2010年9月28日火曜日

スポンサー

粋華志義のスポンサーが変わりました!

特定非営利活動団体(NPO)団体 日本PR 公式サイト
http://www.nipponpr.org/

同 公式ブログ
http://ameblo.jp/nipponpr/

2010年9月27日月曜日

【人間力第26回】意識と無意識

だから、まずは意識することが大事だという考え方。



意識して、意識して、意識して、それが日課になり、潜在意識まで到達すれば、後は簡単なんです。

後はそのプラスで考える思考プロセスが習慣になっているからです。

はじめは一回一回意識して行っていた言動が、繰り返すことにより習慣となり、無意識の内にその言動となるのです。

こうなると面白いことに、失敗したくてたまらなくなってしまうかも知れない。

もっとも、この失敗については後々追求し、より理解を深めていくことになるでしょう。

2010年9月23日木曜日

龍馬伝38

 内蔵太が、逝ってもうた~


あまりに若すぎる死であり、龍馬は自分の後継者として期待していた内蔵太の死去を聞いたときに、「わしより先に死ぬ奴があるか。わしより生きれば、わし亡き後の海援隊を継がせるつもりだったのに」と嘆き悲しんだといわれている。

そして、幕府による長州征討の始まり。まずはじめに、幕府は周防大島を占領するが、高杉晋作が当時不可能とされていた夜襲により、これを奪還。

実はこのシーンが最も好きな内のひとつ。

夜襲に行く際に写真の通り、高杉晋作は戦闘準備もせずに着流しのままだったという。そばにいた弟子の田中光顕が、
「あなたそのなりで・・・」
と自分の上着かなんかを差し出そうとしたところ、
「わしはこの扇子一本で充分よ」
と。

この後「烏が集まったところで所詮烏は烏、烏合の衆よ」みたいな台詞に続くのですが、それは右下の「世に棲む日日」を参照の事。歴史小説を否定する人もいますが、少なくともこのシーンで言えば、昭和まで生きたこの田中光顕が印象に強かったようで重ねて証言している。


そしてこの時期、最もその政治能力をいかんなく発揮したという西郷隆盛の存在。


幕末、ものすごいドラマだ。

2010年9月18日土曜日

【人間力第25回】

はい、そこで、そうそう、注意がいる。



プラスとマイナスをかけたら、マイナスになってしまう。考え方も一緒であります。何も考えないでいると、この"マイナスの心"が人の心を支配してしまう。

それから、注意しなければならないのは、自分だけではない。Aさんの様な人は、簡単にいえば評論家タイプで人を巻き込むのが好きだ。自分がやったこともないのに、聞いた話や自分のものさしで、あたかも自分の意見が絶対に合っているという口調で、人や物事を評論する。まるでそれが正義のようにだ。

「言いたいヤツには、言わしておくのがいい」

ムキになって口論したら、自分もその評論家と同じレベルになってしまうことを忘れないようにと、再確認してみる。

2010年9月15日水曜日

龍馬伝37

 長崎行ったら、ココいかんと、

ココ~。


それにしても、

高杉さんの結核が着々と進行・・・、
歴史とは何故こんなにドラマなのか。

【日本一周9日目】長崎~薩摩

2002年7月22日、夏。

えと、、、はいはい、この日は長崎からの出発でした。


で早速、熊本到着~

熊本と言えばココ、、、

熊本ラーメン代表こむらさき~


どか~ん!
そのお味は、、、うまし!!!うん、うん、熊本を堪能!





とか言うとる場合か~!どうした8年前の自分!熊本言うたらまずは清正公に挨拶し、田原坂行かんか~い!
我ながら悲しい。。。何が「堪能!」だ。

現代の自分がこう悲しんどる間に、もう鹿児島駅到着。で、

いつものポーズ~。…しとる場合か~、南洲翁に挨拶行かんか~い!あか~~~ん!

でですね、再度この旅のルールを思い出しますと、「地図を持たずに現地の人に聞いて周る」ことがミッションですからね、言い方を変えればノープランなわけであります。で、日本一周。「一周」となれば当然、沖縄も入ってきます。しかしノープランなわけでありますから、沖縄の行き方がわからない。というか、飛行機で行くもんだと思ってた。相棒(バイク)も、どうすれば良いのか?

するとですね、薩摩の方に聞いたところによると、なんと船で沖縄に行けるらしい。しかし、バイク持ち込みはべらぼうに高いらしい。それから、この日沖縄駅行き最終のフェリーがあと何十分とか言う状態で、あるらしい。それからそれから、バイクを預かってくれる駐輪場がフェリー乗り場の近くにあるらしい・・・ということで、急いだもんです。とにかく、相棒は渋々薩摩にお預けすることに。。。というか、時間がな~い。

でもがんばって、

なんとか最終フェリーに乗り込み~、桜島。すごい、1時間前には沖縄にどうやっていくのかすら知らなかった人間が、もう船の上でピースしちょる。人間、やっぱり成せば、成る。


夕陽がとてもきれいでした。

明日(次回)は、自分初上陸の沖縄~^^
なんせ初上陸なんでね、ワクワクしたもんです。


これにて日本・熊本、鹿児島県を制覇。

残り24都道県~

2010年9月12日日曜日

【人間力第24回】それぞれの結果

 

Aさんが誰かの悪口を言っているのを聞いて、人は離れてゆく。「俺も言われるんじゃないか」と。
Bさんが発する言葉を聞いて、人は集まって来る。「あいつといると何かおもしろそうだ」と。
(これも、意識する・しないは別として)

こうして、
Aさんは当然のようにしてマイナスのスパイラルが回り続け、
Bさんは当然のようにしてプラスのスパイラルが回り続ける。

そろそろ、
「いつでもそんな人間の鏡みたいな事ができるかっ」
「きれい事言ってんじゃない!」
「お前(おまん)が言っていることは理想じゃ!」
なんて声が聞こえて、或いは自分の中の悪魔が囁いてきそうであります。

だが、そんな事を思い始めているのなら、注意が必要かも知れません。早速、Aさんの考え方が反映してしまっている。それでも考え方が変わらないのであれば、この先一緒に追求していっても仕様がないかも知れません。

私は、別にその人の考え方が「正しい・間違い」とか「いい・悪い」を言うつもりは毛頭ありましぇん。ただ、考え方でこれだけ違う結果となる、自分はどちらの方が良いと思うか?間違った思考プロセスになっていないか、という事を再確認しているわけであります。そして重要なことは、私達には、そのどちらかを選ぶことができる、という事実であります。

2010年9月6日月曜日

龍馬伝36

出た~、寺田屋騒動。


この風呂が、


この風呂。





でこの登った裏階段が、


この中央奥の裏階段。





で肝心のこの部屋が、


この部屋で。





この時撃ったのが、


この弾痕~。





寺田屋騒動、なかなか迫力ありました~。

よし、これで一週間、顔晴れる。

2010年9月4日土曜日

【人間力第23回】思考のあり方

 考え方、思考のあり方というのは大事なことです。自分の状況、結果、自分の周りに起こるすべての事柄、人生というのは、すべてココから生まれる。この考え方が、その人の人生をそのまま反映させている。それを、今一度再確認してみる。



学生の頃、よくこんな話を聞かなかったでしょうか。
「あいつはひどい。〇〇をふったんだって」
ふった方が悪いのか、それともふられる方に原因があるのだろうか。

『夫(妻)が浮気した』
こんな状況の時、Aさんは夫がいかにひどいかを人に訴える。
Bさんはまず自分に原因がないかを反省する。あればそれを改善し、なければ"自分の人を見る目がなかった"という考え方をする。

2010年9月1日水曜日

最近、、、

【人間力連載】と、【龍馬伝】と、【日本一周】しか更新してない。。。



まぁ、そんな時期もあるということで。。。

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング