2016年5月23日月曜日

[Silom RC] 7回目の例会出席

当日は自身がスピーカーの日。

日曜日に電話があり「今週の例会では自己紹介のスピーチを行ってください。15分で」との指令がありました。RC入って初めての指令ですからね。ツーリングがあろうがゲストを朝4時に空港まで迎えに行こうが関係ない。実質一晩で自己紹介資料を用意しました。

スピーチで15分とゆうのは結構長いように思いますが自己紹介ですからね。こればっかりは15分で到底まとめられるわけでは、ない。

まずは今までの写真を適当にピックアップした。幼児の頃、学生の頃、ホテルマン時代の写真、第一次タイ、イスラエル、アイルランド、ベルギー時期、結婚式やハネムーンなどの最近のものまでさまざまだ。これをピックアップしながら構成を考えました。

なんとなくできたのが、二部構成からなるシナリオです。はじめの10分は写真をざーっと流して最後に自分のポイントを5つ上げます。「カリベトシオとは?」みたいな感じです。曲がったことは大嫌い、とかそうゆうのです。で、最後の5番目に「ロータリアン」とゆうことでオチをつけます。ロータリアンとはロータリークラブの会員のことを言うので、私のスピーチを聞くロータリアンの皆さんはこれを聞いて盛り上がるわけです。「カリベトシオとは?=ロータリアン」、はい、たしかに。間違ったことは言っておりません。実際に会場は盛り上がりました。ここまでが第一部。

第二部は、「ロータリアン カリベトシオは何故ロータリアンになったのか?」とゆう流れで、それを解くには「カリベトシオはそもそも何故タイに来たのか?」とゆう話の持っていき方です。

ビジネスチャンスなのか、タイ女性なのか、物価が安いからなのか、タイ料理が美味しいからなのか、はたまたサバーイサバーイなのだからか。どれもハマりそうですが私は「タイ人が好きだから」とゆう事で「私のタイ人が好きなポイント」を10コ挙げました。

ここからがスピーチの締めです。

こんな大好きなタイ人に今まで私は9年間、助けられてきました。だから、私はロータリークラブの活動を通じて、タイに恩返ししたい。それが私がロータリアンになった理由です。今度は私の番です。

たぶん9割くらいは伝えられたかな。









最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年5月12日木曜日

ワイフのアカ族友人の屋台が大反響の件

ソンクラーンだからとゆうのもあるかもだけど、ワイフのアカ族友人のパッタイ屋台が大反響しています。


てか、場所がいい。

バンコク一とも言える歓楽通り・パッポンの入口付近。豚骨火山のラーメン屋の目の前に位置するところなんです。


ラーメン屋の目の前はロフトになっていて、いい感じにここで立ち食いもできます☆


オープン日とゆうこともあって友達価格、とゆうか無料の上に大盛りにしてくれたこちらのパッタイ、超絶美味しい!玉子がホクホクしていい感じ♪

パッポンに行ったら食べてやってください、オススメです☆



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年5月9日月曜日

タイ最後の秘境、リペ島をマスターしてみた件 ~リペ島マスター編~

ビーチを制するものは島を制す

とゆうことでリペ島をマスターするにまずビーチを抑えて見ましょう。

リペ島には以下3つのビーチがあります。


■パタヤビーチ


一番賑やかでリペ島の主要ビーチと言っていいでしょう。またリペ島唯一の繁華通りウォーキングストリートと直結しています。

■サンライズビーチ


一番オススメのビーチ。パタヤビーチと違ってビーチ沿いに並ぶのはホテルのみ。よってビーチにはホテル利用客しかいないのでプライベートビーチみたく味わえる。

■サンセットビーチ
ごめんなさい、今回は行く機会がありませんでした。が、地元の人曰くサンライズビーチと同じく静かで綺麗、夕日を見るにはここでどうぞ。リペ島の中で一番小さいビーチ。


リペ島には学校もあります。

舗装された道はない、ガソリンもないのでバイクも車もない、ので移動手段は徒歩のみ、とどこぞのブログで書かれていたものの、


舗装された道路はあるわ、バイクは走ってるわ、車も走ってるわ、で思ったより都会。


リペ島の一風景。なんか綺麗だったので。


リペ島の一風景。なんか踊ってたので。


この島ではボートがタクシーだったりする。


うわ!この風景、ネットで見たアレだ!


海はキレイなんだけど、


青空だったらもっと綺麗なんだろーなーと思う。


物資はこの様に運ばれてくる。


リペ島随一の歓楽通り、ウォーキングストリートにやってきたー


リペ島にもセブンイレブン有。


リペ島のセブンイレブンに日本のおもちゃ有り。さすがはリペ島、内陸では通常7バーツの水が18バーツ、通常40バーツのアイスが75バーツしました。


リペ島のレストラン風景。このおばちゃんが寝ながらスタッフに指示出してました、暑いからねー


物資がセブンイレブンに導入される場面。


その2。


リペ島のタクシーはボートタクシーの他にもこのタイプのタクシーがあります。ちなみに、ウォーキングストリートからサンライズビーチまで一人50バーツ。


以上、リペ島レポートでしたが、リペ島はただでさえ小さい上に、人が行き来できるのはそのさらに一部分なのですぐにマスター出来ちゃいます。


また、バンコクから遠すぎるためか、これだけ綺麗なのにも関わらず、観光客がまだまだ少ないので、今のうちに遊びに来るのもいいかも知れません。本記事がどなたかの参考になれば幸いです。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年5月8日日曜日

[YAMATO] 第二回青空集会開催!それでも私がYAMATOを開催する理由

本日は第二回青空集会の日。の状況結果がこちら。


参加者0人。いや、画像に写ってるのは参加者ではなくて残念ながら集合場所であるHONDAのスタッフの人のお店オープン待ちの図。

そんな時間に行ったもんだから、HONDAの人に「今日はなんの御用で?」とか「サワディカー」と次々にやって来るHONDAスタッフに挨拶。やっぱり朝の挨拶は格別に気持ちがいいですね。

前回も0人、今回も0人、「ちょっとやり方考えた方がいいんじゃないの?」とゆう声が聞こえて来ます。てか、「そんなんで100人集まるわけないじゃん」てな感じでもあります。

ビジネスなら早急に修正転換を加えるところですが、そうでもないんでまぁ、気長にやってみます。


てか、次々に御用聞きに来るHONDAスタッフの人が「中で待っててもいいよ」ともてなしがすごいので中で待つの図。

なお、「100人集めてパタヤに行く事」だけが必ずしも目的ではなく、これをやる事を通した出逢いなんかも何事にも変えられない恩恵です。しかも、それは実は既に恵まれているのです。第一回目の記事を見て連絡下さったバンコク旧車会の方がいて、ツーリング仲間に加えてもらうことになりました。この出逢いも、僕がこれをやっていなければこれからもずっと出逢えなかったかもしれない。また[YAMATO]のMeetupでは、参加こそまだないけれど、メンバーは9人集まってます。

YAMATOではない別の話だけれども、こんなことを言われた事があります。

「イメージがあるからなぁ。失敗した時にその印象が周りの人に残っちゃう」

これはビジネスにおける先輩に言われたのだけれど、要は新しい事業を起こしたら成功させなければならない。新しい事業を起こしては失敗、また失敗と続くと誰も協力してくれなくなる。とゆうことです。正論です。実際にこの方は7,8個の会社の経営者であり、実際にすごいと思える大先輩なのだけれども、正直、自分とはやり方が違うかなぁと思っています。

おそらくこの話になると2種類の「やり方」があって、この方のやり方は「勝つ算段をつけてからやれば、必ず勝つ」というもの。今の世は戦国時代じゃないんだから負けても死ぬわけではないけれど、ビジネスの世界を本気で捉えるのなら、信用を失くせば死んだも同然、ビジネスの世界はそんなに甘いもんじゃないので、正論過ぎるほど正論で、僕も経験を積んでもうちょっと賢くなったらこのやり方をするのかも知れません。

ただ、少なくとも今は「勝つ算段」をつけられるほど賢くないし、そもそも自分は「走りながら考えるタイプ」なのだと思う。失敗してもくよくよせずにそこから学ぼうとして、その時にはすでに次のやり方を考えているタイプの人間だと思う。それに、失敗を失敗と思っていない、というか、今まで失敗の連続で失敗から起こる羞恥心がもはやないというか、失敗を隠すとかが自分に嘘をついているようで苦手というのもありますし、とにかくうまくいかなかったとしても、それも間違いなくカリベトシオの姿なので、ただそれだけの話なのです。それに、YAMATOはビジネスでやっているわけでもないですし。そんな理由でYAMATOを気ままに開催しています。

100人集めよう、という企画なので取り急ぎ100回まではやろうと思っています。月に1回ペースで企画していくと8年以上かかるなぁ。。


「バンコクで100人集めて、パタヤ行こう!」の企画はこちらから!




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年5月7日土曜日

タイ最後の秘境、リペ島をマスターしてみた件 ~行き方編その2~

こちらで、スピードボートのチェックインをするらしい。

ここもやっぱりイスラムの人達。

今度は4番GATEで11時半まで待つように指示されましたが、係員のおっちゃんが「まだ乗れるだろ!?」とか、正に今出発しようとしているボートに言い聞かせてくれ、早い便に乗せてくれました。


こちらがアンダマン海。


こちらがその早い便。

リペ島までは途中、二つの島に立ち寄ります。




タルタオ島。リペ島ってのはタルタオ海洋国立公園の島群の一つの島なんですが、要は島群のボス的存在の島なわけです。


続いてKoh Khai。英語ではEgg Island。なんでもここの一風景がタイ人には有名な様子で、みんな写真撮ってました。


そして三番目に見えてくるこの島が、ついに、リペ島!


そうそう、このボート、ネットで見るやつだー


このボートに揺れてまずは私達のホテルのあるサンライズビーチへ。


水はすっげーきれい。


さすがはアンダマン海のモルディブ。


とゆうわけで、バンコクの家を出発して9時間、やっとリペ島に到着しました。

続いては ~リペ島マスター編~ をお届けします。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年5月4日水曜日

[Silom RC] 6回目の定例会

今日はついに、ロータリークラブ入会の日。当日も含め、「5月4日は忘れずに来てね」という確認の連絡が3回くらいありました。定例会のプログラムにきちんと「入会式」というのを組んでもらっているので、これを狂わすわけにはいかないのですね。


ロータリークラブの手引きとお花、ロータリーバッジの贈呈がありました。

思えば社会人になって初めての職であった17年前 ホテルマン時代にロータリークラブという存在を知り(RCの定例会の会場がそのホテルで開かれていた)、9年前くらいにローターアクトクラブに入会、その頃はまさか自分がロータリアンになる事など想像もしていませんでしたが、17年越しに本日2016年5月4日、


晴れてロータリアンとなりました。


このバッジ、やっぱりアクトのバッジより重みがあるなぁ。これより益々精進して参ります。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

やっちゃった


やっちゃった。。

特に寝ぼけていたわけでもなく、ボーっとしていたわけでもなく、急いでいたわけでもなく、後続車もいないし他に気をつけていたわけでもないのに、左折時に柱にぶつけてしまった。

今でもなんでぶつけたのかよく解らない。老化現象としか言いようがない。感覚が鈍ってるんだよなー、なんか。

バンコクでこの手の修理、いくらかかるのか!?後日に検証結果をアップしたいと思います☆




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ最後の秘境、リペ島をマスターしてみた件 ~行き方編~

バンコクからリペ島まではいくつか行き方がある様ですが、場所が場所だけに、行き方は王道のAir AsiaやNok Airに限られてくるでしょう。

私はAir Asiaのポイント制度を利用しているので迷わずAir Asiaルートで。いずれにしてもリペ島まではジョイントチケット、つまり、飛行機でHad Yaiまで行き、そこからパクバラ港まではロットゥー(車)、そこからリペ島まではスピードボートで、というセットのチケットなのです。さすがバンコクから最も遠い島群の一つ、リペ島です。秘境だからこそ、そんなに簡単に早く行けるものではない様です。

さて私達は朝6時半のフライトで13時にリペ島に着くスケジュールです、とゆうことで、


朝5時にドンムアン空港に到着。


9時には予定通りHad Yaiに到着しました。ところで、タイでも正式に在留届けを出していれば在タイ日本大使館よりお知らせが届くのですが、一部を引用してみます。

今期、タイ深南部(ヤラー県、パッタニー県、ナラティワート県、ソンクラー県)では、イスラム武装勢力が関係すると思われる銃器、爆発物を使用したテロが、月平均約27件発生しております。
深南部のテロ発生状況は、月平均発生件数は、第3四半期とほぼ同じですが、3月中40件以上の爆発銃撃事件が発生しています。
ヤラー県、パッタニー県、ナラティワート県、ソンクラー県の一部(ジャナ、テーパー、サバヨーイ各郡)については、外務省より危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が出されていることから、これらの地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。

Had Yaiはここではソンクラー県にあたるわけですがここ途中地点でのハジャイでも爆発事件は起きているようなので、安全を期するのなら、この王道ルートは、とゆうかリペ島自体はしばらくの間止めておいた方がいいかも知れません。

飛行機を降りたものの、どこへいけばいいんだ!?と空港を出て周りを見渡してみると、なんだかそれっぽい人を発見。


聞いてみると、


やっぱりそうだった!


嬰児が宿ったワイフが優先席に座ろうとするも中国人がすぐ横でタバコを吸うので、初めて優先席利用者側の気持ちを身をもって知りながら、


さっきのおっちゃんが指定する8番出口で待っていると、


ロットゥーきました。ちゃんとAir Asiaのロゴ入ってるし、安心して乗り込みます。


ロットゥーでは2時間くらいですが、さすがソンクラー県ともなるとヒジャブをかぶってる人が多い、てかほとんどのようにも見えます。タイの違う世界観を垣間見るようで2時間とゆうのもあっとゆう間。

ま、車間距離を空けないので事故と隣り合わせになることは言うまでもありません。


で、パクバラ港に到着!

続きは ~行き方編その2~ でお届けします。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング