2015年9月28日月曜日

[実録レポート]タイで不動産を売ってみる

タイで不動産、具体的に言うとコンドーの1室を売りに出しています。

さて、どうやって売っていくかですが、今のところ4パターンがあります。(これ以外にもあれば教えてください!)



其の壱 ネットに掲載して、売る

自分のブログ、SNS、などのツールを駆使して売っていく方法ですが、取り急ぎタイで1番有名だと言われる不動産売買のサイトを紹介しておきます。

http://www.prakard.com


其の弐 コンドー会社に話して売ってもらう

張本人である当該コンドーに協力してもらうのです。本当に興味がある人は直接コンドーに訪れるので、1番見込みがあると思われる方法。大体こうした場合の、コンドー側に売買成立時に支払うコミッションは3%が相場と聞いていたが、今回のコンドーはなんと、1%だった。

この時、自分が他で売りに出しているとしたら、その旨を伝えることを忘れずに。ちなみに、複数箇所で不動産を売ることをオープンと呼ぶらしい。契約はタイ語でสัญญา(サンヤー)なので、 「สัญญา open」となる。

もっとも、コンドー会社が売りに協力してくれるのは、そのコンドーが売切れ状態にある場合。コンドーにとっては、自分のところを優先して売りたいので、他人の部屋は二の次になるのは当然のことですね☆


其の参 不動産に営業しに行く

日本ほどは見かけないが、不動産屋さんがいくつかあるので、そこに自分の物件の紹介をお願いする。この場合も、コミッションは3%が相場、らしい。


其の四 自分のコミュニティを利用する

自分の周りの人達の口コミ、ですね。



以上、参考になれば幸いです。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月26日土曜日

日本人の“客”としての態度が偉すぎるのでは、という件について

最近、どこかの記事で見た表題の件が、ずっと心に残っています。


なるほど、と思うのです。私は生粋の日本人であるだけに、ここはやはり、忘れがちな盲点かと気付かされたのです。

海外に出てみると、誰しもカルチャーショックにぶち当たるわけですが、その中でも大きな1つがこれではないでしょうか。

なんでもいいんです、端的にこれを解説しますと、

「へ?そんな態度でいいの?こっちはお金出してる客だよ?」

とゆうやつです。こちらがそんな態度をとってしまうとますます泥沼化していくのは、売り手と買い手の相対関係に対する考え方の違いではないでしょうか。

つまり、日本人の中には、

売り手 < 買い手

という図が無意識のうちに出来ているのだろうという考え。もっとわかり易くいうと、

お店 < お客

という構図の方がわかり易いかもしれない。「お客様は神様」とかいう迷言が日本にはあることを考えると、この構図があるのはある意味自然かもしれません。

私も、実は以前までは「お客様は神様」だと思っていました。でも、モノ作りの世界に携わることになってそれは違うことを知りました。賛否両論はあろうけど、少なくとも、僕の中ではお客様は「神様」などでは、ない。お客様はあくまで「お客様」なのである、誤解を恐れずに言うと、お客様も「人」なのである。

だから、お客様の言うことがすべて正しいわけではありません。

売り手 < 買い手

の構図だと、或いは売り手側の人権すら時として危うくなります。

だからと言って、

売り手 > 買い手

でもよろしくないはずです。一部の例外はあるとしても、一般論としてでのお話をしています。

では、理想はやっぱり、

売り手 = 買い手

という構図なのでありましょうか。それを、改めて気付かされたのであります。お客がお店を選ぶ権利があるのと同時に、お店もお客を選ぶ権利があるのでは、とゆう、よくある話に繋がるわけです。

よくある話ですよね、自分でも書いてて恥ずかしくなるくらいによくある話。でも、それでも改めて気付かされるのは、私が日本人なのだからでしょう。ということはですよ、日本にいる日本人のみなさんは尚さらのことなのでは、と思ったりするのです。

だから何なのだ、とゆうわけではないんですけど、少なくともこれに気付かされた私は、お店にいってもいよいよ謙虚でいようと思うのでした。「自分はお金出してる客なんだから」という驕りを一切捨て、だからといって決して自分を蔑むわけでもなく、あくまでお店とは対等の立場として振る舞うことが僕の思うところの粋な振る舞いなのであります。

だからといって、お店側もただ対等にいるだけではダメ、というか、それだけではよっぽど何か別の、時代の流れに乗る何かがないと、生き残れないと思ったりもします。

そこで必要になってくるのがおもてなしの心なのでしょう。ホスト側にいる売り手(それが物であってもサービスであっても)は決して媚びを売るのではなくあくまで対等の立ち位置にいて、且つおもてなしの心をもってお客をお迎えする。こうした相対関係がもっとも美しい、スマートな構図だな、と思うのであります。

そして、お客はその対価に満足して納得して、自らお金を支払う。

日本人のストイックな感覚は嫌いじゃないんですが、かたやお客側に立った感覚に関して言うと、時として世界から取り残されていることもあるので、国際人を目指す僕にとっては、特に考えさせられるポイントなのでした。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月25日金曜日

チェンライには、3つのアカ族の観光用の村がある

今回は、ワイフが手がける手編みブレスレットのメイキングビデオの映像を撮るためのビジネストリップ。実は前回も写真撮りでは来たのだか、今回は映像の上に、時間もあったので、確実に調べてから回ってみた。


アカ族の村なんてのは、言ってみればいくつもあるんですが、現代のアカ族はイメージを壊すようですが民族衣装着てなかったり、政府の援助でソーラーシステムを村に導入して電気のある生活をしたり、、と、

いいことではあるんですが、彼らの生活も時代とともに変化はしているのであります。(ワイフの村がそうであるように、電気のない村だって未だに存在します)


何が言いたいのかと言いますと、我々のエゴを正直に言いますと、山岳民族の村に訪れたら、やっぱり彼等には、山岳民族の衣装を着ていて欲しいじゃないですか。そのような観光向けの山岳民族ビレッジが、チェンライには3つある様です、という話なんです。

とにかく、チェンライで山岳民族を訪れるなら!コチラが便利です。

http://www.pda.or.th/chiangrai/hilltribe_museum.htm

チェンライの山岳民族ミュージアム、で、それだけではないのがツアーもありますし、自分達で行くのに情報が欲しいのにも、丁寧に教えてくれました☆今回の、アカ族は3つあるよ、という情報もここです。

ざっと、地図で言うと新しい空港の西側に縦に伸びている大きい道があるじゃないですか。基本的にこの道を北に向かうわけなんですが、あ、みっつともです。

1つ目は、左側に入口があります。ガソスタのコスモ(これも、左側にあります)がある100mくらい手前になんか[山岳民族の村はコチラ]的な、比較的小さな看板があるところを入ります。田んぼが広がる景色の道を突っ切っていくイメージです。

2つ目は、右側に入口ってゆうか、右側のソイを入って少し奥まったところにあります。目印としては、1つ目のコスモを通り過ぎてしばらくすると、煙突の上に象かなんだかが描かれている、ともかくそんな感じの煙突を過ぎて初めての交差点を、右に入る感じです。象の煙突を確認できたら右側を注意していると、LONG KAREAN VILLAGEみたいな看板が見えてきますので、注意してみればわかると思います。

3つ目が、ちょっと遠い。同じ道をさらにまっすぐ北上して、左に伸びている107番という道を左折して、あとひたすら真っ直ぐ。Baan Lochaというところなんですが、もうこれは人に聞くっきゃない。

とゆうことで、ワイフの仲間であるアカ族のみなさんと触れ合う旅となりました。・・・が、あくまでも仕事です。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月23日水曜日

銀行のホームローン、秘密の裏ワザ

タイ不動産投資の、銀行より融資を受けるホームローンが難航している。理由は、

会社設立して1年未満であること
(タナチャート、バンコク銀行、UOB、その他)

借入人であるワイフが社員ではなく、社長であること
(カシコン)

銀行ローンの実績がないこと
(SCB)

など銀行によってさまざまだが、要は今一歩のところで信用が及ばない。


現在、審査をしてもらっているのは、

・バンコク銀行
・クルンタイ

の2つで、厳密に言うと一度ダメだった

・SCB

も、「融資金額を下げる」ことで、審査の緩和を図る、という手段に出ている。この融資金額を下げる、というのはおそらく1つの「ワザ」となり得るような感触がある。100万バーツも、三行合わせれば300万バーツとなるのだ。

また、それとは別の裏ワザ。となりそうなのが、新しくお願いをしているクルンタイがこんな事を言ってきた。

「毎年10万バーツをクルンタイ口座に入れていき、それを5年間続けてもらえますか?5年間は、このお金は引き出さない、という条件で。そしたら、話を通しやすい」

なるほど、そんなやり方も、あるのかー。

・・・とゆうことは、ですよ?これ、こちらからの交渉手段として使える、ってことじゃないですか。他の銀行とかで。これからの、参考になります☆



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月22日火曜日

タイの銀行員に直に聞いた!銀行融資の心得

ところで、SCBの銀行員よりの貴重なアドバイスを惜しげもなく披露いたします。


■キャッシュではなく、クレジットカードで買い物すべし
→クレジットカードで買い物した方が、銀行から見て信用度が高いらしい。

■早めに何かでローン組んで実績作るべし
→車でもバイクでもいいので、月々7千バーツのローンを組んでしまって、返済能力があることを実証した方がいいとのこと。

■銀行より引き出す際には小まめにすべし
→例えば10万バーツを引き出すにも、1回で10万バーツではなく、3万、2万、2万、3万、、と日を空けて数回に分けた方が、同じ10万バーツを引き出すにも、後者の方がいい、との事。

■不動産を融資ありで購入する際はまず銀行に相談すべし
→そのまんまですね。今回、いやと言うほど思い知らされました。ちなみに、二件目の物件はコンドー会社が、
「そのインカムなら融資に何の問題もありません」
「心配いりません。銀行は弊社が紹介します」
と言い切るものだから、契約書にサインしたのですが、それなら訴えれば(ダウンペイメントである、要は先払いで支払い済の20万バーツは)戻ってくる、と言います。

なんか、20万バーツというよりも、起訴してみるのもおもしろそうだな、と考えてはいます。何事も勉強ですから!



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月21日月曜日

不動産投資、ホームローンを組むために掘り下げてみる11の質問、の回答

さて先日の銀行員に直接聞いてみよう!という企画の回答の紹介です。本企画の詳しくは、[不動産投資、ホームローンを組むために掘り下げてみる11の質問]をご覧ください。


さて、それではガンガンイキマス!


1. 自分のその他ビジネスを、ワイフ名義(=ワイフの収入)として公開してみてはどうか

→「それはいい、何故それを初めから言わないんだ?」
ただし、今回のタイミングでは無理、根本的な問題として、今まで融資したことがないことが引っかかっているから、とのこと。


2. コンドー価格である300万バーツのキャッシュを今用意したらどうか

→「関係ない」
120万バーツもあれば金額的には充分の模様。


3. 会社設立1年後となる来年の5月になれば、融資可能なのか

→ 「あまり、意味がない」
ちなみに、ジュエリー企業は三番目によろしくないと銀行業界では言われている業態の模様。詳しくは以下の通りで、これはSCBに限らず、すべての銀行で共通の認識であるらしい。
一位、政府関連
二位、夜の仕事
三位、ジュエリー


4. バイク購入のために、ローンをしてみてはどうか

→「それはいい。将来の為には、(実績を作る意味で)やるべきだ」
ただし、月々のローンの額が少なくとも月5~7千バーツとなる規模のローンであること。月々2~3千バーツの小さい規模のローンでは、相手にされない。


5. コンドー自体が来年5月まで待ってくれるか

→「コンドーは待ってくれない」
何故なら、コンドーとしては支払えないならさっさとその物件を他に売っていきたいから。


6. 他支店のSCBでトライはできるか

→「無理」
何故なら、本当に最後にハンコ押す人は、1人だから。同じ人だから、どこでやっても結果は同じ。


7. 〇〇が〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇たらどうか(非公開)

 非公開です。
→回答も非公開です。ただし、回答としてはNG。


8. 〇〇〇〇〇〇〇たらどうか

 こちらも、一応非公開で。
→回答も非公開です。ただし、回答としてはNG。


9. 保証人つけたらどうか

→「つけた方がより良いが、今回のケースでは融資の実績がないことに変わりはないので、無理」
ちなみに、タイに住んでて働いてたら(外国人ならWP必須)オーケー、日本に住んでたらダメ。


10. コンドーを抵当に入れたらどうか

→大丈夫だろうけど、(様子見で)一年ほど待つ必要がある。


11. 〇〇〇〇たらどうか(非公開)

 こちらも、非公開です。
→回答も非公開です。ただし、回答としてはNG。




以下は、その場で浮かんだ新たな質問です。


12. 300万バーツじゃなくて、100万バーツ貸してくれと言ったらどうか

→「いいかも。試してみる!」
金額を下げるのは、有効な手段かもしれない、との事。




とゆうことで、先日用意した11の質問は、いくつか有効な手段もあれど、今回のケースではすべてNG。根本的に「まだ年齢も若いし、融資の実績がない」という問題が別にあるのが、変わらぬ原因となっている様だ。

ただ、追加で疑問に思った12番の、融資金額を下げると緩和されて、意外といけるかも知れないとのことで、それは早速にもかけ合ってくれるようです。

いっぱい教えてくれたので、タイ人が大好きなキットカットの抹茶味と、CHOYAの梅酒を献上しときました☆



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月17日木曜日

不動産投資の銀行ローン交渉、の新たな動き

いやはや、怒涛のバンコク編はまったくもって一朝一夕、毎日パルプンテが起こっているようで、おもしろい。


今朝一番で試しに会社近所のバンコク銀行に行って相談してみたところ、

「(融資)大丈夫だよ」

とのこと。まったくもって、えー?そんなに簡単に!?って感じです。会社設立してまだ1年経ってないよ、と念押しで確認しても、その点についてはマイペンライ、とのこと。その代り、300万バーツ全額はたぶん無理、たぶん170万バーツくらい、少なくても150万バーツはかたい、との事。もちろん、その担当者が絶対権を持っているわけではないので絶対とは言えないけれど、何も問題ないようなことを自信満々で言うじゃないですか。

ということで、早速明日にオフィスに来てもらうことになりました。これは、銀行員が会社に実際に来て、本当にその会社が存在して、機能しているかなどを確認するんです。色々と質疑応答があり、写真なども撮られて、その銀行員は審査をする部署に詳細にわたって報告をするのでしょう。

このバンコク銀行は会社から一番近くの支店であり、最近しょっちゅう行くからなのか、いや、たぶんそれだからというわけではなく、何故かみな、人がいいんです。そこでダメもとでいったのが果たして話を聞いてくれ、それだけではなく、なんか全額ではないが、いけそうな雰囲気。しかも、事情を察してくれて、明日にも会社チェック。いや、やってみるもんです。

そうこうしている内に、本日15時にアポをとっていたSCBの担当者より連絡があり、今日は緊急のミーティングが入ってしまったとかで、明日に延期になりました。


そうこうしている内に、さらなる動き、というのが、一本の電話がかかってきました。SCBよりです。SCBといっても、今まで話していた担当者ではないのです。内容は、

・私はSCB本社の者である
・まだ融資をしたいのか
・なんとかなるかも知れないから、やってみる?
・では、これこれの資料を準備しておいてください
・明日にでもメッセンジャーに取りに行かせます

私の感想→「???」。久しぶりにはてなマークが3つつきました。怪しいと言えば、思いっきり怪しいじゃないですか。まず、なんで電話番号知ってるの?から始まり、自分ではなくてメッセンジャーに取りに来させる、というのもちょっと怪しい、もっと言うならこのタイミングでSCB本社という「本社」という名乗りもなんか怪しいし。

で、ですね、ここは確実にいつも話してるSCB担当者に確認したところ、「かかってきた電話番号からいってSCBで間違いない」との事。ただ、どうせ明日このSCB担当者と会うので、彼と会ってよくよくSCBの社内状況などを確認してから、SCB本社の件は対応をしていこうと、「明日にでもメッセンジャーに取りに行かせます」を週明けに延期に。それにしてもこんなことってあるんですね?SCB本社からのオファーです。

それにしても毎日、勉強になることだらけです。今経験していることは、頭だけでは理解しきれないです、やっぱり実際に行動に移して「体」で理解していくのが自分には合っているな、と思うのでした。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

不動産投資、ホームローンを組むために掘り下げてみる11の質問

いやはや、まったく一朝一夕である。本日の昼にSCBの銀行担当者よりLINEが来て、

「直にSCBの委員会から電話がかかって来るので、これこれこうゆう風に答えてくれ」

といった旨が来たかと思いきや、数時間後、その電話が来る前に担当者より審査がダメになった旨の連絡がきました。理由は、

「今までに融資を受け(て、それを返済し)た経験がないから」

のだと言う。また、ワイフがまだ25歳というのもあり、「若いから」というのもあるらしい。とにかく、ダメになってしまったとの由。


さて、ここで諦める私でもないので、まずはこの銀行担当者と明日の15にアポを取り、以下の質問を用意してみました。


1. 自分のその他ビジネスを、ワイフ名義(=ワイフの収入)として公開してみてはどうか

 SCBでは、夫の収入はいくらあっても関係がないとのことなので、
 (血が繋がっている関係の人じゃないと、関係がないとのこと)
 それならばいっそのこと、
 自分の収入を彼女の収入として考えてみてはどうだろう、という点。


2. コンドー価格である300万バーツのキャッシュを今用意したらどうか

 今現在、120万バーツの金額を銀行に入れているが、これを300万バーツにしたら
 どうだろう、という点。


3. 会社設立1年後となる来年の5月になれば、融資可能なのか

 よく「会社は少なくとも1年継続してなければならない」との旨をよく言われるが、
 では会社設立1年後となる来年の5月まで待てば、いけるのか、という点。
 もしいけるのなら、来年の5月までの期間を、工面すればいいということになる。


4. バイク購入のために、ローンをしてみてはどうか

 「融資(orローン)の経験がない」と言うが、
 では、バイク購入にてローンを組んだら、それは経験となるのか、という点。
 ちょうどバイク(CB1100 EX/60万バーツ強)欲しいとこやった。


5. コンドー自体が来年5月まで待ってくれるか

 銀行がこうゆう状況なので、銀行からコンドーに解説して、
 コンドー側を待たせることができやしないものだろうか、という点。


6. 他支店のSCBでトライはできるか

 これも今後のためにも知りたい点。
 今回はその担当者でNGだったとしても、そのNGポイントを補うようにして、
 他支店のSCBで再挑戦できるものかどうか、という点。


7. 〇〇が〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇たらどうか(非公開)

 非公開です。


8. 〇〇〇〇〇〇〇たらどうか

 こちらも、一応非公開で。


9. 保証人つけたらどうか

 これはそのまま、保証人をつけたらどうか、という点。


10. コンドーを抵当に入れたらどうか

 これも非常に気になる点。
 別の銀行員に聞いたところ、「登録する前は、まだ自分のものではないので無理」と
 言われたが、
 はじめは全額負担でコンドー購入して、登録して自分の所有とし、
 それからならそのコンドーを抵当に入れての融資が可能なのかどうか、という点。
 これが可能なら、数か月間の期間を、工夫すればいいことになる。


11. 〇〇〇〇たらどうか(非公開)

 こちらも、非公開です。




以上の点を、明日SCBの銀行員と直談判してきます!こうご期待☆




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月15日火曜日

タイでホームローンとして銀行より融資を受けるの、その後

さてその後、どうなったのかと言いますと(詳しくは[タイ不動産(コンドー)投資、最初の難関]をご覧ください)、ひとつ、審査が通る直前の状態であります。それは、、、


SCB(Siam Commercial Bank)であります。土曜に担当者より連絡があり、委員会(SCB内融資部門?)のGOサインは出たようで、後は認可が下りるのを待つだけとのことです。いやー、長かった。

ここまでの道のりを振り返ってみますと、

1.バンコク銀行はダメ、話にならず
2.カシコーンもダメ、話にならず
3.タナチャートもダメ、話にならず
4.UOBもダメ、話にならず

以上は当該コンドーに来ていた銀行の皆さんです。どこも口を揃えていうのが、会社設立数か月だと、無理だと言うこと。そこで、友人の旦那さんが某銀行のお偉いさん(700人の部下がいるとゆう)なので、その方に相談したところ、その某銀行では企業コンプライアンスもあって何もできないが、、ということで別銀行のお知り合いの方を紹介いただきました。

5.ご紹介のUOBの方、「おそらく難しいと思いますが、やってみましょう!」とのことで審査スタート。→1か月越しにNG。(1か月色々と動いてもらった様で、どうもありがとうございました!)

ということで、別件で契約しているコンドーにも、ちょうど銀行の人が来ていたので、かたっぱしからお話していきます。

6.カシコーンはやはりダメ、検討の余地なし
7.タナチャート、「もしかしたらいけるかも」との事で審査開始
8.SCB、「たぶんいけますよ」との事で審査開始
9.UOBはダメ、話にならず

ここではじめて、自力でタナチャートとSCBに審査してもらうとこまで行きつきました。続いて、近所のコンドーにも銀行員が来ていたので、さらに話しこみます。

10.カシコーン、「たぶんいけますよ」との事で審査開始

ということで、3銀行が審査を開始したのでありました。

それからなんだかんだ2週間くらいでしょうか、あの書類を送ってくれ、だのなんだのと毎日のようにこの3銀行とやり取りを通じて、まずタナチャートが脱落。敗因はやはり、会社設立数か月、との事。

次に、カシコーンがこけました。カシコーンのネックは、名義人であるワイフが会社の社長であること。どうやら、社員の方が安定しているとみなされるようで、社員で企業勤めしている方が、いいらしい。なら社員ってことで通してくれ!→解った!やってみる!とのことではじまったカシコーンの審査でしたが、そんなものはバレるに決まっており、果たしてバレてNG、結局、設立したばかりの会社をやってるような人なんか、いつこけるか知れたもんじゃない、ということでNGだったのでしょう。

という流れでSCBのみとなり、の土曜日のSCBよりの連絡でした。SCBははじめから大きな問題は感じられず、ただ「爆発テロがあってから色々とチェックがうるさくなってきた」と口にしていたくらいで、なんか終始大丈夫なような雰囲気ではありました。

それから、本当かどうかは知りませんが、SCBはタイの銀行の中でも一番緩い、と当人が言っていました。SCBのスタッフ曰く、SCBとカシコーンがビジネス関連でいい(緩い)、との事。

後の補足は、先日、追加で80万バーツほど銀行に入れたんですが、その翌日に「もうあなたがお金を持っていることはわかった」とGOサインが出たのであります。今回はタイミング的にたまたまかも知れませんが、やはり相当の資金があることを見せると、やりやすくなるものです。

それでは、正式にホームローンの融資が通りましたら、またアップします。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月11日金曜日

スニーカーを履いている日の帰宅時に雨が降った時のワイフの取った行動が、これだ!


ザ・裸足。

いや、わからないことはないけれど。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月8日火曜日

仏教国タイでクリスチャンのWEDDINGに参列してきた件

先日の土曜日、題名の通りのWEDDINGに参列してきました。何を隠そう、この二人は結果的には私が引き合わせたこともあるので、丁重に招待していただきました。


何をかくそう、このお二人は僕がバンコクで主催をしているJapanese Classの生徒さんと講師だったのです。タイ人の方が男性ですね、ここではMr.Bとしましょう、女性は日本人です、Ms.Kとします。

ちょうど二人がJapanese Classに参加したのは同じくらいだったかなぁ、でも、二人は同じ日には一緒にはならなかったと記憶しています。ともかく、今でも覚えているのが、ある日、Mr.Bが僕にこう言いました。

「カリさん、僕はもっと本気で日本語を勉強したい。お金を払ってでも、勉強したい。どうしたらいい?」

と真面目に聞いてきた。相手が冗談半分に言っているのなら、僕も冗談半分に流していたことでしょう。でも、あの時の彼は本気だった。だから、僕も本気になってあたってみることにした。たぶん一人目だったか、二人目だったか、に相談したのがMs.Kさんでした。Ms.Kさんは快く引き受けてくれて、あとはお二人に任せっきりでした。

その翌月くらいだったか、Mr.BはJapanese Classにまた来てくれて、どうやら毎週のように個人レッスンをお金を払って受けているという。聞くと随分と勉強になっているようで、それはよかったと思ったものでした。それから、半年、、1年くらい経ったか、二人がお付き合いをしたということを耳にしました。たぶん、同じくらいのタイミングで、別のカップルもJapanese Classからできたことを聞きました。

というのも、ある日Ms.Kが日本人男性の友人を連れてきました、その日本人男性が、Japanese Class常連の女性とお付き合いが始まった、というものです。ここら辺、どっちが先だかは覚えてないが、ともかくもそんな感じで、僕の主催するJapanese Classからカップルが生まれることは、本来の主旨とは違うけれども、それはそれで僕的にもうれしいことでした。

3か月前くらいだったか、いきなりMr.BとMs.Kが2人してJapanese Classに挨拶にきました。なんと、結婚します、との事。わざわざそれだけを挨拶に来てくれたのも嬉しいし、いや、そもそもの話、ついにゴールインしたこともすごく嬉しいことでした。その上、二人のWEDDINGに招待してくれました。それが冒頭の、


こちらの画像となるわけです。


教会での式の後は、ガーデニングパーティー☆

なんの前ぶりもなくMs.Kのお父様の通訳をしたり(か~な~りお粗末様でしたが。いや、人様の前の通訳ってやってみると難しいものです)、なんと、2回目呼ばれて、お二人の出会いの馴れ初め、と言いますか、司会者の方に「どのようにして二人を引き合わせたんですか?」と無茶振りをされたもんですから、1回目のあまりうまくいかなかった通訳のリベンジで苅部節でやったりました。通訳で口にする人の言葉ではなくて、自分の言葉で口にするのがなんて自由なのか、をカラダで理解するのでした。


ともかくも、お二人、おめでとうございます!




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月7日月曜日

時間泥棒、というものに改めて考えさせられる


タイ人も他の国の人たちと同様に、時間に対して基本にルーズな感覚がある。これは、逆に言うと日本人が時間に対する価値観が飛び抜けてストイックなのだろうとは思うけど、僕も日本人である以上、どうしてもそういった観点から、モノゴトを感じざるにはいられない。

ただ、タイに住んでいる以上、僕もタイ人よりの感覚に寄っていることも否めないが、そんな中でもたった今、起きている今この待ち時間を使って、今起きている現象を紹介したい。

今日、僕達はあるタイ人と13時に待ち合わせをした。今朝9時に電話がかかってきて、すでに待合せ場所にいると言う。いや、待合せ時間は13時であることを伝えて、13時であることを再確認した。これは、僕のタイ人ワイフに言ってもらっているので、間違いない。もっと言うと、約束の時間自体もタイ人ワイフに電話で言ってもらい、僕もそれを横で聞いていたので、間違いはないことでは、ある。

ともかくも約束の13時過ぎ(渋滞で遅れて13時10分くらい)に待合せ場所に到着してみると、いない。まあ、オンタイムで来るとははじめからこちらも思ってないので、14時くらいまで彼に連絡もせずに待ちました。それまで彼からは何も連絡がないので、こちらから連絡すると、

「はい、着きましたか。わかりました、では今からいきます」

との回答。この言い方だと、すぐ近くまで彼も来ていて、いや、もっと言えば彼こそ13時以前に着いていて、13時になっても僕達が来ないのを見て、どこか近くで時間を潰していて、彼こそ僕達の連絡を待っていたのだろう、と思いました。何故なら彼は少なくとも、9時の時点で約束の場所にいたのですから。それは、彼の勘違いだったとしても。ともかく、そんな感じで僕も少なからず申し訳ない気持ちになって、すぐ来るもんだと待ってそのまま待っていました。

で、14時半になっても来ないので、これは、近くどころじゃないかと思い、電話してみると

「15時になる」

との回答。やっぱり、近くじゃないじゃん、と話になり、また待ちます。で、15時になっても来ないことは解っていたので、15時1分に私自ら電話。今までワイフにやさしくやり取りしてもらってましたが、自らの電話でその真意を正しました。

「すぐ近くまで来ている」

というもんだから、その「すぐ近く」という意味はどこなのか、あと何分かかるかを聞くと、

「今すぐ近くで信号待ちです」

というもんだから、それはいいから、あと何分で着くのか、あと何分僕達は待てばいいのか、数字で教えてくれ、というと、

「あと5分です」

という。それをさらに、「本当かどうか」を尋ねると

「絶対だ」

と言う。タイにあしかけ8年もいると、「絶対」という言葉を軽々しく口にするタイ人ほど信用できないものはないんですが、相手が(絶対かどうかを聞いてもいないのに)「絶対だ」と言うことを言っている以上、さらに正してもどうなることもない。

15時1分に電話して「あと5分だ」と言っていたので、いや、厳密に言うと通話で一分くらい費やしたので15時7分には「絶対に」来るという彼の主張だったのに、果たして15時7分には、現れない。僕の中では「絶対」とは数字で言うと「100%」に相当するものだと思っていて、それが99.999999999999999999999%であったとしても、それは絶対というには至らないものだと思っているので、このロジックを棚に上げて平気で口にする傾向がタイ人には、ある。

これを知っているから、15時7分に現れなくても、少し多めに見ました。が、しかーし、15時12分になっても現れないので、また電話してみました笑

すると、今度は電話に出ない。。デタ、出ましたよ。ここまで来るとバックレの可能性もなきにしもあらず、または、もう車を駐車しているところで、正に「間もなく」到着するので電話に出ないだけなのか。

すると、申し訳なさそうに現れました。時間にして15時15分くらいだったか。待ち時間、2時間。今回のケースでは、彼は僕達の時間を2時間も奪ったことになる。もっと言えば、待ったのはワイフと2人なので、合計4時間の時間を奪ったことになる。

実際の話、彼がはじめから「15時15分にと現れます」とでも言ってくれれば、僕達はtrue(日本で言うドコモショップの様なところ)に行く用事を済ませることができたが、それも出来なくなってしまった。正に、時泥棒の典型であります。

相手のことを想って、或いは、相手を待たせたくない、という気持ちだけが先行して、時間を短めに思わず言ってしまう心境は、解ります。とかく言う僕自身も、珍しいことではありません。今回はその極端な事例ですが、知らない間に、時間泥棒はこうしたところで、大小問わず行われているのだなぁ、と改めて考えさせられました。

自分が時泥棒にならないよう、まずは気を引き締めて参ります。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月5日土曜日

タイ人のヨーロッパ周遊におけるビザ取得の攻略法は、これだ!

我がハネムーンはヨーロッパ周遊1ヶ月の旅、にする事にして、タイ人のワイフを同伴するのに、彼女のビザ取得にいくつか課題がある。ネットで検索するも、なかなかヒットしなかったので、ここに自分なりのポイントを整理しておきます。


まず、日本人にはあまり馴染みがないかも知れんが、ビザ取得するタイ人にとってまず、出てくるキーワードが、シェンゲン協定というもの。これは、Wiki先生にておさえておきましょう。

シェンゲン協定

要は、これに加盟している国であれば、加盟国間では出入国の手続きなく行き来できるというもので、これがヨーロッパのほとんどの国(25カ国)が加盟してるわけだから、ほぼほぼヨーロッパ全域自由に行けるわけです。

つまり、一度このシェンゲン圏に入ってしまえばこっちのもの、後は楽~なわけです。もちろん、このシェンゲン圏内であれば、ビザ取得も1つでOKてなわけであります。

一見、なんだ、簡単じゃん、と思えるこのシェンゲン協定のシステムですが、バンコクにあるイタリア大使館に行ったら、こんなこと言われた。

・1ヶ月の旅程を提出しなさい
・全日の宿泊先情報を提出しなさい
・提出した旅程は変更不可

つまり、1ヶ月毎日の宿を事前に予約して、毎日の観光プランをがっつり決めて、それ通りに行動しなさいよ、変更はできないからね、という事です。

決められたレールの上を走るのが大嫌いな私に、聞いたこともない野暮ってぇことを言ってきやがるものですから、一瞬、自分の耳を疑いました。へ?おいらの聞き間違いかなって。でもね、果たしてそうゆうことらしく。。

頭を悩ましている間に、

「ツアー会社にお願いした方がいいよ。彼らが手伝ってくれて、太鼓判押してフォローしてくれるから、楽な上に取りやすい」

というアドバイスをもらったので、タイ人オススメのツアー会社を紹介してもらいました。でも、結局は同じだった。

・1ヶ月の旅程を提出しなさい
・全日の宿泊先情報を提出しなさい
・提出した旅程は変更不可

な、な、なんて野暮なのかしら。サントリーニ島行った時も、気に入ったホテルを自分達で見て決めることすらできないの?ハネムーンよ?普通の旅と、違うんだから。。

と言ってても始まらないので、私は諦めない。全然関係ないけど、日本大使館に電話してみた。

こうなったらあらゆる可能性を模索したいですからね。例えば、同伴するのがビザ取得免除されてる日本人の夫なんだから、それと常に一緒にいることを日本大使館の方で証明してほしい、とか自分でも血迷ったことを言っていたら、

「ビザを取得する国によって多少は条件が違いますから、イタリア以外をあたってみてはどうでしょう?」

というアドバイスをいただいた。なるほど、とゆうことでですね、たしかに、そうです。ツアー会社が言うには、ビザ取得するには、

①シェンゲン圏で初めに入る国
②シェンゲン圏で一番長く滞在する国

のどちらかの国の大使館でビザを取得するらしい。なので、スケジュールをちょっとでも変えれば、それはそれで済むこと。

では、どこが取得しやすいのだろう。ドイツやフランスはかたそうだし、スペインはラテン系でなんか取得しやすそう・・・ん、いや、もっと簡単そうなところがあるではないか、、

とゆうことで、オランダ大使館に電話してみた。いや、なんといってもマリファナ合法だというし、なんといっても売春も合法だというし、飾り窓やダッチワイフなどでも印象深いし、たしか移民も多く受け入れている、とゆう、とにかくフリーダムな国だという印象でしか、ないからですた。

・1ヶ月の旅程を提出しなさい
・長期(2日以上)滞在する場合は、宿泊先情報を提出しなさい
・提出した旅程を変更するのは大使館的には問題ないが、現地で警察に取り調べられたりしたら、知らないよ、的な。

と、すごい!多少なりとも緩和されたじゃないですか。イタリアより断然いいですね、毎日ではないし、なんとなく旅程なんかも変更しても大丈夫らしい雰囲気だし。。普通に観光してて、警察なんかに取り調べ受けることなんて、まず、ないっしょ。


なら、オランダでいっか。と思ってたら、友人Kから電話かかってきた。ここで、友人Kについて話しておく必要が、ある。彼は私の最も近い友人で、スペインのマドリッド在住である。しかも、大手旅行会社に勤務するという人物である。スペインに行った際には、提携先のスイートルームを無料で招待して待っていてくれる、というツワモノだ。

てか、なんで初めから彼に相談しないんだっつー話なんだけど、いや、厳密に言うとメールは1週間くらい前くらいに出したんだけど、「ただ今不在しています」的なメールが戻って来たりして、ともかく、どうやら忙しかったらしい。

とにもかくにも、おかげで全部解決しました。要しまするところ、旅程なんて後からどうにでもできるとのこと。あくまで建前で言ってるだけであって、宿なんかも予約する必要ないし、とにかくビザ取得するまで頑張って真面目に申請して、取得したら後はこっちのもんだ、とのこと。なるほど~そうゆうもんか~、おかげで、大分気が楽になりました。

ちなみに、どこの大使館が取りやすいと言ったら、スペインかオランダか、ベルギーって言ってました。イタリアとフランスとドイツは厳しい、らしい。

とゆうことで、タイ人と一緒にヨーロッパ行かれる方で、同じような境遇の方、ご参考になれば幸いです。

ちなみにちなみに、もし万が一、取り調べでもされて旅程と違うことがバレた場合、どうなるのか聞いたところ、

「そしたら行かなきゃいいんじゃん?そんな国。ムカつくから」

なるほど、そ~ゆ~ものか~、と思いました。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2015年9月2日水曜日

Evernote使用4年目で初めて気付いたエバーノートの落とし穴

エバーノートとは、なんて便利なものなのだろうと改めて感嘆します。私が生まれて史上、ここまで重宝できるツールはないほどです。これは、エバーノートユーザーなら心の底より共感できることと思います。

使い勝手は人それぞれでしょうが、例えば、ログインIDやパスワードなんかをメモするなんてことはふつうだと思います。メモするっつっても、まさかそのまま入力せずに、自分なりの暗号なり、全部表示させなかったりと工夫することは言うまでもありません。私の場合、この両方ともを駆使して自分なりにセキュリティーに努めているわけであります。


それはいいとして、こうした致命的なものは自分なりの工夫がありますからいいんですが、例えば分かりやすく言えば名刺管理などもすべて入っており、大げさに言えば個人情報なども入っているわけです。こうなると、セキュリティー上 自分だけの問題ではなくなってきます。

アプリに関しては毎月数百円を払って、エバーノートを開くたびに暗証番号を入れるように設定はしてるんですが、問題はPC。エバーノートには、二段階認証というものがあって、PCのエバーノートを開くために携帯なりに別のワンタイムパスワードを送信するやり方などいくつかあるんですが、そこまでやるのは面倒だと、私はずっと放置していたんです。

そんなある日、PCを修理に出しました。てか、ずっとこのPC、遅かったんですよね。動作がね。メモリを増やしてもらうのにPCを預けたんですが、そこでふいにPC屋からこんなこと言われたんです。

「完了しました。動作確認をしますのでPCに入るログインパスワードを教えてください」

と。いやですね、ここの修理屋さんは日本人ですし、何度かお世話になっているので、、というのは言い訳で、今でも反省しているのですが、こともあろうか、PCに入るログインパスワードを話の流れで教えてしまったのです。

私のPCに入ったらエバーノート入れちゃうじゃないですか。そしたら、色々工夫はしていますが、いろいろと都合が悪いことが出てきてしまいます。てか、この方、忙しい人なのでそんなことをする様な人でもないし、そんなことする時間もないし、もしそんなことする様な人であるなら、こんなに長くバンコクで同じ仕事できるはずもないので、その点は心配ないのですが、自分の浅はかな応対に猛省する次第なのでありました。

PCが戻ってきて、改めてエバーノートをいじってみて、すぐに自分の中で答えは出ました。

一回、一回、ログアウトすればいいのだ、

と。ログアウトしないと、PCのエバーノートってアプリを開くと開けちゃうんですよね。これはいけないってことで、一回一回ログアウトすることを自分の中で徹底した次第であります。ログアウトしとけば、毎回毎回、パスワード入れてログインしなければエバーノートには入れませんからね。

私、恥ずかしながらエバーノートを愛用して3年目にしてこの問題気付き、従って同時に対策をしたのでした。結構、これ、気にしてない人って多いんじゃないかな、と思って記事にしました。PCのログインパスだけではちょっと、危険すぎやしませんか?って思いました。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング