でも見っけました、貴重なエルサレムのサンタクロース

クリスマスと言えば・・・

今日は
つまり、イエス・キリストの誕生日。

世界中で彼の誕生日を祝うが、まぁ、日本の場合、
“キリストの誕生日”という概念は、(一般に)ないですな。

ちなみに、今日はバカボンのパパの、誕生日でもあります。
昭和元年12月25日。
つまり、同時にこの日は、大正天皇が崩御された日。

“崩御”と言えば、
本日は孝明天皇が崩御された日でもあります。(旧暦で)


突然の崩御だった為、
一説には討幕派(岩倉具視ら)による暗殺説が持ち上がっている程。
この数ヶ月前には将軍徳川家茂が病死。

んでもって、この数ヶ月後には大政奉還

ん~ドラマ。

2007年12月23日日曜日

とんかつ

 「箸で切れるとんかつ」
てな言葉を聞くと、よだれがたまってきます。

箸で切れるとんかつって、どないやねん。
イスラエルに上陸してから6ヶ月間豚肉を食べてない私としては、
た~ま~る~か~。



ところで、群馬県の沼田という場所にこんなのがあります。


わお。
「割はしで切れるとんかつ」
ココは、割はしってか。

魅力的
何々、
口コミで広がってるメニューを見ても何だかタダモノではないものが・・・。



ところで、このとんかつ屋の目玉は世界一だとか。



わお!

そしてココのマスター、私の同級生なんです。



そうだ ゆき藤、行こう。

拡大地図を表示

PS,今晩、聖地エルサレムのクリスマス・イヴに行ってきます。

2007年12月20日木曜日

ポリスと言えば・・・ ~その3~

さて、鬼が島に強制連行された友人は・・・
今度は、

「お前、麻薬持ってるだろ。」

因縁をふっかけてきたそうな。

尋問されること1時間。
ついに、その友人は有り金全部(確か日本円で8万円くらい)を
搾り取られ、やっと鬼が島を出られたそうな。。。

何もしてないのに・・・。



こういった時のは、

「金出せ。」

とは決して言わない。
しかし、その雰囲気を作るのです。
これは、もはや“暗黙の了解”です。

おそらく、あの時その友人がお金を出さなかったら、
いつ出られたかわかったものではないでしょう。
もしかしたら牢にでも入れられそうなその雰囲気を作る・・・

そして、チップ(賄賂)を自分から出す様に仕向ける・・・。

2007年12月19日水曜日

ポリスと言えば・・・ ~その2~

 そうです、
私は確かに捕まる要素のない友人を後にし、
ひとまず自転車で走りだしました。
から。

あ、これが昨日ご紹介した、です↓

まぁ、写真はイメージなんでたまたまバイク乗ってますけど、
実際にはかけて走ってくるわけです。

さて私は、
無事、さきほど友人と待ち合わせをした飲み屋に到着。
取り急ぎ友人に電話をしてみました。
電話には、出ない。

10分ほど経って電話しても電話に出ない。。。



プルル・・・



プルルル・・・・・



プルルルル・・・・・・・



やがて何度目かの電話にやっと出ました。

「今アレだから、後で電話する。」

と言われて切られました。

???アレって何だ???
アレって何だ???
ぐるぐる回ります。
私の頭はぐるんぐるん回ります。
アレって、、、アレって、何なんだー!!!



後でわかったアレとは・・・、

私が自転車で逃げたあと、あのの警官に友人は捕まりました。
が言うには、

「あの自転車は窃盗したモノだろう?」

因縁をつけられた。
友人は、ずぅっとシラを切っていたそうです。
なぜか。

この人、ホント頭がキレる人なんです。
友人は、私が自転車を勿論窃盗などしない事を知っていましたが、
頭を回転させ、

≪もしかして誰かの名義の自転車で、
 窃盗車を掴まされている可能性があるかも知れない。
 それなら、
 わざわざ彼を呼び出して窃盗車ではないことを証明するよりかは、
 ここはひとつ、
 知り合ったばっかで彼の連絡先は知らないことにした方が、
 より簡単で、より確実だ。≫

とすることにした。

(実際この街にもバックパッカーは多く訪れ、
 知り合ったばっかでも食事をする、というのは日常茶飯事です)


しかし、シラを切っているうちに別の警官もやってきて、
「ちょっと警察署まで来い」
という事になり、何故かこの友人が警察署まで連れて行かれたそうです。

の警官2人に両肩を持たれ、
足を引きずるように連れて行かれたそうです。。。
何もしてないのに・・・。

さぁ、これだけではありません。
何故ならその警官がだとしたら、その警察署は鬼が島・・・。



to be continued...

2007年12月18日火曜日

ポリスと言えば・・・ ~その1~

警察といえば、ある国でこんな事件がありました。
【注】今回の話はちょっとコアな話なので、国名伏せま~す。

とあるの、とある有名な通りで、友人と待ち合わせをしていました。
私は自転車だったのですが、その上に座って友人を待っていました。
友人がちょうど20mほど先に見えると、私たちは手を挙げて挨拶しました。

その時、「ピーっ!!!ピーっ!!!」
と笛をやかましく吹きながら警官が私の方に近づいてきました。

とにかくもの凄い形相で、怒り狂っています。
既に。
相手は相当興奮しているせいか、もはや通常の言葉になっていません。

「なんや、俺の立ち位置が悪いのか?」
そう思ってその場から離れ、友人も私のところへ到着し、
わけもわからず、ともかくその警官から離れようと歩き出しました。



後ろを見ると、追っては来ないものの、ずっとこちらを見ています。。。


やがて、30mくらい離れたところでまた指をさして笛を吹き出しました!
そうかと思ったら、なんと、こちらへ向かって走り出しました!!!

この瞬間、怖いのなんのって。
だって、ありゃですよ。
自信を持って、
がこっちに向かって走ってくるんです!!!

友人は、
「ともかく君は逃げろ!
 俺はただ歩いてるだけだし、捕まる要素は何もない。
 〇〇の店で落ち合おう!」


確かにその友人には捕まる要素は皆無なので、
私は一人で自転車で走りました。。。



・・・気になる続きは、次回へ!

2007年12月17日月曜日

時世

 もう、最近の時世と言ったら、わけわかんない。

自分で考えて動き、コーヒーをサービスするロボット て。
しかも、自分で充電する て。
なになに、複数でロボット同士が協調する?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20071213/143123/

頭で考えるだけで、3次元仮想空間を動く て。
http://www.asahi.com/komimi/TKY200712060273.html

頑張れ!!!ニッポン!!!

2007年12月16日日曜日

ポリス

ど~も♪ど~も♪
今回はタイの警察についてのカルチャーショックです。

初めてタイに行ったとき、空港を降りて初めてのカルチャーショックは、
警官がサングラスをしてマスクをしていたこと!
まるで盗賊のようです。


そしてこの盗賊は、歩道などを平気でバイクで走ります。
勿論、一般人が走ったら捕まります
2ケツノーヘルも当たり前です。

「日本でいうやくざは、タイでは警察だ。」
なんて聞いたのもタイ生活の初めの頃でした。

ところで、タイでは20回ほど警察に捕まりました。
白線をほんの10cmくらいはみだしただけで捕まったり、
ミラーがなくて捕まったり、
飲酒で捕まったり、
Uターン禁止で捕まったり、
渡っちゃいけない橋を渡って捕まったり・・・。

一日2回捕まったこともありました。
まぁ、全部私が悪いんですけど。
でも、わけもわからず捕まったこともあります、←今も原因がわかりません。

そんなある日、
バイクで走っていたところ、50mくらい前方で警官が手招きをしています。

「やばっ!やっちまった!」

すぐに気が付きました。
バイクである私は、左端の車線を走るべきでした。

警官の手前で止まり、武士らしく潔くエンジンを止めると、警官は
バイクのカギを指差し「OK!」
ナンバーを指差し「OK!!」
メーターを指差し「OK!!!」
最後に私の陰部を指差し「OK!!!!!!」
と、そのテンポのいいことったらありゃしない。

その後は勝手に大笑いしています。
そりゃ、私もツラれて笑ってしまいます。
それにツラれ、さらにあちらは大笑いしてます。

こんな陽気な盗賊もいます。

2007年12月13日木曜日

さぁ、今年もこの日がやって参りました。

今を去ること305年前、47人の侍が動き出した。



「乱心にあらず、浅野内匠頭長矩、乱心にあらず」

今日は、赤穂浪士討ち入りの日

2007年12月12日水曜日

“?”?




先日、イスラエルの公道を車で走っていると・・・




















何なんだ!

この標識は!

2007年12月11日火曜日

イスラエルで役者のスカウトを受けた

 ココ数週間、役者に関する話題が私の周りで飛び交っています。

今日、イスラエルに日本人は600人いると言われています、
四国よりちょっと大きいくらいのこの国で、
尚、商業都市テルアビブ周辺に比較的人は集まっているので、
日本人は時々発見出来ます。

その中で、役者の仕事を時々している人を3人ほど知っています。
「誰がCMに出ていて、それが真ん中のメインだった」とか、
「彼が真ん中に出ていたあのCM、あの人は右端にいた」とか、
「映画出れる日本人男性、誰かいない?」と相談されたり。

その3人の内の一人は、某航空会社の一年間使う広告に出て、
早速来週くらいの新聞で一面に出るそう。その他街の看板など。
また、このギャラがいい。
撮影は半日、日本円にして8万円強。

ところで、私も実は先週あたり街を歩いてたら声をかけられました。

「映画に出ないか?」

お、来た来た。
撮影も仕事には影響なさそうだ、時間あるし、やってみるか。

「日本人はKoreanとChineseと同じアジアで、似てるよね?」

ほう、どうやら日本人としての役ではないらしい。
聞くと、

「Koreanの役だよ」

Koreanか、でも俺、韓国語喋れないよ。。。

「大丈夫、日本語適当に喋っていてもらえれば。
 イスラエル人にはど~せ解らないから」


いい加減なもんです。

はい、もうオチは想像されていると思いますが、
具体的に何の役か聞いて見ると、

「North Koreaの兵隊の役だよ」

わお。

ここから先は、万が一のことを考えて皆さんのご想像におまかせします。

それにしてもKorea=South Koreaのイメージがあるのは私だけ?

2007年12月10日月曜日

ギネス ~その2~

もう一つギネスを紹介。
世界一高価携帯がこれ、


「Le million」 →億単位

計120ctダイヤモンドが埋め尽くされている。
ん~、これにもダイヤモンド・・・。



ギネスではないけど、もう一つあるのがこちら。


「Dazzle Cocktail」 →約350万円

ストロベリー&ライチのシャンパンの中に
ピンク・クンツァイトという希少な宝石と、
ダイヤモンドがセッティングされたリングが入っています。

他にもあるそうで、
一番高価なのは2カラットのピンク・トルマリンの約550万円。



ついでにもう一つ、世界一高いスニーカー。


Diamond-Studded-Sneakers →約550万円

ナイキのロゴは、goldのロゴプレート、
その周りには11ctダイヤモンドが埋められているという。

ん~、どうなんでしょう・・・

2007年12月9日日曜日

ギネス ~その1~

この度、
英国のメーカーが世界一高価香水を限定発売すると発表しました。


「No.1 Imperial Majesty」(500ml)→約2500万円

何でこんなに高いのかと言うと、
バカラ社製の500ミリリットルのクリスタル容器に入っており、
5カラットダイヤモンドが組み込まれている為。

また、ギネスの広報担当者によると、
価格には英高級車べントレーによる配送料も含まれているといいます。



ということで、本日はもう一つギネスを紹介。

世界一高価万年筆がこれ、


「La Modernista Diamonds」 →約4000万円

シルバーに5072個ダイヤモンド
96個のルビーがセッティングされている。

ん~、
“世界一高価”になるには、やはりダイヤモンドが使われている・・・

この前のケーキといい・・・

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング