2014年2月19日水曜日

Apple Chanceryのフォントをウィンドウズにダウンロードしてみた

お客さんよりAPPLE CHANCELYというフォント指定の案件がきました。早速、ネットで検索してみると、

apple chancery というフォントをwordで使いたいのですが、フリーで入手する方法を知っている方、いたら教えてください。どーしても手に入りません。妻に怒られます。よろしくお願いします。

もし、Windowsユーザーなら、使うことはできません。正規のWindows版はないと思います。非正規のものを手に入れたとしても、それは、Apple 社が望むことではないはずです。

「Apple Chancery」の Windows 版は,基本的に手に入らないものとお考えください。

何々、難しいようだ。そこで、フォントといえばFontPark。ここになければあきらめよう、と思ったら、フツーにありました。フツーにダウンロードできて、フツーに使えました。FontParkってあんまり有名じゃないのかな。


APPLE CHANCELYのダウンロードはこちらから!



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2014年2月8日土曜日

僕がイスラエルをオススメする3つの理由

最近自分の周りで、イスラエルに行きたい!ということで、僕がその橋渡しを今してる人が1人、今年中に行きたいです!という人がもう1人別にいます。ついでに言うと、自分にもし男子を賜ることができたのなら、成人になった暁にはその子をイスラエルに飛ばすだろうと思っている。それは何故か?


■その1 英語が学べる
ネタを明かしてしまえば、イスラエルでもキブツ、というシステムにある。キブツについてはこちらをどうぞ。ここは、世界中のボランティア志願者が集まるなんともおもしろい場所なのだ。年齢層は20代前半が大半で、上はせいぜい30歳くらいだろうか。ともかく世界中からさまざまな愉快な連中が集まってくる、言語は当然英語だ。スペイン語圏の人はスペイン語で喋ったりするが、彼らもつたない英語でコミュニケーションできる。英語にはアメリカ英語、イギリス英語、細かく言えばオーストラリア英語やスペイン語圏の人が喋る英語だとか、さまざまな訛りがある英語に直面するが、それがまた勉強にもなる。

■その2 世界中の仲間ができる
キブツのいいところは、これら世界中のボランティア仲間と生活を共にすることだ。当然、仲間ができてくる。期間は数ヶ月と短いが、共に働き、共に食事し、共にバーで踊り狂い、共に旅行し、共に遊び、共に寝る。これを通じてできた仲間は、自分の場合、数年間の学生時代にも勝るとも劣らない、一生涯の友も中にはできた。

■その3 人間力にハクが付く
「イスラエルに住んでいた」という経歴は、なかなかおもしろい、と思う。私の場合、そもそもイスラエル自体に興味があった。もっといえばユダヤ人だ。まだ23歳の頃、一世を風靡したある企業の会長とサシで話をする機会があり、そのおん会長に人生のターニングポイントはどのようなものだっかきいたことがある。その答えはこうだった。「ユダヤ人と付き合うようになったことかな」と。たしかに、ユダヤ人は100年先のことを考えてるだとか、世界はユダヤ人に握られてる、だとか、やれ〇〇大統領はユダヤ人とか、色々聞くじゃないですか。そんだけ言われると、ユダヤ人がどんなものか知りたくなってくる。というのも、あります。実際、自分の場合、ユダヤ人のタフさ加減が非常に勉強になり、その後アメリカ人が来ようが、自分よりでかい白人が英語でグワーっと言ってこようが一歩もひるまない精神力(ふてぶしさ、とも言える何か)が身についた。

以上のことが、旅費とわずかな登録料で後の生活費はタダでできるのなら、これほど安い自己投資はない、と思えるんです。

キブツは直接テルアビブにあるKPCという事務所に行ってもいいんですが、日本では唯一テマサトラベルさんが扱ってるんで、若者はどんどん行ったったらいいと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2014年2月6日木曜日

真の国際人に必要なたったひとつの条件

近年、国際人という言葉を耳にする。グローバルというカタカナが流行り出したのはもう15年前にも遡るが、未だそれに関する国際人を、誤解を恐れずにいえばかんちがいしている人が中にはいる。


2674年前に日本国が誕生して以来、初めての日本での国際人は坂本龍馬であると思っている。当時の封建社会、もっといえば差別の激しい土佐藩の郷士に生まれた反発から生まれたエネルギーとはいえ、それにしてもあの環境で万国公法をもって彼の思想の1つとしたことは、ある意味ぶっ飛んでいる。

海外に行き来しているからといって、もしくは海外に住んでいるからといってその人が国際人とは限らない。また、どこかの辞書にあるように、海外で活躍しているからといって、その人が国際人とは限らない。一見、活躍できてるということは、国際人だから活躍できるんじゃないか?とも思えるが、企業の看板を借りれば活躍はできるから、必ずしもその人個人が国際人であるということとは限らない。

もっといえば、昔の日本の活躍を傘に借りて海外現地で威張る人、発展途上国または後進国現地の国民を意識無意識は別として下に見てしまう人、現地の言葉を学ぼうとしない人、海外に来てまで日本人としかつるまない人、こういった人達はいくらその地で活躍していたとしても、国際人というには該当しないと思われる。

では、真の国際人とは、どういう人なのか?それは今のところ、「国際基準を以て考え、行動できる人」といえる。これこそが、真の国際人たる人のたった1つの条件なのだと思う。

口では簡単に言えるが、これは簡単なことでは、ない。たった1つの条件といっておきながら、この国際基準を知るというのは、自国のこともしらなければならないし、海外のその国のことも知らなければならない。自分の国はどういった歴史を踏まえて、自分はどこからきた何者なのか?要はアイデンティティーというものがまず必要である。また自分を知ったら当然相手の国民性や伝統、慣習を知り、その郷に従わねばならず、その上での国際基準なのであり、これを兼ね備えている人がその基準に則って行動できる人がはじめて真の国際人、と言えようと考えるのです。

真の国際人を目指してます。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2014年2月4日火曜日

俺のEver Noteの使い方7選

Ever Noteの使い方には答えはなく、人それぞれの使い方があると思う。いや、まったく。このNote Ⅱ(スマホ) が、今までの人生の買い物の中で最もいい買物をしたな、と思える理由はEver Noteにあると言っても過言では、ない。
そんなこんなで、俺バージョンの使い方を紹介します。


■ブログ原稿
これは全てEver Noteに打ち込むようにしてます。完成しなくても、下書きとしてそのまま残るし、合間合間に打ち込んで完成させてく感じ。完成したら、そのままコピペでブログにアップ。自分の場合、忘れないうちにとにかく打ち込んでるのでいくつかの記事が同時に下書き状態になってる。で、局部的にEver Note内で更新してく。ブログの情報がノートされるんで、オフラインでも自分の記事がいつでも呼び出せるのがいい。

■会った人情報
お客さんでも、友達でも、会った人の情報を思いつく限り後で打ち込む。例えば、年齢、出身、誕生日、趣味、喫煙の有無、一緒に食事したレストラン、食べたメニュー、お土産等の頂き物、一緒にいった場所、商談内容から世間話、子供の名前とかとか。自分の場合、バンコクにいるので案内する側となり、前回とレストランとかかぶらないようにするためにヤバいほど役立つ。これは、やぶぁい。世間話とかはもう、Ever Noteならでは。

■ボキャブラリー
言語系ですな。自分の場合だと主にタイ語ですな。新しい単語が出てきたら、速攻メモ。その時に、その単語が出た状態もメモ。これが、後で見た時に脈絡が掴めて解りやすい。ちなみに、辞書があるじゃん、なんてのは浅はか。辞書なんて似たような単語があってわずわらしく、この自分が積み重ねていく実用単語は、まさに自分だけの辞書となる。これこそ、財産と呼べるものでしょう。

■Kindle
Kindleで読んだ本のコピー。本を読んだことがある人なら誰でも、忘れたくないフレーズや為になる情報が本には詰まっている事を知っている。これを、Ever Noteに使わない手はない。とは言え、Kindleではコピーができない。でも、ここであきらめてはいけない、いくつかの手順をすれば、簡単にEver Noteへのコピペができる。

1.まずはKindle上で該当する文章を反転する
2.ポップアップされる右の「More」を選択する
3.「Search the Web」を選択する
するとすでに検索窓に、先に反転した文章がコピペされてる
4.後はその検索窓を全選択してコピペするだけ

ちなみに自分は歴史小説が好きなので、諸処に出てくる歴史の舞台、例えば幕末の絵堂、大楠公が立て籠った千早、誰々がどこで何をしたかなどをメモっているので、将来その地を訪れるのが今から楽しみ、自分だけの最強のガイドブックみたいな感じ。ゆくゆくはこの情報をGoogleマップとリンクさせたいが時間が追いつかなくてできとらんです。そんなわけで、大好きな本は極力Kindleで読むようにしている。

■レストラン情報
行ったお店を勝手にランキングするもの。もはや定番なんでしょうが、ちなみに自分の場合は、
- ジャンル: スイーツ
- 旨さ: ★★★★☆
- ローカル度: ☆☆☆☆☆
- 営業時間: 11:00-22:00
- 無休
- Tel. 02-658-4660
- エリア: サイアムスクエア
- 席狭い、20人弱か
みたいな感じで記録しています。

■モノの価格
どこで、何が、いくらするのかを記録しています。これが貯まれば必然とベンチマークと呼べるレベルまでとなり、これは職業柄なのか、ヤバいです。もっといえば、やぶぁい。

■その他
後は、まとめサイトで気になった記事とか、たぶんみんなと同じかな。ちなみに、自分の場合だと、よく聞く日記をつけるメリットが見い出せてない。誰か「日記はこうだから続けた方がいいだよ!」と僕の心を変えてくれる人がいたら教えてください。また、日記以外でも、Ever Noteの使い方について斬新なやり方をやってる人も大募集です。よろしくお願いします。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング