2007年6月25日月曜日

ベルギーでのクレジット決済て

 ベルギーでカード払いをした際、

よくあるこんな機械には通しますが、サインをしません。

何でや?

どこ行ってもしません。
暗証番号のボタンも押しません。

何で?
これって普通?
ええのでしょうか?

こんなで。

2007年6月24日日曜日

エスカレーターの方程式

国によって車の走る側が違います。

日本は左、タイも左、イギリスも左。
zoomzoom001

一方、右側はアメリカ、イスラエル、ベルギーなど。
赤色の車

幹線道路などの広い道路では
追い越す車は日本、タイ、イギリスの場合は右側から、
アメリカ、イスラエル、ベルギーなどの場合は左側から。

このルールにエスカレーターも基づいているのだと、ずっと思っていました。
つまり、日本の場合はエスカレーターで歩かない人は左側で待っています。
(大阪だけ逆ですけど)

急いで歩く人は右側から追い越して歩いていきます。
これが方程式だと、今まではそうだったし、ずっと思っていました。

でも、もうダメ。

この方程式、ダメ。

大英帝国に覆されましたので。

2007年6月21日木曜日

393個

 
このビル群の内4つは世界でも有数な、とあるマーケットであります。

この世で最も高価なモノ、この世で最も硬いモノ
その光沢は極めて美しく、時には人を狂わせるほど魅了して止まない石、
そう、ダイヤモンドであります。

イスラエルの、
とある一角に集まるこのビル群(4つのビル内全てがダイヤ屋)と、
ベルギー・アントワープにある
ダイヤモンドクォーターは、特に巨大であります(取引されるマーケットが)。

現在、私はここに潜伏しております。

毎日100個前後ダイヤを見てその目を養っておりますが、
さすがに昨日はちょっと興奮を抑えられませんでした。

ダイヤモンドが393個

片手に簡単に収まるものが、数千万円です。


これを1つずつ、そのグレード別に分ける作業をしたのですが、393個、
一日がかりでした。

私の目は今、肥えてゆきます。

2007年6月20日水曜日

ジュエリーとレストランがコラボってる・・・

こんなレストランもあるんや・・・

こんど行ってみよっと。

この記事を見る!

セカンドライフに警察が!

セカンドライフ内の犯罪に(本物の)ベルギー警察が動き出した模様。

何だかとんでもないことになってます。

これも時勢ですな。

この記事を見る!

明鏡止水

“明鏡止水”

という言葉があります。意味は、

「(くもりのない鏡と静かな水との意から)邪念がなく、
 静かに澄んだ心境。」


とあります。(⇒広辞苑抜粋)

これを聞いたのは私がタイを去る時でして、その方は、

「波も立たない程静かな水面に、風景が映されるのと同じで、
 心も澄ませば、新しい世界が見えてくる。」


という意を言われていました。

ちょうどこの時期、“瞑想”というものに興味を持っていて、
それに繋がりました。

瞑想のやり方は色々あるかと思いますが、
良いやり方があれば教えてください!

2007年6月19日火曜日

20億円のバッグ

また田中貴金属がやりました。

今度は20億円のバッグ。

この記事を見る

大英帝国に行ってみた

大英帝国。

日本の幕末期から100年も前にこの国で産業革命が起こり、
さらに1830年以降欧州諸国に広まり、造船技術が伴って、
それが1853年ペリー来航というカタチとなって幕末が始まり、
日本が回天する。

その大英帝国に先日行ってきました。
これは、実際にいつかの海戦に使用されていた船だそうです↓


かつての武士はコレに本気で勝てると思っていたのか、で。
でも、薩英戦争ではトントンだったもんなぁ~、

ってか、すごいな、薩摩武士って。

2007年6月18日月曜日

仏ジュエリーの「匠の技」に仏政府がお墨つき 刻印制度始まる!

なかなか面白い記事を発見です。

http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200706140029a.nwc

ヨーロッパのスーパーブランドでも中国などで、一部でも生産しているのは
いくつか聞いたことがあります。

つまり、そういったブランドにはこの刻印は入らない。

今までフランスのブランドとしてあくまでも国内生産に徹底してきたところは、
やっとソレが報われた、という感じでしょう。

これは良い制度ができたものです。

本当の“フランスブランド”が始まりそうです。

電気狂

 日本人はしばしば「エレクトロニッククレイジー」と呼ばれます。

私も一回言われたことがあります。

気付いたら
ノートPC電子辞書、それとPDAを手にして英語の勉強してました・・・。

・・・俺のせい?

2007年6月17日日曜日

イスラエル、地中海のビーチにいってみた

イスラエルはもう、
常夏



常夏1。



常夏2。



常夏3。



常夏4。(きちんとした警察です)



常夏5。


ホーリー常夏。

2007年6月14日木曜日

ティアラ展があるようです

京都でティアラ展があるそうです。
http://www.mapple.net/news/news.asp?NewsID=46073


カルティエ、ブルガリ、ミキモト、ヴァンクリーフ&アーペル・・・
世紀を超えた100点以上のティアラが集まるそうです。
いいなー行きたいなー。

ってか、京都に行きたい。

蛤御門をはじめ京都御所とか、
池田屋とか、
寺田屋とか、
近江屋とか、
壬生方面とか、
伏見方面とか、
二条城とか、
東本願寺とか、
明保野亭とか、
西本願寺とか、
酔屋とか。

2007年6月12日火曜日

湘南を考えてみた おまけ

私個人的には、
江ノ島が現在の湘南を象徴しているとしか思えません。
大磯のカブト岩よりも、
茅ヶ崎のエボシ岩よりも、
江ノ島を見た時に湘南を想う・・・。

北斎江ノ島。

湘南を考えてみた その2

続いて、下記天下の広辞苑よりそのまま抜粋。

1.中国湖南省の洞庭湖に注ぐ湘江の南方一帯の景勝地の称。
(相模国南部の「相南」を1.に因んで書く)相模湾沿岸地帯の称。
2.葉山・逗子・鎌倉・茅ヶ崎・大磯などを含む。夏季は海水浴場多く、
 冬季は比較的温暖で京浜の避寒地。住宅地化がすすむ。



さて、前回のと合わせ、すべてに属しているのが茅ヶ崎、大磯
ここは少なくとも、ソレらしいですな。
どこにだって名が入ってるし。

でも、正式には先に挙げた行政区域名のものが“湘南”と言えそうです。
だって、神奈川県が決めてるんですもん。

これは、言ってみればかつての相模国を、
神奈川県に担当させてる国の責任にもなります。
つまりニッポン国が認めてるのも同様

CARIN的結論↓
湘南とは、
平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、
大磯町、二宮町
のこと。

なので、この地域を湘南と呼ぶのはOKです。
だって、神奈川県が決めてるんですもん。

なので、
自分の地域だけを主張して他の(上記の)地域は違うってのも、なし。
だめ、皆仲良くやってください。

また、全部平塚市がはじめにきてるからって一番偉いわけではありません、
湘南性が高いわけでもありません、だからエバるの、なし。

そして、鎌倉や葉山を湘南と呼ぶのもなし。
神奈川県の指示に従ってください、
鎌倉や葉山はもうそれだけで“ブランド”なので勘弁して下さい。

大磯や二宮を“西湘”と呼ぶ人がいますが、どうなのでしょう。
おそらくは西湘バイバスが大磯から始まっているからですかね。
これは西武の堤氏が、
海岸線が車で渋滞するのを嫌がってぶっ建てたものだと聞いています
(堤氏の邸宅は大磯よりの二宮にあります)。
もっともヘリでよく飛んでますけど。

でも、湘南の始まりは大磯とされています。
だから、「大磯・二宮は湘南じゃない、西湘だよ。」なんて言うのも、なし。
みんな仲良くやってください。
確かに西湘でもあるかも知れませんが、湘南でもあるわけです。

東南アジアとアジアの違い、ライスカレーとカレーライスの違いです。
大磯に限ってはそもそも、本家です。徳川家です。

ちなみに、肝心の現地の人達はどう思っているのでしょうか。
下記のようなものを発見しました。
それぞれの地元の人に「湘南とはどこか?」をインタビューしたそうです。

「葉山」住人:「大磯からここ葉山までが湘南でしょう」

「鎌倉」住人:「そうだね、葉山から茅ヶ崎くらいまでが湘南かな。
         もちろん鎌倉も入るけど、
         ここは鎌倉時代から歴史のある場所なので、
         湘南というよりも鎌倉と言ってもらう方が嬉しいね」

「藤沢」住人:湘南?そりゃ藤沢が中心だよ。
         範囲?
         考えたこともないけど、
         東海道線の藤沢駅を中心に西は大磯、
         東は油壺くらいまでが湘南じゃないの」

「平塚」住人:湘南は茅ヶ崎と藤沢。
         歴史的には
         平塚は茅ヶ崎なんかよりずっと古くから栄えていたんだよ。
         ただし、大きな意味では平塚も湘南に入ると思うよ」

そして、
「大磯」住人:湘南?おたく何いってんの?大磯に決まってんじゃない。
         日本の海水浴場の発祥だし、
         湘南発祥の石碑も立っているし、
         とにかく湘南は大磯のこと。
         範囲?そんなものあるわけないよ」

2007年6月11日月曜日

SLのテロ

セカンドライフでテロが発生した模様です。

何でもアリですな。。。

2007年6月10日日曜日

湘南を考えてみた その1

 先日、こんなリクエストがありましたのでレポートです。

湘南と言えば、



江ノ島
稲村ケ崎
七里ヶ浜
由比ヶ浜
鎌倉
藤沢
茅ヶ崎
サザン
加山雄三
江ノ電
湘南海岸


などがすぐに思い浮かびます。

夏ですな。
それも常夏ときた。

これは茅ヶ崎出身のサザンオールスターズによる影響が大きいかと思われます。
大分いい歌出してますもんね

ところで

湘南とはどこの地域か?」

関東ではたまに出る話題です。
そして大抵そこには所謂湘南人”がいて地元意識が強い。
自分の住んでいる所こそを湘南と主張したがる。

これらイメージや感覚、先入観で話をするとキリがないので、
まずこんなもんがあります。

★神奈川県規定による行政区域名“湘南地区”
 平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

★自動車の“湘南ナンバー”地域
 平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、小田原市、秦野市、伊勢原市、南足柄市、
 寒川町、大磯町、二宮町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、
 箱根町、真鶴町、湯河原町

★横浜地方気象台による気象区分“神奈川県東部・湘南”
 平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、
 寒川町、大磯町、二宮町

★数年前まで構想していた、諸市町による合併“湘南市”のメンバー
 平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町、大磯町、二宮町

★湘南ベレマーレのホームタウン
 平塚市、藤沢市、厚木市、茅ヶ崎市、小田原市、秦野市、伊勢原市、
 寒川町、大磯町、二宮町

さて・・・、

2007年6月8日金曜日

ニッポンの侍

男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男の中の男、



歳三。

身分上、正当な武士ではない為に人二倍そうであろうとする本物の武士、
土方歳三。

当時正義だった新撰組も、
大政奉還が成り薩長が錦旗を掲げることにより賊軍と成り果てる。

千葉の流山では新撰組局長近藤勇が時勢を見て降参するも、
土方歳三は男を貫き通す。

この最後最後まで・・・。

2007年6月7日木曜日

イスラエル再入国

この国に入るのほどセキュリティーが厳しいのは、ない。
今のところ。

前回はタイからイスラエルに入りましたが、

「何で行くんだ?」

というよくありがちな質問から、

「どういう関係だ?」(連れの人に対して)
「いつ知り合った?」
「どうやって知り合った?」
「何で一緒にいるんだ?」


とありとあらゆる質問を20~30分くらいされました。

その後、荷物チェックを当然されますが、
これが、ホント、全部でした。
衣類とかも一枚、一枚、てな感じでした。
これを、出国するタイの空港でされたのです。

エジプトから間違えて再入国した時も、面倒臭い経験があります。
・・・と、今回も覚悟していたのですが、今回は何にもなし。

実はベルギーからハンガリー経由で、つまりハンガリーで乗り換えて
イスラエルに入ったのですが、これだからでしょうか・・・。
つまり、ベルギーから出国する時、私はハンガリー行きのお客さんで
イスラエルに行くとはわからない。?。???

まぁ、そう安心していたら、今度はイスラエルの空港でやられました。
到着してから2時間ほど質問され、チェックされ、回され・・・。

正式のinvitation letterも持っているのに。

さすがはホーリーランド!!!

2007年6月6日水曜日

イスラエルへ引越、の前の小話

今からイスラエルに移動します。。。
数日更新がままならないかも知れません・・・。

そんなわけで、
ここアントワープの部屋のインターネットサービスを止めるのに、
数日前にそのプロバイダに連絡しました。

すると、

「あぁ~、来年の1月分まで払ってもらわないと、ダメだね」

???
何だ、ソレ。
あぁ、今年の1月から契約したので、1年分ってことか。
でも、契約ではそんな話はなかったはずだぞ・・・。

その旨を話すと、

「いや、そうなってるから。あと8ヶ月分だから・・・はい、336ユーロね」
話し方もいい加減、適当であります。

「336ユーロ払ってもらった時点で、サービス停止完了」

話してもラチが明かないので、とりあえず電話切断

周りの親しくしてもらっている日本人に聞いてみると、
やはりそれはおかしい、との事。

そうなんです。
初めは信じられませんでしたが、
この土地ではこういったある意味“大会社”がボったくってくるというのが、
よくあるらしいのです。

何か大会社だったら、きちっとしてそうなもんじゃないですか。
日本で言うNTTレベルの会社ですよ。

話は少しそれますが、
ある人が電気代をありえないくらいの金額で請求されて文句を言うと、
「じゃぁ、いくらがいいんだ?」
と逆に言われ、その言った金額にすぐなった、とか。
あり得、ない。

日本から発送された郵便物をこっちの郵便局が別の配達業者にお願いして、
その配達業者がその発送代を請求してくる、とか。

以前、ブログで記載したように、水道の修理をお願いしたら、
修理費が見積もり金額の倍以上になっていた、その理由が、
「あの見積もり金額は一人分で、今回の作業は2人必要だった」
とか。

その他、ある学校の学費が今まで10万円くらいだったのが、
今年からいきなり60万円になった
など、どっか金銭的にアンポンタンな部分が伺えます。

まぁ、そんな話も聞いていたので、今回のプロバイダの件も、
長年この地に住んでいる人にアドヴァイスを求めたのです。

その中の1人が言っていました。

「結構電話出る人によって違うよ」

って。

昨日改めて電話しました。
すると今度は好感触の女性が出ました。

「それにはまずサービス停止を申請する旨を書いて、
 サインして弊社宛にお送りください。
 あとは代金を今月分までお支払いいただくだけでOKです。」


???

あまりの回答の違い、そして私の理想としていた回答だったので、
2回ほど私から繰り返して言い、間違ってないかを確認しました。

その都度、

「Exactly.(その通りです)」
「Exactly.(その通りです)」


極めつけにこの人、電話を切るときに、

「Thank you for your call. Have a nice day!」

この人、絶対背中に羽根生えてますよ。

2007年6月5日火曜日

カップラーメンにまつわるお話 その5

 このXOソースシーフード味、何ともエキゾチックな名前ですが、
めちゃめちゃうまい、これ!!!

この“XOソース”とは香港であみ出されたテイストで、
日本のスーパーにもあるところはあるようですが(ソースの事です)、
有名なんでしょうか?
私は知りませんでした・・・。

とにかく!日本のカップヌードルより充実しています!!!
しかも、値段は・・・
0.85ユーロ!!!(今140円弱くらいです)

安い!!!(中二階にある日本用の)半額!

食べてみると、そりゃ美味です。

エビカニは日本のノーマルのカップヌードルと味はほぼ同じです。
日本のにはエビも入っていますが、それが少し増えたり、
カニに変わったりしているだけです。
(厳密に言うと肉の種類が違う、卵が若干小さい、
 ねぎが3割ほど多いなどありますが・・・)

カレーシーフードに関しても日本のカレーの具がシーフードになっていて、
日本のものよりかは少し水っぽいですが、ベースは同じ味です。

上記には記載してませんが、“シーフード味”というのもあり、
これに関しては全く同じ味で、おそらく原料何から何まで日本と一緒だと思います。

シーフードスパイシーはこれまた美味で、
カップヌードルが“辛い”味を出したら、こうなるんだろ~なぁ、
という味そのままです。

これだけ充実してるのに、中二階にある日本用のものの半額
私のオアシスです。

即席めんを生んだ安藤百福氏が1月5日お亡くなりになりました。
ご冥福をお祈り致します。

2007年6月4日月曜日

カップラーメンにまつわるお話 その4

中華街

それはもう、オアシスを見つけたようなもんです。
その中にある、アジアンマーケット
中二階には日本食品専用フロアがあり、あるある、いっぱいあります。

安い米発見!10kg、12ユーロ。
→1,800円くらい、安くないですか?
日本でいくらくらいでしたっけ?
日本米ではないですが、JAPANESE STYLEって書いてあります。
食べてみると、普通に日本米、最高においしいです。

まぁ、米はいいとして、カップラーメンです。
ん~、さすが日本から仕入れているだけあって、少し高いですねぇ。
カップヌードルでも一個2ユーロ、3ユーロとかです・・・。

1階のチャイニーズ用のカップラーメン売り場にも行ってみました。
ん・・・、ここにもカップヌードルがあるぞ・・・。
ソコには素晴らしい光景がありました。

そうです、
筆者はここを言いたくてこれまでの“前置き”を書いてきました。
日本にはないカップヌードルが、そこには並んでるんです!

シーフードスパイシー味とか!
プローン(エビ)味とか!
カレーシーフード味とか!
クラブ(カニ)味とか!
チキン味とか!
チキンマッシュルーム味とか!
ポーク味とか!
ビーフ味とか!
スパイシービーフ味とか!!!
XOソースシーフード味とか!!!!!!


きたぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁっぁぁ!

次回はその味に迫ります!

カップラーメンにまつわるお話 その3

・・・まぁ、それはいいとして、
残念ながら海外のカップラーメン事情は賑やかではありません。

デンマークの友人とタイへ行った時に、
セブンイレブンにカップラーメンが並んでいるのを見て感動していました。
「すごいいっぱい種類がある!」って。
タイのセブンには日本のコンビニの
おそらく3分の1くらいしか置いてないと思います。

味は・・・というと、どれもムダに辛いですな。
また、容器がプラスチックで持つと普通に熱いです。
日本のモノは、きちんと持っても熱くならないように出来ていますね。

イスラエルでは、カップラーメンはどこいっても4種類しかありませんでした。
ここも同じく容器はプラスチックで、持つと熱い、アレ↑です。

ヨーロッパでは大体、1つの会社が出してる程度で、味も4~5種類。
でも、通常店ではお湯を提供してくれません。

コンゴでは皆無、でも同じアフリカ大陸でもエジプトでは、
カップラーメンはなかったにしろ、
袋のインスタントラーメンは沢山種類があり。

ところで、はじめての海外でのカップラーメンはハワイででした。
カップヌードルを購入したのですが、
それがひどくまずかったのを覚えています。
同じカップヌードルでも外人用の味にアレンジされているんです。
「海外ではカップラーメンは食べてはいけないんだ」
と、思いつつもその後挑戦し続けています。

さて、現在の地、ベルギーではどうなのでしょう?

やはり店では数種類置いてあるか、ないかです。
でも、到着翌日にいいもの見つけちゃいました
それは、、、。

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング