2016年1月29日金曜日

社長が社員に絶対に言わないこと

それは、

社長業はおもしろい

とゆうことかな、と。何故言わないかって、そりゃあ、このおもしろさを伝えれば、社員がいなくなってしまったら困るから。


自営でやる頃には思わなかったけど、いや、そんなこと思っている余裕なんてなかったけれど、社員を抱えるようになって思いました。

やっぱりすげーおもしろい

って。サラリーマンの時、たまたま色んな社長さんとお話するタイミングがありました。印象に残っているのは、

「社長は大変だ。四六時中仕事や売上のことを考えなければいけない」

とか、

「社長になってから4年間1日も休んでない」

とか(嘘つくな、と思うのはよく分かりますwww)、

「社員とその家族を養っていかなければならないので大変だ」

とか、

「社長は大変だ。何かあれば全部を責任取らなければならない」

とかです。皆さんも一つくらい聞いたことはあるんじゃないでしょうか。

色んな言い草はあるもんですが、大体において共通するのが「大変だ」ということ。みなさん、苦労してそうです。

ひとつずつ自分が実際に複数人でも社員を雇う会社を経営するにあたって思い合わせると今まで耳にしてきたのは、こんな感じでした。

まず、「社長」は大変ではない。大変という言葉を使うとすれば「大変おもしろい」となります、自分の場合。

四六時中仕事のことや売上のことは考えがちだけれど、それは社員の時にもそうだったことがある。てか、20代のサラリーマン時代に泊り込みで1回本気で仕事をしたことがあるので、その時の方がよっぽど四六時中仕事してました。

4年間1度も休んでない、とか言う人へのツッコミは置いといて、社長の方がよっぽど自由に休めてます。というか、社長業の仕方によるものです、これは。やり方の問題。

養っていかなければ~、とか、全責任を取らなければいけない、だとか、こんなのは当たり前です。親が子の面倒を「見なければならない」と言ってるレヴェルの当たり前さ。人間は食べ物を「食べなければ生きていけない」と言ってるレヴェルの当たり前さ加減なのでここは省きます。

はっきし言って自分はサラリーマン時代の頃の方が精一杯仕事をしていたし、それだけ自分の人生の貴重な時間を切り売りしてきたし、勉強になるお付き合いにも、どーでもいいつき合いにも色々時間を費やしてきたし、残業も自ら臨んでいたくらいに休みも返上したりして、時には学びたいがために報酬を受け取らなかったことさえあります、それら全てを文句なくやってきたのはずっと自分に投資していたから。

やっとそれを活かしている段階なんですが、サラリーマンの頃より頑張ってなくて(いい言い方をすれば効率が良くなりました)、自由にストレスフリーで仕事をしてるのに、サラリーマン時代より全然稼げるようになりました。そうなれたのも、今までずっと自分に地道に投資してきたからだと思ってます。そして、今がおもしろい。

社長が社員に絶対に言わないこと、それは社長業がこんなにもおもしろいとゆうこと。これに尽きると思います。

余談までに、社長業が大変だと言う人が多かったなか、1人だけ沖縄の社長さんで違うことを言ってた方がいます。それは、

「うちは楽なんですよ。他の人が全部やってくれますから」

と。社長業が「大変だ」と言う人と「楽だ(おもしろい)」という人の違い、とゆうか答えがこの一言に凝縮されているのがわかります。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月28日木曜日

まだ日本で消耗してるの?って思った瞬間

なんとかハヤトって人がいるじゃないですか。僕は彼のことは全然知りませんが、まぁニュース記事とかをみているとやっぱり目に入ってくるものだから時々彼、もしくは誰かが彼のことについて言及している記事を見ます。そんなことしていると、なかなか個性的な人ですからね、おもしろそうな人だなーと思っていたんです。


何がおもしろいって、やっぱり仕掛け方がうまいですよね。批判されることもたぶん計算して話題作りを意識するしないは別としてやってる。あー、自分にはないものを持ってるって。誰が彼のことを崇拝しようが文句を言おうが、話題になってしまっている以上彼の勝ちです。批判されることを恐れないその精神力も素晴らしい。

で、個人的にはおもしろい人だなーと思ってたんですけど、先月あたりの彼の記事でたしか「収入2千万はこんな感じ・・・」的な記事がありました。で、「年商は収入と置き換えてもいいみたいなんで収入と呼ぶことにします」的な文言が書いてありました。もしや自分が勘違いしてるのかな?と思ってその違いを調べたほどです。

えーっと思いまして。これって「売上と利益が同じ」と言っているようなもんですからね、ちょっと見損なってしまいました。で、思いました。彼が「まだ東京で消耗してるの?」って言い方をするのなら私は彼に言いたい。「まだ日本で消耗してるの?」って。

まぁ、彼のこのブログタイトル自体が人を釣る役目をしているので、つまり彼にとって単なるツールに真っ向から議論するつもりなど毛頭ないのですが、ちなみに、「タイに移住して日本円を稼ぐ」ということは結局、なんとかハヤト氏の戦略の延長上といいますか、もっと極端なやり方、とゆうことになるのかと思います。ま、一概には言えないのでしょうけれど本質的には一理あると思います。

もっとも、これはそんな言い方をする彼だけに言いたいことであって、世間様に言いたいわけではありません。だって、海外に出たいと思わない人にとっては失礼千万でしかないわけですから。だから、そんな言い方をする彼だけに言いたいだけです。くどいようですが、まだ東京で消耗してるの?なんて言われる筋合いないですよね、その人それぞれに東京にいる必要性があるからいるわけで。でもそれは、彼の人を釣るツールなわけで・・・、と堂々巡りになるんですけどね。

ま、私がこんな記事を書くことによって、彼の話題をまた一つ作ってしまってるんですが、なんにしても、頭のいいはずの何とかハヤト氏が「年商は収入と置き換えてもいい」なんて言っているのにはびつくりした、というか、がつかりした。これも彼の作戦なのかな?




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月27日水曜日

人のせいにするのではなく、すべては"自分のせい"という考え方が人を成長させるのではないかという件

旦那(妻)が浮気した

となったら、世間一般では浮気した方が悪いとなるでしょう。でも、ちょっと待ってよ、と実は私は思うのです。理由はそれぞれにしてでもですよ、ほんっとに自分に非のうちどころがなく、単純に相手がただの尻軽で、単なる遊び人だったとしても、それを

・自分に異性を見る目がなかった
・自分に相手を浮気させてしまう程魅力がなかった

という考え方です。


これを違う話で言うと、「あいつは連絡をよこさない、冷たいやつだ」という人。これも、ちょっと待ってよ、と思う。連絡をしないのは結局のところ、連絡をするほどの必要性がないから連絡がないのです。そして、こう言う人に限って、自分からも連絡しない。そうではなく、まず人から連絡が来るような魅力ある人間に自分がなること、そうすれば向こうから言わずとも連絡なんて来るものです、という考え方。

別の話では、最近ネット上でも話題になったほうれんそうの話。報告、連絡、相談のほうれんそうのこと。私もほうれんそうをしなさい、と教えられて育った世代です。これがまさか捻じ曲げられて広がって、本来は管理者側が「報告、連絡、相談がすぐに行われるような環境を作りなさい」という教訓だったとはなかなか衝撃的でした。これも人のせいにする人間の性質が生んだいい事例だと思います。

訴訟の国、アメリカ。なんてどんなってるんでしょうね。自由で平等なのはいいけど(もっとも最近平等精神を完全無視してる政治家も出てきてますけど)、浮気されたら速攻訴訟起こすんだろーな。パワハラなんて存在しないんだろーな。勿論、それぞれの国がそれぞれの長所短所があるんだけど、身を守る為の道具であるはずが、人を殺めるための道具であってしまっているというのは、それこそ皮肉な話である。

ま、色々とあるんだけれども、とかく人間とゆうものは人のせいにするのが大好きだ。人のせいにする人が浮気され続けるのは、人のせいにしてるからだと思う。辛いのはたしかに同情する余地はあるのだけれども、人のせいにしたって何もならない。でも、自分のせいにすれば人は成長できるのだと思う。浮気されるとゆうことは極論を言ってしまえば、自分に魅力がなかっただけでしょう。相手が浮気心を起こす隙を与えてしまった自分が悪い、とゆう考え方。また、人のせいにする人に限って、こうゆう思考パターンは生まれない。

・自分は相手をきちんと愛してあげられたろうか
・寂しい想いをさせてしまってはいなかったろうか
・相手を尊重し、感謝の心を忘れずに、しかもそれをきちんと表現して相手に伝えていただろうか
・相手を異性として想うことを怠らなかっただろうか
・当たり前のマンネリ化にならないように変化を取り入れたつき合いに努めていたろうか

などなど、考えるべき点を全部あげたらこんなものではないはずだ。

部下や従業員のことを「あいつは使えない」だとか「仕事ができない」だとか「あいつは営業の成績が悪い」だとか言う人も同じだ。人のせいにしていても何も変わらない。だってその人を「使えない」のは自分がその人を使えていないだけだから。その人が仕事が「できない」のは自分がその人に仕事ができる環境を与えられてないだけ。その人の営業の成績が「悪い」のは、自分がその人の成績をよくするだけの能力が悪いだけ。と思います。

要しますところ、人のせいにする人の思考パターンは決まっていて、何でも人のせいにしようと思えばなんでもできるものです。世の中の出来事なんてのは答えは一つではないから、揚げ足を取ろうとおもえばいくらでも取れるし、文句を言おうと思えばいくらでも言える。ちょっと周りを見ていれば解るものです。文句を言ってる人を注意深く見ていると、何に対しても文句を言ってますから。文句を言う人は、10年後も文句を言ってます。そして文句を言う事は、バカでもできる。

僕は、成長したいので文句は言わないようにしています。と言っても自分も人間なのでたまには言ってしまうことも正直あると思うけど、とにかく僕は人のせいにはなるべくしたくはない。

どうしても人のせいにしたくなったら竜馬の言葉を思い出すこともあります。竜馬がゆくの中での話なのか、実際に龍馬が言っていたのか忘れましたけど、海援隊の中でカミソリの陸奥が隊士から嫌われるんです。陸奥は相当他人からは嫌われる要素があったみたいですから。その日も誰かが陸奥の非道を竜馬に訴えに来た時に竜馬は、

「50人も人が集まれば異論を唱える者は出てくる。それに同調できない己を恥じろ」

ってね。まったく、あの本はこうした本質的な言葉がちょいちょい出てくるもんだから、すごいよね。

浮気の話でも仕事の話でも、それから政治の話でもなんでもそうだと思います。人のせいにしている人の会話を聞くと、「自分にはその事を自分でできなくて、人のせいにするような人間ですよ」と公表しているようで、なんともみっともない。時にはこちらが恥ずかしくなる時があります。そんな時はこそこそとその場を逃げるか、逃げられない状況ならば話題を変えるか、話題も変えられない状況なら、私は苦笑いしながら自分の意見は言わずにだまってるか、はたまた時間がもったいないので違うこと考えてるかも知れません。

とゆうのが持論なんですが、改めてまとめますと、人のせいにするよりかは自分のせいにすれば、その人は成長するのではないか、という話でした。よく聞く「人を変えたいならまず自分を変えろ」という話と同じなんですがね。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月25日月曜日

はじめての不動産投資、決着の行方

さて、大分日にちが空いてしまいましたが、はじめての不動産投資、決着の行方です。改めて振り返ってみますと、コンドを2件、購入の契約をしていました。


コンドAは自分達用の住居用。とは言っても5年後には賃貸か売却に回す予定だったもの。



コンドBは完全投資用。BTS駅前の物件にて駅ができたら確実に値上がりがあると確信したために購入したもの。こちらも賃貸or売却目的です。

タイのコンドは日本と違って建てる前から分譲として売りはじめ、資金が集まってからその資金でもって建築スタートするといった特徴があり、コンドが完成する前は仮に購入価格の10~15%程度をコンド会社に分割で支払っていく流れとなります。

で、コンドが完成すると、「はい、完成しました。さぁ、お金払ってください」ということで、大体は銀行からホームローンを組んでもらって支払っていきます(勿論、キャッシュで一括払いも可)。銀行から借りたお金でコンド会社に全額を支払い、登記をしたところではじめて自分の所有物となり、そこではじめて名実ともに「購入した」ことになります。

ちなみに、どこかの記事にも書きましたが、この登記をする前に他の人に「契約」自体を転売することをプレビルド投資と言います。コンドBの様な駅前物件であきらかに近い将来値上がりが見込める物件などはこのプレビルド投資目的で契約する人も殺到するほどです。実際にこのコンドBは販売公開して数時間で売り切れて、私も間に合わなかった程です。(私はその数週間後、プレビルド投資家の人からその契約を購入しました)

という事情なんですがとにかく、この完成しましたよ、お金支払ってくださいね、というタイミングがコンドA、Bともに昨年に訪れたのです。この間結婚式やハネムーンなどもあったので色々と忙しくしていたのですが、結果、銀行のホームローンが組めませんでした。

銀行は10か所くらいを回ったのでホームローンが組めない理由はそれぞれです。話に行って即座に断られたところもあり、数日の後ダメだったこともあり、1か月の審査の後ダメだったところもあり、一番最後は3か月色々と追加書類、追加書類とがんばってくれてあと最後の一人判子をもらえれば・・・というところでダメだった件もありーの、、とまぁ色々とありました。

その色々とある中、端的に言いますと私達にホームローンを組んでもらえない理由は、

ひとつは会社を設立してまだ1年も経ってないということ
ふたつめは今までローンの実績がないということ

これらに至ります。ともかくもローンが組めない以上、売却するしかないのですが、コンドBは駅前物件とのこともあり計3人からのオファーがあり、結局250万Bで売れました。241万Bで購入したので利益は9万Bということになります。本当はもっと高く売れる物件なのですが、(その契約自体の)締切日が近づいていたので、買い手の先方もいい人だったので、そこで落ち着きました。

問題はコンドAです。銀行からのホームローンも組めなく、支払い期限も過ぎてしまいました。コンドが完成するまでに分割で支払ってきた金額は10万B強。全額の支払いができていなくて支払い期限が過ぎてしまったので、この10万B強が持ってかれた状態となっているのです。さて、どうしよう。本来ならばもう諦めるしかないのですが、どうしよう、というのは一つ腑に落ちない点があるからです。このコンドAを購入する時、コンド会社セールスの人より、

「(そのくらいの収入があるなら)銀行からの融資は全く問題ありません」
「大丈夫です。私達が銀行を紹介します」

という言葉があったのでサインをしたという経緯があります。某銀行の人は「それって訴訟起こしたら勝てますよ?」と言っているくらいです。もっとも、建物完成後の支払い期限内に全額支払いができない場合、契約書に建物完成前の分割払いの分は返しませんよ、といった内容の記載が契約書にされているので裁判にもっていったところで難しいだろう、という声もあります。

私としては結局のところ自分の無知のせいでこうなってしまったのでこの際、10万Bは勉強代としていいんですが、ただ裁判って興味あるんですよね。特に、不動産投資がらみでしかも自分が当事者、訴訟の起こし方とか、その経過、弁護士さんとのやり取りなど、また学べることがあるはずなので、今訴訟の準備をしているところであります。

この結果はまた後ほど!




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月24日日曜日

私がLINEを既読スルー、未読スルーをする理由。人からLINEを聞かれた時に素直にLINE IDを教える人、メアドを教える人・・・など

LINEがいよいよ台頭してくるもんだから、私自身にも少なからず影響を及ぼしています。便利である面、その便利さ故にある弊害もあるこのアプリ。。今日はそんな私のLINEの仕様についてつぶやいてみたいと思います。たぶん、LINEあるある~的に共感してくれる人もいるはず。


■私が未読スルーをする理由
それは、「それに割く時間がないから」。単純に、これに尽きます。通常、新しいLINEが入ってくると携帯にPOPアップ表示させる設定をしていますが、ざっとそれに目を通して優先順位が低いものなんかはどんどん後回しにしています。誰だってそうだと思いますが、日々1日生きる中では大小含めて相当数のタスクがあるはずです。その数だけ優先順位が厳密にはあり、それを正しく判断して毎時間それを"実行"していかなくてはなりません。なので、これは時間と優先順位、つまりその内容にもよってきます。つまり、今早急に返事する時間がない、または今早急に返事するよりも優先順位が高いタスクを抱えている、あるいは今早急に返事して会話が始まってしまったら困る、というようなポイントが理由として挙げられます。

■私が既読スルーをする理由
それは、間違って既読になっちゃったから。ほら、LINEで開きたい会話を開こうと思ったら、前の記録で今は開かなくてもいい会話を表示させてしまった時、とか。それから単純にタッチ間違えで表示させてしまうこともあります。あるいは、返事するつもりでその会話を既読してしまったが、返事を返す前に別に電話かかってきたとか、それ以外の優先順位が勝る何かが起こったかとか、まぁ、人間生きていればこのようなことなんていくらでもあるものです。

実際に言われたことはないけれど、話に聞く「それって既読スルーじゃね?」とか「既読スルーは止めて読んだら返事ください」とかを僕に言う人がいたら、「私はあなたのLINEを四六時中待っているほど暇な時間がないんです」なんて直球はさすがに言わないけれど、たぶん心の中でそんなこと思ってます。考えてみると、ものすごいエゴですよね、こうゆう人って。あなたの時間のことなんてどうでもいいから、私のLINEを見てLINEで会話しよう☆級のエゴが既読スルーをはやし立てる人の内には隠されているように思います。

■LINEの優れている点、それが故に弊害である点
LINEはその即効性、実用性から気軽に人とコネクションできる、そう、まさに”気軽な”ツールです。この気軽さが、私にとってたまにキズなんです。気軽なだけに、しょーもないLINEも中にはそりゃ、あります。どう言えばいいのかちと考えるんですけど、LINEてすぐ溜まりません?気軽なツールだけに、気軽なLINEが飛び交います。メールだったらわざわざ聞くまでもないことを、LINEだと気軽に聞けてしまう・・・、そんな便利なツールがLINEなのです。。例えば、思ってください。

自分のとこにあったはずの書類がない!さっき訪問した取引先のところにおいて来たのかも知れない。→ちょっと取引先の○○さんにLINEして聞いてみよう!

だとかね。。例えば、の話です。私もこれに似たような経験は何度もあります。てか、自分で調べてよってやつ。もっと言えば一回連絡したことを再度聞いてくるケースとかもある。どれも私がよく言う「時泥棒」とゆうやつなので、皆さんも気を付けてもらいたい。それは、人の時間を奪う前にまず自分を確かめてから、とゆうことです。自分に秘書がいるような人であってもそれは一緒、他人さまの時間を奪う前に秘書にでもこちら側に答えはないかを確認させてから、でしょう。

で、もっと大きい弊害は、会話が始まってしまう、とゆうこと。LINEで1回返事する時間はあっても、そこからLINE会話をする時間はない、なんて相応にしてあるものです。てか、ほとんど。だから、「既読したなら、「確認したよ」くらいは返事できるでしょ」なんてのも、私的には無理。そこで返事して会話が始まっちゃったら困るんだもの。

そうは言っているものの、やっぱり色んなことからLINE会話をせざるを得ないこともあります。集中力の話です。私は通常、デスクワークがほとんどですから基本それに集中してます。これにLINE会話を同時進行するとなるともの凄く効率が悪い。大体、私の中で集中する「集中状態」に入るまでにたぶん、10秒から20秒くらいかかります。集中状態に入った私は、たぶん、それなりに仕事は早いと思ってます。ただ、この集中力が途切れるといかんせん、どうしようもない。なので、スタッフにも言っているのは「いつでも何かあったら聞いてきて欲しい。でも、なるべくまとめて来てね」って。そんなんだから、中身がないLINE会話なんて言語道断、というのは解ると思います。

あと、グループなんてのもあるじゃないですか。私もいくつかのグループにいるんですが、グループの自分以外の会話なんてのはすぐたまっていくもんで、気が付いたら100や200の未読メッセージがたまっているなんてのも珍しくありません。そうだけじゃなく、色んな人から色んな気軽なLINEが届くと当然、全員に返事をしている時間なんて不可能、この辺りLINEの限界を感じています。

■私がLINE IDを教える人、メアドを教える人
結論から言うと、LINE IDを教える人はこういった人達です。

1. ビジネス、NPO関係で即効性の会話が要求されるような人、もしくはグループ
2. 本物の友人
3. その場の雰囲気上、やむを得ない場合

まぁ、上記の中でも自分の中での程度ってのがありますけれどね。そんな感じです。かといって、メアドを教える人が私の中で劣っているというわけではありませんし、実際にLINEの返事は放っておいて、メアドの案件から返信するケースも相応にして、あります。てか、そっちの方が多いかも知れない。

とにかく優劣の話ではなく、私が返事をする順番はLINEでもメアドとかツールの種類は関係がなく、あくまでもその内容です。だもんで、「LINEだから早く返事が来るだろう」というのは私の場合当てはまらなく、また「未読」だからといって未読と思うのは浅はかな考えで、その大抵はPOPアップでざっと目は通しています、大抵は(POPアップすら追いつかない時もありますけど)。それに、「既読」だからといって既読したとは言い切れません。

別の言い方をすると、LINE疲れしているのかも知れません。それに、あんまりむやみにLINEする人をこれ以上増やすと、「LINEで重要な内容」のものが無数のLINE会話に埋もれてしまって見過ごすことになることも考えられるんです。その為、他人さまをも憚って私の中では、

(即効性よりも)重要性の内容のものはメール
(重要性よりも)即効性を要するものはLINE

という使い分けをしています。こんなことを言うと、「じゃぁ、重要で即効性を要するものはどうしてるの?」ってなりますが、まぁそんな切羽詰まった状況になるべくならないように今は仕事してますんであんまりないんですが、たぶん、LINEしてるんでしょうね。

とまぁ、ぶつぶつと自分のLINEの使い方を綴ってみましたが、LINEは特定の人達との使用にはとても便利ですね☆効率的にこうしたツールは今後とも使っていきたいものです。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月21日木曜日

CB1100EXをタイで購入しました件~[YAMATO]旗揚げ

CB1100EX、二年ほど前にモーターショーで初めて見たその時からこれに恋焦がれてきて、ひょんな事からついにゲットしてしまいました。

ひょんな事、というのは[タイ大不動産時代!]でもお送りしている不動産投資の方で、融資を受けるのにローンの実績があった方が有利、というタイの事情に伴い、比較的審査が降りやすい規模の融資=バイク購入、という事で、ちょうどいいという事での咄嗟の購入です。

ローンといっても、当然金利がつきますから、なるべく頭金を多めで購入したい。バンコク銀行に相談したところ、

「40万バーツ頭金でローンは1年で組んでも十分」

という事で、頭金40万バーツ、HONDAでは1年半の期間が一番短かったのでそれでお願いしたところ、1日で審査降りました。ちなみに、審査にはHONDAと提携している銀行が会社まで来て、5分くらいいくつか質問され、1枚だけ写真を撮って帰っていきました。

ともかくやっと手に入れました我が馬、


CB1100EX。


購入元のHONDAでも記念撮影。

昨日購入してすでに70kmほど走っていますが、とてもいい。HONDAの本気を感じます。詳しい乗り心地の感想は、もう少し慣れたくらいの来週くらいにアップしたいと思います。

また、この機会をもって、グローバルなバイクチーム、YAMATOを旗揚げしようと思います。この詳細もまた、後日にアップしていきます。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月20日水曜日

イタリアのトイレ事情

先日のハネムーンにてイタリアは、

フィレンツェ
ローマ
ミラノ
ベネツィア

を周ったんですが、


こんなトイレに4、5か所くらい出くわした。主にレストランのトイレなんですが、これは大の方をする時にはどうするのか、ベネツィアの友人に聞くの忘れたので、誰かご存知の方教えてください。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月19日火曜日

[メルセデス修理物語]水タンクが壊れた!

毎回乗るたんびに1.5リットルもの水を空冷タンクに入れてあげる我がメルセデスなんですが、うわ、今日は3リットルくらいは飲むわー、と思って少し気にはなっていたんですけどね。


気が付いたらエンジンの温度がメーター振り切ってマックス熱くなってる!煙こそ出てはいないもの、温度メーターは半分をいかない3分の2くらいが平常時であるのに。

急いで車を止めていつもの修理工を呼ぶといつもの如くどこからともなく風のように現れて颯爽とメルセデスを持っていくのでした。

土日をはさんはさんで早速に直してもらったのがこちら、


ボンネットを開けた水タンクと空冷の網みたいのが壊れて、その交換だったらしい。


網はわかりづらいけど水タンクが新しくなってるのは写真でも解ると思います☆


今回のビルはこちら、高いなー、クラシックカーって。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月18日月曜日

[メルセデス修理物語]板金塗装


ついに念願の板金塗装完了!1年ごしです。

いつだかと重複しますが、このメルセデスはもともと私の元上司が乗っていたものだった。元上司が住む、家主さんもこのメルセデスを愛し、元上司が頼んでもないのに、毎朝ワックスをかけてくれるとゆう具合だから、そのコンディションの良ささが解ると思う。私はそんな元上司が乗るメルセデスが大好きでした。超かっけー!と思ってたっけ。大げさとかじゃなく、今まで見てきた車の中で、一番かっこいい!と思ってますし、今でもそう。






一年前、巡り巡って私があのメルセデスを購入する交渉のためにインド人を訪れた時(元上司はこのインド人に譲った(転売)のです)、ずいぶんと劣化していて悲しかった。でもあの時、絶対に誓った。

「私の元に来たのなら、あの頃のベンツに戻してやる!」

ってね。劣化していた、というのは具体的には外装の錆びの部分のことを言います。

ただ、板金塗装なんてのは日本で旧車バイクを乗っていた頃の高いイメージしかなく、ましてや面積が何倍にもなる車なんて言ったらいくらするの、って少々びびってましたが、そこはさすがにタイランド。フロントとトップ以外の板金塗装でコストはこれだけでした。


苅部メルセデス、外装も美しくなりました。





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月17日日曜日

[メルセデス修理物語]キャブ交換アゲインとエアコン修理



またエンジンの調子がおかしくなったので修理工に持っていったら、またキャブだった。

ついでにエアコンと板金塗装を依頼。この時ハネムーンに行く前だったので、まとめて預け入れておきました。今回はキャブ交換とエアコン修理の分。







最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月16日土曜日

[メルセデス修理物語]パワステとオイル漏れ

まだまだ続きます、修理物語。43年もののクラシックカーを持つ者の宿命と言いましょうか。。いや、違うっしょ。前オーナーのインド人のケアがひどいんですよ、これ。どうも前オーナーとこの修理工の仲がそんなによろしくなかったようで。と言いますか、修理工はメンテナンスの必要性を訴える。→インド人はそれをぼったくりと感じる。

終いには言われましたもん、

「あの修理工はなんでも修理、修理と言ってぼったくって来るから止めた方がいい」

的な。しかも、それを前々オーナーである私の元上司に告げ口のように言って、私はその元上司から聞くってゆう。。

いや、決してそのインド人も悪い人ではない、といいますか、時々「車の調子はどうだ?」とか「その後問題ないか?」とか、「もしトシオがメルセデス売りたいなら、ウチの社員で買いたいという奴がいるぞ」とか連絡をくれるので、むしろいい人なんですが、なんでしょう、相性ってやつですかね。とにかくこの2人は合わなかったらしい。

とにかくも前オーナーのメンテナンスが悪かったのは確か。あれから幾度となく修理してきたし、その度にたしかにトラブルは少なくなって来てるんですもん。

で、今回は少し前から私が気にしていたオイル漏れと、少し前から修理工が気にしていたパワステの修理。


パワステ新しくなってるの、わかります?





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月15日金曜日

【ハネムーンまとめ】ヨーロッパ周遊1ヶ月で14ヶ国25都市を周ってキタ件


我等ハネムーンは1ヶ月ヨーロッパ周遊の旅。この旅のコンセプトは以下の通り。

一、“広く浅く”ヨーロッパ全体を周る
一、予定はなるべく立てない、自由気ままに周る
一、サントリーニは1つの山場、最低3泊
一、宿より食事に重点置くべし
一、日本食とタイ料理は食べない
一、5人の友人と現地で再会

その結果、以下のような結果となりました。

■期間: 31日間
■周遊国数: 14ヶ国
■周遊都市数: 25都市
■費用: 1,085,595円(319,293 Baht)

次に、各都市の旅記事は以下の通りです。

1. Amsterdam (Netherlands)
2. Paris (France)
3. Valencia (Spain)
4. Madrid (Spain)
5. Lisbon (Portugal)
6. Marseille (France)
7. Nice (France)
8. Monte Carlo (Monaco)
9. Florence (Italy)
10. Rome (Italy)
11. Vatican (Vatican)
12. Athens (Greece)
13. Oia/Fira (Santorini/Greece)
14. Milan (Italy)
15. Venice (Italy)
16. Bern (Switzerland)
17. Zurich (Switzerland)
18. Wien (Austria)
19. Praha (Czech Republic)
20. Berlin (Germany)
21. Luxembourg (Luxembourg)
22. Dusseldorf (Germany)
23. Koln (Germany)
24. Helsingor (Denmark)
25. Copenhagen (Denmark)
26. Amsterdam (Netherlands)

続いて、特集です。

今回の旅で美味しかった料理ベスト3

今回の旅で良かった場所ベスト3

今回の旅でのハプニング ワースト3


最後に、比較的忙しいスケジュールだったにも関わらず、一言も文句を言わずにむしろ楽しんで付いてきてくれたワイフに感謝です。実際、絆こそより深まった旅となりました。

めでたし、めでたし。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月12日火曜日

[ハネムーン番外編]カップルで1か月100万円でヨーロッパ14か国25都市を周る周遊モデルプラン


どこまで参考になるかは解りませんが、私達の実際の内訳を見て参りましょう。まず、実際には全部で

1,085,595円

かかりました。その内訳は、こうです。まずは移動費から。

■移動費 {605,247円}
20151020 ユーレイルグローバルパス €1,171
20151021 Bangkok-Amsterdam 167,880円
20151022 Amsterdam-Paris €65.61
20151023 Paris-Madrid 32,460円
20151026 Madrid-Lisbon 17,660円
20151027 Lisbon-Marseille €162
20151029 Marseille-Nice €36
20151030 Nice-Monaco-Nice €15.6
20151031 Nice-Firenze €88
20151031 Firenze-Rome €20
20151102 Rome-Athens 38,760円
20151103 Athens-Santorini 16,600円
20151106 Santorini-Milan 45,660円
20151107 Milan-Venice €20
20151108 Venice-Bern €42
20151109 Bern-Zurich €95.7
20151109 Zurich-Wien CHF20
20151110 Wien-Praha CHF12
20151115 Dusseldorf-Copenhagen 32,180円
20151118 Copenhagen-Amsterdam 26,400円

欲張りに14か国25都市も周るとなると、どうしたって移動費が高くなってきます。

続いて宿泊費です。

■宿泊費 {148,430円}
20151021 Amsterdam 7,768円 / city tax €5.5
20151022 Paris 7,597円 / city tax €1.9
20151023 Madrid Free
20151024 Madrid Free
20151025 Madrid Free
20151026 Lisbon €75
20151027 Lisbon-Madrid 寝台列車
20151028 Marseille €60
20151029 Nice €45
20151030 Nice €45
20151031 Rome €77
20151101 Rome €77
20151102 Athens €49
20151103 Santorini €58.88
20151104 Santorini €50
20151105 Santorini €50
20151106 Milan 7,296円 / city tax €8
20151107 Venice €99
20151108 Bern 16,402円
20151109 Zurich-Wien 寝台列車
20151110 Wien-Praha 寝台列車
20151111 Berlin 9,192円
20151112 Berlin-Luxemburg 寝台列車
20151113 Dusseldorf €65.55 / wifi €3
20151114 Dusseldorf €65.55 / wifi €3
20151115 Copenhagen Free
20151116 Copenhagen Free
20151117 Copenhagen Free
20151118 Amsterdam Free
20151119 Amsterdam Free

これはあまり参考にならないかも知れませんが、友人が招待してくれたホテルや友人の家にお邪魔したりもしているので、大分かかってないです。

続いて、日々の観光費用です。

■その他観光費用{331,918円}
20151021 Amsterdam {€0}
20151022 Amsterdam-Paris {€56.38}
20151023 Paris-Valencia-Madrid {€201.83}
20151024 Madrid {€135.4}
20151025 Madrid {€156.72}
20151026 Madrid-Lisbon {€132.96}
20151027 Lisbon-Madrid {€56.8}
20151028 Madrid-Marseille {€34}
20151029 Marseille-Nice {€70.5}
20151030 Nice-Monaco-Nice {€96}
20151031 Nice-Firenze-Rome {€32}
20151101 Rome-Vatican {€47.8}
20151102 Rome-Athens {€68}
20151103 Athens-Santorini {€72.85}
20151104 Santorini {€47.4}
20151105 Santolini {€36.15}
20151106 Santorini-Milan {€52.2}
20151107 Milan-Venice {€105.4}
20151108 Venice-Bern {€56.17}
20151109 Bern-Zurich-Wien {€20/2,502円}
20151110 Wien-Praha {€34.86}
20151111 Praha-Berlin {CZK835/€12.5}
20151112 Berlin-Luxemburg {€34.88}
20151113 Luxembourg-Dusseldorf { €23.79 }
20151114 Dusseldorf-Koln { €99.79 }
20151115 Dusseldorf-Copenhagen { €11.6/DKK516 }
20151116 Copenhagen { DKK978 }
20151117 Copenhagen { DKK985 }
20151118 Copenhagen-Amsterdam { DKK72/€15 }
20151119 Amsterdam { €62.75 }
20151120 Amsterdam-Bangkok { €10 }

もう一度私達の今回の旅の(費用面での)コンセプトといいますか、行動パターンをあげますと、以下のようなポイントがあります。

★予算の設定なし
特に予算は設定はしていませんでしたが、どこかの記事でハネムーンの費用相場は大体50~60万円、とゆうのを見て、僕らの場合は移動が多いので、漠然とその倍くらいかかるのかなぁ、という予想はありました。

★国際移動は列車と飛行機、バランスがいい方で
移動はそうですね、基本ユーレイルグローバルパスがあるので列車なんですが、たまに明らかに時間的に不都合なケースもあったのでそういった場合は飛行機にしたり、と行き当たりばったりで行く感じも結構おもしろかったです。飛行機も結構安いの飛んでますからね、アジアで言うところのエアアジア的なLCCが。

★街の中の移動は基本徒歩、かメトロ
基本徒歩です。別にこれはケチっているとかじゃなくて、その街並みをじっくりと見れるから。だから、行きは徒歩で帰りはメトロなんてのは、全然ありです。てか、大抵は直線の行き帰りとゆうわけでもなく、円をジグザグしながら周ってる感じなので、やっぱり基本歩きでした。少し離れた区間は大体がメトロでカバーできました。タクシーはぼったくられても解んないし、バスは行先や折り場とかがよく解んないので基本使いませんでした。

★宿より食に重点を置くべし
2人揃って同じ意見で、どうせ1泊しか泊まらないのならそんなにお金かけても・・・てか、寝るだけだし、みたいな感じで、それなら美味しいものを食べようといったスタイルでした。それから、どこかの記事にも書きましたが、変にホテルに宿泊するよりかも、ゲストハウスの方が台所があったり、広いベランダがあったりと、結構ヨーロッパのアパートのその階を丸ごとゲストハウスにしているところが多いので、なんか「泊まる」とゆうか“住んでる”ような疑似体験ができるので、それもおもしろかった。それでも連泊するようなところは宿選びに慎重にしましたけど。なんとゆうか、やっていれば慣れてくるもんです。

★その他観光
毎日は基本ぶらぶらしてるだけです。これが、思ったよか楽しい。だって、毎日が違う国、違う都市、違う文化、違う街並みだからです。ウォーキングで運動しているからかお腹も減るし、夜も毎日快適に眠れてました。少し疲れたらそこらのカフェでお茶をして、美味しそうな屋台があればつまみ食いをして、それから地球の歩き方を見て観光スポットを周ったり、とそんな気ままな感じの旅、ケセラセラな旅でありました。

というような感じで周ったら、冒頭のような内容になったのですが、例えば移動費は固定費みたいなもんです。感覚的な話になりますが、宿泊費もある程度の参考にはなるでしょう。というわけで、ヨーロッパ周遊旅行を検討される方へ、参考になりましたら幸いです。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月11日月曜日

[ハネムーン番外編]ブッキングなんとかコムというホテルの予約サイトがあほだなぁ→なるほどなぁ、と思う理由

性格的に誰かを特定して議論するのは本意ではないので、というか、好きではないので名前を伏せて言いますがブッキングなんとかコムというホテルの予約サイトもハネムーン中にはよく利用していましてね。というのも、トリップアドバイザーで見ていると、ブッキングなんとかコムやアゴダとあともう一つ、なんとかってホテル予約サイトの価格が3つくらい出てきて、それを比較できるというのもトリップアドバイザーのいいところなんですが、やっぱりそれぞれが競いあってるんですよね。ブッキングが安い時もあればアゴダが安い時もある。また、一方は満室で一方は部屋が空いてる時なんてのもあります。


だもんで、その時によってホテルの予約サイトは利用するのが違うんですが、何が言いたいかと言いますとね・・・、ハネムーン行って帰ってきたその後、毎日のように「ローマのおススメホテル」だとかゆうメールが来るんですよ。てか、今ローマじゃないし!って思うのがまず感じるところです。それより一瞬後に感じるのが、てか、当分ローマ行かないし!ってツッコむ。で、私も人間、そんなメールを見てると嫌悪感しかないんですよね。見るのもうざいので迷惑フォルダに振り分け設定をしてるので嫌悪感をおぼえるのはたまに迷惑フォルダをチェックする時くらいしかないんですが、まぁ、その度にこいつあほやな、と思うんです。

だって、営業を獲得できないばかりか、現にお客一人を不快にさせてるんです、この迷惑メールが。お客を不快にさせているのでブッキングなんとかコムにとってマイナスでしかないんだから止めた方がいいんじゃないの?と思うのが、たぶん一般的な考えなんでしょうか。統計とったことないんでそんなこと私には解りませんけど。

でも、結局はこれでブッキングなんとかコムというのは宣伝も兼ねているんですよね。私はたしかに、ブッキングなんとかコムから来る執拗で意味もなく、嫌悪感しか抱かないメールに、たしかに、たしかに、不快感を抱いてます。でも、だからといって次どこかに旅行いった時に、ブッキングなんとかコムを利用しないとゆうわけではない。ブッキングなんとかコムが他と同じ条件で安ければ、ブッキングなんとかコム経由で予約すると思う。

それはいいとして、例えば、ブッキングなんとかコムと初めて耳にする予約サイトが全く同じ金額だった時、たぶん私はブッキングなんとかコムを選ぶと思う。何故なら、ブッキングなんとかコムの方が見慣れているからだ。ブッキングなんとかコムの勝手な宣伝効果が成功する例と言えましょう。炎上マーケティングとはちょっと違いますが、私がローマにいないだろうことはブッキングなんとかコムも解っているわけで、さらにはローマにいない人に[ローマのおすすめホテル]情報を毎日執拗にメールすればその人を不快にさせることくらい、ブッキングなんとかコムの人間も解っているはずだ、相手もプロなんでね。それでも毎日のようにローマ情報をご丁寧にも流して来るのはそれ相当の効果があるわけでやっている、なのであほだなぁと浅はかに考えれば思うのですが、ちょっとこれを真面目に考えるとなるほどなぁ、と思うのでした。

そんなお話。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年1月10日日曜日

[ハネムーン番外編]今回の旅の移動手段を振り返ってみよう

移動手段といえば列車か飛行機か、とゆうのがまず思い浮かんできますが、この2つの比較は[[ハネムーン番外編]欧州周遊には電車と飛行機どちらかいいか、の僕の結論]にまとめるとして、今回はそれ以外のものについても少し掘り下げていきたい。


歩く


今回の旅では、街の中ではほとんどが歩きだった。これにはいくつか理由があるが、まず第一に、歩くとその街をじっくり見れるとゆうのがポイントだ。後の点はこじつけに過ぎないかもしれないけど、食べて飲んでばかりいるので、正直運動にもいい。それに、東京とゆう街の大きさに慣れてしまっている自分には、他の都市は小さく思える。特に、ヨーロッパの都市などはその大体が、歩くのにはちょうどいい感じの大きさなのだ。


近郊電車と地下鉄


要するに電車。特に地下鉄なんかはコスパ高いし、治安も至って普通だ。また、ユーレイルグローバルのチケットがあると近郊電車は無料で乗れる区間もあるので便利もいい。また、次のバスと違ってルートや降り場所が明確なのでよく利用した。


バス


バスは今回乗る機会が8回ほどあったかな。とは言ってもバスは観光客にとっては非常に解りづらいので(どのルートを走るか、降り場所が解らない等)なるべく乗らないことにしたけど空港バスがほとんどかな、あとはサントリーニ島の移動か。


タクシー


観光客が外国のタクシーに乗るということは、完全に運命を見知らぬ外国人にゆだねることになるので基本的に私は利用しません。それなら、ルートや料金が予め提示されていて複数人が同時利用できるようなバスや電車を利用します。という私個人的なポリシーにより今回も一回も自分たちで乗ることはありませんでした。(スペインではMr.Kがいたので毎日乗りましたけど☆)


フェリー


どうせ島に行くなら時間かかっても、フェリーにも乗ってサントリーニに行きたかったけど、ちょうどストライキでどうしようもなく、断念。サントリーニはまた是非行きたいと思っているのでその時はフェリーで行きたいものだ。


国際バス


今回はユーレイルグローバルパスを持っていたので使うことはなかったけど、以前ヨーロッパを周る時は比較的利用していたことがある。コスパもたしか良かったし、時間はかかるけど窓から見る景色を好きな人にはひとつの移動手段じゃないかと思う。


国際電車


別の記事でも何度か書いてるようにユーレイルグローバルパスがあるのなら非常に使い勝手がいい。ユーレイルグローバルパスを利用してしまったので、もう正規料金では利用するのばかばかしいな、的な感じ。


飛行機


思ったより手っ取り早かった。飛行機を利用するには2時間前とか、チェックインする為に早く行かなければならないので、単純にフライト時間だけではない時間的ロスはあるけど、それをひっくるめても時間的短縮さの威力がハンパない。そして、今では格安航空券もあるので、例えば1万円いかないで隣国まで行けるなんてザラ。かなり有効活用ができる一品だ。


ということでいくつかの交通手段を挙げてみましたが、各々それぞれに長所・短所がやっぱりありますので、その時の状況によって使い分けるのが通、というやつですね☆




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング