2010年7月29日木曜日

【日本一周5日目】京都~兵庫

2002年7月18日、夏。

この日はですね、京都駅内で野宿してたんですけど、朝5時くらいに警察に起こされました。「ここで寝ちゃあかん~」とか言って、いいじゃんか、ちょっとくらい~

この日はまず、


<清水寺(世界遺産)>


ですね、


<三十三間堂(国宝)>


ふつうに、


<金閣寺(世界遺産)>


京都観光~

京都なんてのは、中学校3年の修学旅行以来でしたからね、つまり、大人になって初めて行ったので、それはそれは心を打たれました。また一人で行ったのが良かったのかな。三十三間堂なんてのは、本っ当~ぅに感の動でした。先々週の京都でも行って参りましたよ、ここは。走っていたら、大文字焼きの山



とかあったりね、



気がついたら、もうこの公園~( ・∀・) なつかしすぎる~、もう、中学校の時のまんまです、鹿公園。また奈良に舞い戻って参りやした。奈良と言えば、



ど~ん!!!ココ東大寺に行かねば・・・



だって大仏さんが鎮座されているんだもの!ということで、日本三大大仏のうち2つ制覇、残るは高岡大仏しゃん。。。



で、大阪到着~。ここでの写真パシャリはですね、今でも覚えています、日本全国周って、大阪人のパシャリはですね、一番温かった!この時はですね、駅前ロータリーのバスの運ちゃんに撮ってもらったんですがね、今までと全然違った。

出発以来、少しずつ肌で感じていたのが、この「人の温かみ」でした。東京から離れれば離れるほど、接する人が妙になつっこい。この写真をお願いする人然り、食堂の人然り、道を聞く人然り。この法則は事実なのか?ともかく、少なくともこの旅では確実にその現象は起こっていたのでした・・・。



神戸に到着~、神戸は、関西における「横浜」みたいなイメージがあるのでしょう、たしかに、カップルがやけに目についてた気がします、神戸港。ここに、坂本先生は船を勉強していたのか~



また大阪に舞い戻り~、友と再会~



大阪を、案内してもらう~。まだこの人いる時代や~^^ さてゆっくりしておられもはん。そう、男には、行かなきゃイケねぇ時があるってもんで、日本三大夜景の一つ、六甲山に向かう。したら、雨は降ってなかったんですがね、霧がすごい。

山のふもとのタクシーのおっちゃんがね、「今日はダメだ、霧で見えねぇ」と教えてくれました。



やっぱり「温かみ」が、なんか、違う~


これにて日本・大阪、兵庫を制覇。

残り36都道県~

2010年7月28日水曜日

でろんでろん

あ~、ここ3日間くらい、


頭がはまぐりボンバー!

もう、この曲が四六時中ぐるんぐるん で でろんでろん や~

完成度高いで~

日記

先月ですね、何回か実家に帰る時がありましてですね、探し物をしていたらこんなものを発見した、



日記。何が「みんなで書こう!苅たんの顔!!」だ。完全に頭イカれてる。しかも微妙にうまい。自分でも腹立たしく、完全に世間様に見せたくもない表紙を飾るこの日記は、高校三年生当時のものだ。高校二年も終わる頃、誰かが言った。

「高校最後の一年間日記をつけて、10年後に読んでみよう」

こうして高校三年、4月1日から3月31日までの365日、毎日つけた日記が、コレであります。「誰かが」とかカッコつけて言いましたが完全覚えてます。大ちゃん。そう、いつだかお話しました「だいちゃんスペシャル」のだいちゃん。

と、言うことで10年後ならず、14年後に、どうせならみなさんと一緒に読みかえってみましょう~というのがこの企画。それでは早速、14年前の今日をどうぞ~。

-----------------------ココから-----------------------

7月28日(日) ~M君といふもの~

今日は4時まで寝てた。それから東京へ行き、11時に帰って来た。12時頃Nさんからベル入って遊ぶことになった。スリーエフに1時ということで。

Kから久しぶりにベル入った。電話した。1日から中国に2ヶ月くらい帰るらしい。やっぱりKはおもしろかったな。久しぶりに会いてーな。

それからスリーエフにいった。Sとかいた。S(2)を呼んだ。そこにMくんが来た。「とし!」と呼ばれた。いったら、「Fourかっけーじゃん。」「バイトやってんのか?」「けいご使わなくていいよ。気持ち悪りーだろ?昔みたいによ!」といわれて、ジュースおごってもらった。すんげーうれしかった。

それからS(3)もつれて山城のNさんの場所で語った。Tもちょっと来た。

T(2)についても語ってさ、「今までの人とはちがうとこを見せる!」とNさんはいってた。これ大事だと思う。がんばろ。俺は今までのやつとは違うとこを見せてやる!!

今日T(3)とくつかいにいきたいな。
-----------------------ココまで-----------------------


・・・自分で読んでみての感想。

1.思った以上に、おもしろくない。

2.今回限りでこの企画、終わり。

3.まだポケベルの時代や~。

ちなみに文中にでてくるM君という人は、

魍魎の武丸さんみたいな人でしてね、幼馴染だったんですな。幼馴染と言えば、もう1人武丸さんがいてですね、小学校の時にバス(バス通学)から降りると「とし!」ってお声がかかるんですよ。「今日はクワガタ取りいくぞ」とかね。

武丸さんから言われてんだ、そりゃ断れないじゃないですか。お家帰ってドラクエやりたくても、お声がかかるとクワガタしか選択肢はない。クワガタですよ?まぁ、聞こえとしては「小学生らしい」かも知れませんが、いやいやいや、我々の部落(山)以外の人は、つまり下界の人達はその頃銃撃戦が流行ってましてね、あのBB弾の。ゲーセンとかにもね、行くわけですよ、当時のふつうの小学生は。下界の人達が銃撃戦をやっている頃、僕は武丸さん2人とクワガタ取りに行ってた。木の上に藁の家作ったり、土器探し行ったりね。

中学生にもなれば、あの、反抗期じゃないですか。なんか、こう、親とかにも素直になれず、周りにはカッコつけたがり、昔の幼馴染とも「昔」のような関係ではなくなり、なんか、こう、照れくさいというか。

私が中学に入ると、武丸さんは果たして一層武丸さんになっていてですね。高校にもなれば、より一層

武丸さんになっていくんですよ。2人とも。そんな武丸さんの1人と久しぶりに話した物語でした~

それから文中にあるFour、この単車が僕等の青春でしたなぁ~、高校生ながらに60万円のFour買ってですね、それで通学してましたからね、Four、あれはカッコ良かったな~、こんな時期なんかは最高~

そして「今までの人とはちがうとこを見せる!」とかあるじゃないですか、この当時まさに、完全A型に、B型の要素が注入されている時期だった~



――人生バックしたことないけど、初めてバックした。

2010年7月27日火曜日

布袋寅泰

言うまでもなく、私は布袋さんが大好きだ。まずはその「六本弦の化物」と言われるほどのギターである。布袋さんのギターは吉田松陰の言葉で言う「狂」であると思うのです。

これは意外に知られてないのが、布袋さんはアトランタオリンピックのオープニングでギターソロを担っているほど。正に世界の布袋であります。日本国内では、彼のギターに追いつけるのはB’zの稲葉さんだと言われますが、私的には断然布袋さん、何せあの個性はほっとけない。



そんな布袋さんの最強のパートナーは誰か?これは布袋ファンなら必ずと言っていいほど話題になる話だが、私的にはですね、吉川晃司だと思う。ヒムロックは勿論外せないところだが、吉川晃司とのあの共演はものすごい。

私はですね、布袋さんの音楽で育ったようなもんですからね、なんせ小学校の時に昼休みに流す音楽を募集してた、そん時に私が提案したのが「SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS」ですからね。←BOФWYですけど。

2010年7月26日月曜日

龍馬伝30

 もうやばい!何度でも言うたる。やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!

やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばやばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!い!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!
やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!

やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!やばい!

2010年7月25日日曜日

【人間力第17回】考え方の違い2

 少し御固くなってしまったので身近に例えてみましょう。



「あそこのラーメンが美味しいって聞いたから、行ってみたけどまずかった」←この人にはそのラーメンはたしかにまずくて、この人に「美味しい」と言った人にとっては、そのラーメンはたしかに美味しかった。

このように、全く同じラーメンでも、正反対に違う現実が生じます。そして、これはどちらも正しい。

「私は豪邸に住んでいて、高級車を10台ほど所有している。1シーズン1回は世界旅行も行くし、私は幸せだ」
という人がいて、
「私は、サラリーマンになりたかった。毎日満員電車に1時間ほど揺られ東京に行き、また1時間ほど満員電車に揺られ家に帰ってくる。そこには自分が本当に愛した妻がいて、家族がいる。これが、私の子供のころからの夢だった。そして、それが今ここにある。私は幸せだ」
という人もいます(後者は私の親友S氏の父さんで実話)。

この2人の幸せ、どちらが大きいか。私は、どちらも大きいと思います。まぁ、このような私の感情は置いておくとして、どちらも幸せであるということは確かなんです。その人が言っているからであります。これも、どちらが善い悪いというわけではなく、というか、どちらも正しいと言えるのです。それは、張本人がそう言っているからであります。つまり、張本人が、そう思っているからであります。

to be continued...

2010年7月23日金曜日

にしんそば

此度の京都ネタはいっぱいあるんですけど、そのひとつがこれ、


にしんそば。

初めて食べたわけじゃないスけどね、今回かなりハマりましたんですね。これをご飯と一緒にいただく。にしんをおかずにしてね。もうこれが絶妙~ぅなとこをついてるんですわ。

で、今にしんそばとちょっとタイプしたら驚き!

にしんそばの元祖って、

http://www.sobamatsuba.co.jp/

あそこだったのか~、


そうだ 京都、行こう。

大きな地図で見る

東京でおいしいにしんそば食べれるところがあったら、教えてください~m(_ _)m

2010年7月22日木曜日

海援隊士に認定された!

此度の京都では、

海援隊士の認定をもらってきました。


そうだ 護国神社、行こう。

大きな地図で見る

2010年7月21日水曜日

もののふの通貨

 ブログでも報告しよっと♪



私くらいになると500円玉は全部、龍馬通貨です。

2010年7月20日火曜日

【人間力第16回】考え方の違い

 幸せと、不幸せという言葉があります。



その定義は人それぞれにあるとして、世の人が幸せになりたいと思っていることは間違いないと言えましょう。

「今、幸せですか?」

仮にこの質問にノーと言う人がいたのなら、たった今から幸せになれる方法があるのです。変な宗教か?と思われるかも知れませんが本人は大真面目。はたまた、題名よりもお察しの通り、そうです、「幸せ」だと思えればいいのであります。つまり、考え方のスイッチを変えればいいこと。

何故、その人が先ほどまで不幸せだったかというと、その人の考えが、
「自分は幸せじゃない」
と考えたからであります。その理由や環境がどうこうあるのは少し置いといて、とにかくある人の思考が意識する、しないは別として幸せじゃないと判断を下したからなのであります(仮に先の質問にノーと答えた場合)。

もう一度言います。理由はここでは少し置いておきましょう。人の幸、不幸が決まる時、誰に決められるものではなく、その環境が決めるものでもなく、実は自分の心によって決められているものなのですね。

 同じ状況でも、考え方で正反対に変わるのが、コレだ。全く同じ環境、状態に置かれた2人の人間がこのスイッチ次第で全く異なる環境、状態を生み出すのであります。どちらが善い、悪い、ではなく。この2つの考え方、どちらが正しいって、実はどちらも正しいのであります。その人が言っていることがどうであれ、それが、その人にとっての現実だからです。

2010年7月19日月曜日

龍馬伝29

ん~、長崎にもいきたいの~ぅ



丸山にも。

2010年7月17日土曜日

【日本一周4日目】和歌山~京都

2002年7月17日、夏。

そうだ!人生バックしたことないけど、また記憶が蘇る~。まだ和歌山県の首都(県庁所在地)にはたどり着けていないけど、前日の夜、



和歌山ラーメンをいただいたのでした~。和歌山ラーメンと言えば、とんこつしょうゆ。横浜ラーメンと一味ちがうご当地ラーメンをいただいたのでした~。そして、昨晩はここで寝たんだった。



なんか天邪鬼の物語のとこなんですわ、ここ橋杭岩。天然記念物でらっしゃいます。ここで、昨晩寝たもんだから、上記写真は朝起きてのショット。これより17日が始まったわけで~す。

さて和歌山と言えば紀伊半島じゃないですか。するって~とこの県にはこんなところが。



本州最南端潮岬。そうだ、人生バックしたことないけどまた思い出した!手前の棲家としているランドを知りたい、という欲望から、本州の東西南北端をおさえることもルールにありました。、というわけで、南はこれにて制覇。

これが、

最南端から見る風景や~

とひたっている時間はない。男には、行かなきゃいけねぇ時がある、ということで走る、走る。走る、止まる。


止まる?

そうそう、天気がおもわしくないもんだから、単車がここで止まってしまいました。「止まる」ってどうゆう症状かと言いますと、この単車、雨が降るとエンジンが止まるんです。それを行く前にバイク屋に直してもらいたかったんですが、「周れる確率は7割!」なんて言われましてね、完全には直んなかったんですね。

さて今回はじまって以来、初の「エンジンかからない」。まぁ、悩んでもしょうがない、ということでカレー食いましたよ、このトンネルで。

2時間くらい足止めくらったかな、やっと動き出して

和歌山到着~

遊んでなんか、いられない。もう、止まると死んぢゃいそうで、次の目的地「奈良」をロックオン。もうここまで来るとですね、右も左もわからん。とにかく人に聞く聞く、日本人が日本人に聞く聞く。



やっぱりね、東京とは違うんですな~・・・



そうこうしている内に、もう奈良到着。早い。「早い」「速い」で早速というレーシングチームにいたこともあったが、正にスピードの向こう側、幻の六速。だってほら、



京都にも到着~、もう日本、なめまわし。だってほら、



滋賀県の大津にも来ちゃった!例の如く駅名が見えてませんがね、ここは確かに大津。大津では、



友と再会~



大津では名物(?)鮎を堪能~、そして、



日本一の湖、なぜか琵琶湖のアベック~

そんなこんなでこの後京都に舞い戻り、京都駅で野宿するのでした・・・

すると次の朝に起きたらびっくり・・・!


これにて日本・和歌山、奈良、京都、滋賀を制覇。

残り38都道府県~


PS, なんと!なんと!これもびっくり!
    (2010年)只今京都に出張中~
    まさかね、8年後のどんぴしゃの同日に京都にいるとは。

2010年7月16日金曜日

【日本一周3日目】岐阜~三重

2002年7月16日、夏。

うお~、今日も16日、ちょうど丸々ぴったり8年前じゃないですか~。この日は朝から雨。そんなことは言ってらんない、男には、行かなきゃいけねぇ時がある。雨だと単車が止まる?いやいやいや、男には、決めなきゃいけねぇ、時がある。



んな感じで、岐阜に到着。ちなみにですね、雨でもサングラスかけているのはですね、かっこつけているからじゃないんですよ。バイクを運転すると埃が目に入るのが嫌でして。雨なら雨が目に入るのが嫌でして。夏いと夜とか虫飛んできますからね。あの痛さったら、ないんです。

そうこうしているうちに、三重の首都・津に到着~



あれれ?上脱いでる~、まぁ夏だから、いたしかたない。そりゃ脱ぐわ。三重と言えば松坂、さっそく松坂に向かい、松坂牛の美味しいお店を現地の人に聞き、入店~



でた~、松坂牛定食。



日本一周、とか企画をやっていると、どうも人となじみやすい。。。というのも一理あるかも知れないのですが、実は早速何かに気づき始めている某(それがし)なのでした・・・


これにて日本・岐阜、三重を制覇。

残り42都道府県~

2010年7月14日水曜日

それにしても、


役にハマッてそうやな~


誰なんだ?この人は!?

只今注目の役者さんです。

2010年7月13日火曜日

【日本一周2日目】神奈川~愛知

 2002年7月15日、夏。

はて、横浜からどこぞで寝たかな?ホテル?いやいやいや、そんなことはありませんぞな。今回の目的は日本を周ること→つまりは日本を知ること→ひいては、日本を肌で感じたい→日本の大地で野宿、とこうなるわけでありますから、どこかで寝たのでしょう。
※注:この旅は、全泊野宿の旅です。

記憶、というか次の写真だと鎌倉に到着、



そうだ、先般のルールに記載漏れてしまいましたが、三大大仏の前で写真撮るのも入ってた!ルールで!三大大仏、と言えば鎌倉大仏、奈良大仏、高岡大仏~。三大、といえば、そうだ!三大夜景もルールに入ってた!三大夜景、と言えば函館山、六甲山、稲佐山だ~。

というわけで、鎌倉大仏は制覇。

続いて海沿いの道を走る。この辺りが湘南かぁ~、ええな~と思いながら走る。なんせ常夏ですからね、海沿いに常夏、サザンが聞こえてくる。。。てかMDウォークマンみたいのでガンガン聞いてた。



そこで、エボシ岩登場~♪ここが、桑田さんの街かぁ~、なんてね♪
そんなこんなでも少し進むと、国道沿いにこんな石碑が!


「湘南発祥之地大磯」

あれれ?湘南と言えば江ノ島や桑田さんの茅ヶ崎を想像しますが、なるほど湘南というのは大磯が元で大磯からはじまっていたのか~、ふむふむ。

そんなこんなで箱根の山は天下の険、を登る登る~、この日ものすごい霧が出たのを覚えてましてね、ほんと3m先が見えへんかった。それでもずっと国道一号線でね、天下の険を越えた。すごいもんだ、数時間で乗り越えちゃうんだから。

箱根の関所、といえばね、高杉先生が昼間堂々と関所破りをしたことが思い出されますがね、この当時はそんなことも知らずにちゃらちゃらしてたもんですわ、まぁ、若かったんで。

箱根の山を越えるとね、そこは静岡ですよ。早速、ハイエナの様にその首都へ足を運ぶ。



今度はがっつり証拠写真~。そして、



先輩のお家に立ち寄り~



静岡名物、茶 をいただく~。この子ももうおっきくなってんだろうな、あれから8年。。。Mさん、お元気ですか?その節はお世話になりやしたm(_ _)m 

あ~、某バックはしたことないけど、記憶を追っていって思い出した。Mさんがたしかもう少しゆっくりしてけば?みたいに言って下さったんですが、なんせ28日間ですからね。一日1県じゃ、間に合わない。どころか、北海道はでっかいどうと、沖縄さんがいらっしゃるもんだから、一日3~4県と決めていたんです。「男には、行かなきゃいけない、時があるんです」とかわけわかんないこと言って、すぐ発ちました。

そんなんで、



名古屋到着。あ~記憶が蘇る蘇る~。名古屋駅の近くでワンボックスに煽られたかな~、それから、この日は2階建てファミレスの一階のパーキングで野宿。あ、野宿と言えど、寝袋持参です~


これにて日本・静岡、愛知を制覇。

残り44都道府県~

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング