2015年9月5日土曜日

タイ人のヨーロッパ周遊におけるビザ取得の攻略法は、これだ!

我がハネムーンはヨーロッパ周遊1ヶ月の旅、にする事にして、タイ人のワイフを同伴するのに、彼女のビザ取得にいくつか課題がある。ネットで検索するも、なかなかヒットしなかったので、ここに自分なりのポイントを整理しておきます。


まず、日本人にはあまり馴染みがないかも知れんが、ビザ取得するタイ人にとってまず、出てくるキーワードが、シェンゲン協定というもの。これは、Wiki先生にておさえておきましょう。

シェンゲン協定

要は、これに加盟している国であれば、加盟国間では出入国の手続きなく行き来できるというもので、これがヨーロッパのほとんどの国(25カ国)が加盟してるわけだから、ほぼほぼヨーロッパ全域自由に行けるわけです。

つまり、一度このシェンゲン圏に入ってしまえばこっちのもの、後は楽~なわけです。もちろん、このシェンゲン圏内であれば、ビザ取得も1つでOKてなわけであります。

一見、なんだ、簡単じゃん、と思えるこのシェンゲン協定のシステムですが、バンコクにあるイタリア大使館に行ったら、こんなこと言われた。

・1ヶ月の旅程を提出しなさい
・全日の宿泊先情報を提出しなさい
・提出した旅程は変更不可

つまり、1ヶ月毎日の宿を事前に予約して、毎日の観光プランをがっつり決めて、それ通りに行動しなさいよ、変更はできないからね、という事です。

決められたレールの上を走るのが大嫌いな私に、聞いたこともない野暮ってぇことを言ってきやがるものですから、一瞬、自分の耳を疑いました。へ?おいらの聞き間違いかなって。でもね、果たしてそうゆうことらしく。。

頭を悩ましている間に、

「ツアー会社にお願いした方がいいよ。彼らが手伝ってくれて、太鼓判押してフォローしてくれるから、楽な上に取りやすい」

というアドバイスをもらったので、タイ人オススメのツアー会社を紹介してもらいました。でも、結局は同じだった。

・1ヶ月の旅程を提出しなさい
・全日の宿泊先情報を提出しなさい
・提出した旅程は変更不可

な、な、なんて野暮なのかしら。サントリーニ島行った時も、気に入ったホテルを自分達で見て決めることすらできないの?ハネムーンよ?普通の旅と、違うんだから。。

と言ってても始まらないので、私は諦めない。全然関係ないけど、日本大使館に電話してみた。

こうなったらあらゆる可能性を模索したいですからね。例えば、同伴するのがビザ取得免除されてる日本人の夫なんだから、それと常に一緒にいることを日本大使館の方で証明してほしい、とか自分でも血迷ったことを言っていたら、

「ビザを取得する国によって多少は条件が違いますから、イタリア以外をあたってみてはどうでしょう?」

というアドバイスをいただいた。なるほど、とゆうことでですね、たしかに、そうです。ツアー会社が言うには、ビザ取得するには、

①シェンゲン圏で初めに入る国
②シェンゲン圏で一番長く滞在する国

のどちらかの国の大使館でビザを取得するらしい。なので、スケジュールをちょっとでも変えれば、それはそれで済むこと。

では、どこが取得しやすいのだろう。ドイツやフランスはかたそうだし、スペインはラテン系でなんか取得しやすそう・・・ん、いや、もっと簡単そうなところがあるではないか、、

とゆうことで、オランダ大使館に電話してみた。いや、なんといってもマリファナ合法だというし、なんといっても売春も合法だというし、飾り窓やダッチワイフなどでも印象深いし、たしか移民も多く受け入れている、とゆう、とにかくフリーダムな国だという印象でしか、ないからですた。

・1ヶ月の旅程を提出しなさい
・長期(2日以上)滞在する場合は、宿泊先情報を提出しなさい
・提出した旅程を変更するのは大使館的には問題ないが、現地で警察に取り調べられたりしたら、知らないよ、的な。

と、すごい!多少なりとも緩和されたじゃないですか。イタリアより断然いいですね、毎日ではないし、なんとなく旅程なんかも変更しても大丈夫らしい雰囲気だし。。普通に観光してて、警察なんかに取り調べ受けることなんて、まず、ないっしょ。


なら、オランダでいっか。と思ってたら、友人Kから電話かかってきた。ここで、友人Kについて話しておく必要が、ある。彼は私の最も近い友人で、スペインのマドリッド在住である。しかも、大手旅行会社に勤務するという人物である。スペインに行った際には、提携先のスイートルームを無料で招待して待っていてくれる、というツワモノだ。

てか、なんで初めから彼に相談しないんだっつー話なんだけど、いや、厳密に言うとメールは1週間くらい前くらいに出したんだけど、「ただ今不在しています」的なメールが戻って来たりして、ともかく、どうやら忙しかったらしい。

とにもかくにも、おかげで全部解決しました。要しまするところ、旅程なんて後からどうにでもできるとのこと。あくまで建前で言ってるだけであって、宿なんかも予約する必要ないし、とにかくビザ取得するまで頑張って真面目に申請して、取得したら後はこっちのもんだ、とのこと。なるほど~そうゆうもんか~、おかげで、大分気が楽になりました。

ちなみに、どこの大使館が取りやすいと言ったら、スペインかオランダか、ベルギーって言ってました。イタリアとフランスとドイツは厳しい、らしい。

とゆうことで、タイ人と一緒にヨーロッパ行かれる方で、同じような境遇の方、ご参考になれば幸いです。

ちなみにちなみに、もし万が一、取り調べでもされて旅程と違うことがバレた場合、どうなるのか聞いたところ、

「そしたら行かなきゃいいんじゃん?そんな国。ムカつくから」

なるほど、そ~ゆ~ものか~、と思いました。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング