2013年6月26日水曜日

【人間力第112回】人間力の最終奥義

最後に、人間力の奥義とも言える秘密について触れたい。



その前に、今日本では1年にどれくらい自殺しているか、を振り返ってみる。ここ10年くらいは毎年3万人前後である。これを日数にすると1日に82人が自殺していることになる。これは悲しくも先進国としてはダントツでトップを走っている状態だ。これだけ自殺をしているのだ。これは日本がどれだけストレス大国なのかを物語っており(実際には健康問題も多い)、我が国の大問題である。

日本の社会は厳しい、と言われる証拠に良い例が、先に挙げた日本製品の良さや礼儀正しさ、食文化にも表れている。その逆として、僕はこのストレスを挙げたい。時間に遅れると白い目で見られる、ミスを犯して怒鳴られる、その時間も長く、場合によっては本当にトコトン詰められる、通勤する格好や、当たり前のような残業、有給なんてあって無い様なもの、仕事中に“笑顔”がない会社なんていくつあるだろう、数え上げたらキリがない。

私達はこの日本の特色でもあるこのストレスに負けてはならない。人間力の最終奥義とは、“人生を楽しむこと”にあるのだ。これは重要なことだ。苦しんで過ごしても一生、笑って過ごしても同じ一生なのだ。楽しんでいるだろうか、人生。楽しむことは健康にも良いことだ。笑うことも健康に良い。もうストレスなんてやめよう。歩いている時、自分はどんな顔をしているか。しかめっ面になっていないか。もしそうなら早速人生を楽しんでいない。繰り返し自分に言い聞かす。人生を楽しむ、ということが最高の自己啓発である。こればっかりは人間力を倍増させる、倍である。

★★★実践★★★
人生を、楽しむ。

人生を楽しむことは、簡単の様で難しい、難しい様で簡単である。「人生を楽しむ」なんて言われても、ピンと来ないかも知れない。前に日々の出来事を“点”として考えた場合、その点を繋げた“線”というものが人生だという意味のことは述べた。

人生を楽しむことは、生活を楽しむことである。

人生を楽しむことは、家族を楽しむことである。

人生を楽しむことは、仕事を楽しむことである。

人生を楽しむことは、遊びを楽しむことである。


つまり、人生を楽しむ秘訣は諸事、楽しむことである。

2013年6月16日日曜日

【人間力第111回】世界の志士


よく言われるように、地球史上これだけ一個人が可能性に満ちた、やりたい放題の時代はない。今の時代は何度も言うが情報時代、インターネットの出現でとんでもなく面白くなってきている。

 中国では政府が全てを握っていると言われる。日本企業が中国に進出して大半が帰って来てしまうのは一中国人と付き合っているからで、中国で成功を収めている企業は政治家を知っていないとダメだと言われる。テレビで流れるニュースや学校で教える内容なども政府がコントロールしているという。ところが、果たして、インターネットの出現によって真実を知りたい若者が出てきた。政府ではある一定の情報は一般の人が見られないようにブロックしているが、それでもその網をすり抜けて知ろうとするが見つかってしまい、どんどん真実を追い求めた若者の一部が捕まっている。今、たしかに中国の若者は目覚め始めている。

紛争の絶えないイスラエルでさえ、最近の若者に変わった意見も出始めているようだ。英語を実は話せるが絶対話さないと言われていたフランス人も、最近では英語をビジネス上では必要不可欠な“ステータス”として捉え、かなりの若者が喋るようになっている。

 ところでアメリカ合衆国は政治・経済上世界最大の大国であるが、アメリカ人という人種は、となると複雑になってくる。移民国家だからだ。日本の東京のようなものだろうか、世界中から夢を求めてアメリカに行くわけである。アメリカでは誰にも均等な機会が保証され、その才能と努力次第では成功出来る、つまりはアメリカンドリーム。人が集まるシステム、移民政策を取り、天才はそれ相応の成果が見込める。天才が来れば国としても富む。それがアメリカ。

 これからは少し変わってくるだろう。人々はアメリカに行かなくても、自分の国で“ソレ”が出来る様になる。インターネットと世界のグローバル化が個人の能力をバックアップしてくれるからだ。ユーロという経済圏ができ、アセアンのビザ撤廃ということからも今後は“国境”がどんどんなくてってくる。これからは日本やアメリカ、イギリスといった先進国以外の国から志士が名を挙げて来るだろう。それも企業ではなく、一個人として。これからは会社や、国さえも含む組織に頼るのではなく、個人が自分で歩みだしてゆく時代になるとも考えられる。これがもし本当なら、今までお話ししている人間力が何より重要なポイントにもなってくる。

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング