2016年7月30日土曜日

タイでCB1100EXにオーリンズサス特注をインストールしてみた

サスペンションの王様、オーリンズ。王様を自分のCBに導入しようと決めてから情報を集めたところ、タイではアマタの方にÖhlins Asiaという会社があり、タイではここが管轄しているらしいことを知る。

しかし、なんか面倒なので日本のオーリンズにまず問い合わせてみました。とゆうのも、CB1100とゆうのは同じ1100でもいくつかモデルがあって、タイ人に依頼してそこら辺をいつものノリでいい加減に勘違いされて、違うモデル用のものを掴まされて購入した後に「型が違うので取り付けできません」とかゆうオチはご免こうむりたいからです。

で、日本のオーリンズに聞いてみると、自分のCBに取り付けできるのはHO010とHO011という品番のサスが取り付け可能という回答でした。すごいな、なんで日本人の回答とゆうだけでこんなに言葉に重みがあるのでしょう。僕はタイ人の事は大好きで、別に悪気があって言うものでもありませんが、この重みに比べるとタイ人の口にすることってすげー軽い(一般論です)。

上の2つは黒とクロームと色が違うだけで共にタンク付のタイプではありません。えってなりましてね。400FOUR時代にはマルゾッキ仕様だった自分としては、やはりサスを変えるならタンク付がいい、と思っていたんですがCB1100EXにタンク付サスはどうやら取り付け不可の模様です。ネットで見ているとタンク付サスを無理やり装着している人を見かけられますが、なんかメットホルダーかなんかが機能しなくなるほどに強引な取り付けとなるようで、強引にやったとしてもタンクの向きが逆なんです。ふつう、タンクは後方に位置するものですがそれが前方に来ちゃうんです。自分的センスには絶対的にマッチしませんのでタンク付はなくなりました。

で、次に気になるのがカラーです、カラー。オーリンズと言えばあの鮮やかなイエローカラーです。タンク付は譲ってもこのカラーはマストです。このマストカラーが、ないんです、オーリンズ日本の回答には。そこで「黒やクロームじゃ嫌だ!」と言うと、特注でイエロースプリングにすることも可能です、との事。な~んだ、意外とあっさり。その場合はこのイエロースプリングを別に購入して、組み替える必要がある模様です。

で、最も肝心なことにオーリンズ日本で購入したサスは国外持ち出し禁止らしいのです。聞けばその国々の気候や環境に合わせてオーリンズサスというのは微調整を行っているらしく、オーリンズサスを最も良いコンディションでユーザーには使ってもらいたいというオーリンズの方針らしいのです。なんだオーリンズ、すげーかっこいいじゃんか。

で、タイのオーリンズ、Öhlins Asiaで購入することになったんですが、アマタまで行くのはちょっと時間もかかるし、おまけに土日休みと言う。そこでオンヌットにあるオーリンズ認定ショップに行ってみると、想定通りの回答が返ってきました。

オーリンズ日本の回答するHO010とHO011に加えてタンク付も自分のCBには取り付けできると言う。そんなはずはない、それが本当ならオーリンズ日本の言っていることは間違っていることになります。タイ人の言うことが合っていて、日本人の言うことが間違っているとは・・・、うん、どうしても、どう考えなおしても現実的ではないな、と思い、となるとそんな適当な回答をお客様に案内する店はちょっと信用できないな、となり今一度Öhlins Asiaに問い合わせ。

何故こんなにも疑い深くなっているかと言うと、以前コンド購入時に痛い目にあっているからです。(詳しくは[消費者センターで勝訴して68,300バーツが返金された件]をご覧ください)結果的にあの時はおかげさまでもの凄い勉強になったのでいいんですが、取り付け不可能なものを購入してもしょうがない。そんな旨を伝えるとÖhlins Asia担当者は例のオンヌット認定ショップのメカニック責任者○○に、購入前に長さその他を確認してもらうといいと紹介をしてくれました。いずれにしてもÖhlins Asiaでは販売はしても取り付け作業まではしていないとのこと。そうしてそのメカニック責任者を訪ねて取り付け可能だとお墨付きをもらい発注、それが1か月越しに到着してやっとインストールできました、という経緯がありました。


ノーマルサスが外され中。



そして、付きました、王様。



なかなかいい感じに仕上がりました☆




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月28日木曜日

久しぶりにおもしろい人と出逢いました

バンコク生まれで日本育ちでアメリカ留学、その後タイに移住してチュラ大(タイの東大と言われる)にてMBA取得、と絵に書いたような経歴の台湾人との出逢い。物腰低く、礼儀あり、話していてとてもスマート――。

あまり特定の人の事は書かないようにしていますが(読まれると気恥ずかしいので)、久々に良き出逢いでした。相田みつをの言葉で

人の世の幸 不幸は人と人が出逢うことからはじまる
よき出逢いを

という言葉がありますが、今日の出逢いが継続的且つ建設的なものになれば嬉しく思います。

同時に感じたことは、今、たしかにある分野ではもの凄いエネルギーがうごめいていて、すごいおもしろくなってきてるということ。時勢といいますか。

人が老人になった時に7割が後悔することが「あの時もっとチャレンジしておけばよかった」という記事をどこかで見ましたが、そんなことにならないようにやっていく次第です。

それにしても、地球は回るものだ。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月26日火曜日

生命保険に入りました

保険の人生なんてご免だと思ってきた私ですが、ひょんなことから生命保険に入ってみました。会社はアメリカ企業であれどタイで一番の実績を持つAIA、担当者は同じSilom RCの仲間で信用度としては申し分ないレベル。

今回の決め手は所謂かけ捨てタイプのものではなく貯蓄型の保険だったからです。要は30年後には利子がついて返ってくる内容で、その利子も銀行に預けていることより大きかったので決めてみました。

その他の保険は十分な説明を受けましたがどうしても私のやり方には受け入れられませんでした。端的に言うと、保険に支払う金額を事業にそのままかけた方が効率がいいと思うからです。何か自分の身に起こった時に保険より支払われる金額より、自分が事業に回して生み出す金額の方が大きいと見込めるから、・・・とかなり生意気なことのように聞こえますが、本当にそう思っているからしょうがない。そもそも、保険の話なんて結果論で何が本当に正しいかなんて誰にも解らず、そうだとしても人それぞれでしょうし。

でも、健康診断くらいはします、こんな私でも。今週末に行きます。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月25日月曜日

airbnbのいいところを一つあげよう

airbnbのいいところを一つあげよう。それは電話サポートがしっかりとしているところだ。

私は大のGoogle好きなんですが、困るのは何か困った時に気軽に電話ができないところ。いや、Googleにも電話サポートはあるにはあるんです(サービスによるかも?)。でも、タイ在住だからか日本語のサポートはなかなかなかったり、とにかくスパッと電話番号が出てこないことが多い。まず困った時に出てくるのは膨大なヘルプページ。或いはメールで問い合わせても該当するヘルプページを案内されて、いつも脱線してしまうとゆうね。ヘルプページって無数の情報が出てくるんで、追いつかないんですよね。ヘルプページのガイドラインに沿って進んでも途中でその通りに進まないことが多い。まぁ、これは私の理解能力の問題でもあるのは解ってるんですが、とにかくあれだけの大企業なのだから電話サポートの充実くらい屁でもないはず。。

その点airbnbはスパッと電話サポートが出てきます。タイからでも電話できます。企業によっては日本国内で架電可能なフリーダイヤルしか用意がないところもありますからね。なのでこれがものすごくありがたいのです。

airbnbキャンペーンの一環で煙・一酸化炭素探知器を無料でもらえることになったんですが、4~6週間ほどかかるとの事でした。が、それが6週間経ってもステータスが「まだ準備中です」の表示から一回も変わらない。こちとらairbnbの出張対応リスティングにするためにソレ待ちなので待ちに待ってるんですが、、それで電話サポートに電話したところ、お調べして折り返しますとの事で30分後くらいにタイまで電話報告をしてくれました。海外まで電話してきてくれるところも嬉しいサービスですね☆

結局、煙・一酸化炭素探知器は思ったより時間がかかっているらしく、あと2週間ほどお待ちください、との事でした。あと2週間、待ちましょう。




>>> コンセプトは "タイに暮らす"



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月23日土曜日

[8th/9th/10th Guests] まとめ

物理的に追いつかないので一気にいきます笑


8th Guest

8組目のゲストはスイスからお越しでした。で、先日予約があってから数日後に黒人の女性よりWhatsAppのアプリを通じて連絡がありました。このスイスから来るというゲストの彼女だと名乗るのです。まぁ、空港からMALEE'S HOMEまでの行き方を聞かれただけなのでWEBサイトを案内しておいたのです。

で、実際にスイス人は1人で到着。あれ、彼女は?となって発覚したのは彼女は別便で明日到着するとのこと。なんと、男性はスイスから、彼女はケニアからそれぞれ別便で来てタイで待ち合わせ、とゆうかMALEE'S HOME待ち合わせ、的な。しかもどちらもアジアは初めてだといいます。彼女に至っては海外に出るのが初めてらしく、なかなかおもしろいゲストでした。

で、明日はちゃんと(彼女は)ここまで来れるかな?とか心配しながらブツブツ言ってるんで、そこは迎えに行ってあげて!と少しツッコミ気味に言っておきました笑。私の忠告通り翌日はこちらのスイス人ゲスト、空港まで彼女を迎えに行ったんですが結局うまく空港で落ち合うことができず、その後別々にMALEE'S HOMEにやってきました。その間、双方から私に何度も連絡があってかなりもどかしい板挟みになったことは言うまでもありません。まぁ、旅の醍醐味はこうしたハプニングがあるからおもしろいんですよね。だって、こうしたハプニングがあればこそ、再会できた時の感動は大きいでしょうに。

彼らカップルの予約ははじめ1週間、その後MALEE'S HOMEを気に入ってもらえたらしく2泊延長して結局10日ほど滞在してもらえたのですが、さすがに1週間以上滞在されると、部屋をきれいに使う人、そうではない人の差が歴然としてくるものが解ってきました。今回は残念ながらお世辞にもきれいとは言えず、残念ながらバスタオル等は洗濯しても汚れが落ちず使い物にならず、処分せざるを得ないものもありました。。ま、これはしょうがないことです、想定内、想定内。

一つ反省点があったのは、「タイのローカルトイレはトイレットペーパーを便器に流さないでくださいルール」をそう言えば説明してなかったこと。これで一回トイレが詰まりました。そうなんです、タイの下水道事情は日本やその他先進国のソレとは違っていて、要はすぐ詰まるんです。近年建てられているコンドや新しい施設は別ですが、MALEE'S HOMEのようなバンコクの都心に位置するエリアでも建物が古いとローカルルールに従って生きるしかなく、それを私にとっては当たり前すぎて忘れてしまっていました。毎回詰まるというものでもありませんが、蓄積されていくイメージですか。ゲストは構いませんが、蓄積される側にあるホストの立場としては困りものです。よくローカルレストランのトイレに「トイレットペーパー流したら罰金1000バーツ!」と貼り紙がしてあるのはその為です。

また、今までゲストと記念撮影をしていたんですが、これも取りやめます。LOVE AFFAIRな雰囲気がぷんぷんしますし。それにしてもLOVE AFFAIRにMALEE'S HOMEが利用されるということは名誉なことです。


9th Guest

9組目のゲストはシカゴから。チェックイン直前にちょうど日本から来ていた友人ファミリーを空港までお見送りに行って、その足でMALEE'S HOMEに戻ってきたんですが、その友人奥さんがシカゴと日本人のハーフで、かくかくしかじかなのよーという会話をしながらチェックイン。その後帰宅途中に「エアコンが効かない!」なんて言うもんですから、急ぎバックして戻ったところただ接触が悪かっただけというだけの話以外は何事もなく翌日には出発されました。


10th Guest

記念すべき10組目のゲストはドイツの美人ゲスト。でも、結局会えず終い。というのもこの数日前から上にもありました友人も含めると三連チャンでこのairbnbとは別にゲストが来ていて、且つ連日テキーラ漬け状態だったので結局私自身は会うことが叶いませんでした。それでも連絡は常にやり取りしていてその対応も非常にスマートだったので、また今まで一度は必ずゲストには会ってSay Helloの挨拶はしていたんですがそれができなくて残念無念。


・・・と思いつつも、これははじめ投資目的で始めたairbnbが思いもよらず楽しくて、これはおそらく18年前にサービスの頂点を志してサービスを追求していたホテルマン時代の血が騒ぎだして、airbnbのホストを楽しんでいるからで、いつまでも楽しいからといって自身が動いていては次のステップにいけず本末転倒なので、ここら辺のバランスも考え直していく次第であります。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月22日金曜日

[メルセデスW115あるある] どっちが先?

メルセデスW115あるあるとして自信あるんですが、


こちら。

どっちが先かな~っていつも思う。

タイの駐車場ならではの話かどうかは知りませんけど、少なくともバンコクでは危ない話です。つまり、車止めのブロックが後ろ過ぎてブロックより先に壁に車のケツがぶつかる事があり得ます。バンコクでの駐車はお気をつけてください!







最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月14日木曜日

ワイフの料理の醍醐味はライススープこそと知る

ワイフの快進撃が止まらない。

マジで旨いっす。で、最近に気づいたのが、彼女の料理の醍醐味はライススープで締めることだと知りました。別に大河の真田丸の高嶋氏演じる北条の汁めしを見てその影響で、というわけではなく、アカ族はよく汁をごはんにぶっかけて食べていたのである日それをマネしてみたら、もうやばい。

いや、はじめからぶっかけるわけではなく、あくまで締めでの話です。つまり、はじめは日本の普通の食卓のようにメインディッシュをおかずにして白めしをいただき、たまにスープをいただく、という流れなんですが、


ご飯がこれくらいになると、




こうしたスープを、




ぶっかける。

これが、めちゃめちゃ旨いんです。ワイフのスープはほぼ創作ですから、毎日のように違うスープが出てきます。だから、毎日がなんか新鮮なんですよね。「またこのスープ?」てのが、ない。こうなると朝の味噌汁なんかも上記と同じようにぶっかける習慣になっています。

これって、日本でも別に大して特別な食べ方ではないと思うけど、毎回やるような“習慣”として定着するまでは至ってないですよね?すでに完全にそれが習慣となってしまった私は、「何で日本では皆やらないんだろう?」と思うのと同時に、こんな部分でも日本人離れしていっているんだなぁ、となるのでした。

私はもうコレ、一生止められません。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月13日水曜日

[メルセデス修理物語] ブレーキが効かなくなった!

今に始まったことではないんですけど、購入した時からどうもブレーキの効きが悪いなぁなんて思ってたんですよね。いや、通常のブレーキは問題ないんですが、例えばデパートの大型駐車場なんかでよくある螺旋状の坂道でのブレーキ。

タイ在住の方ならすぐ解ると思うんですが、あの螺旋状の坂道でよく渋滞するじゃないですか。そんな時ってブレーキ踏みっぱなしの状態になるじゃないですか。そんな時、10秒もブレーキ踏んでいると、手前で止まっていたペダルが奥までス~っと踏み込んでいっちゃって、それと共にブレーキが開放されていき、車体も重力によって下に進んじゃうんですよね。

もちろん、すんげー危ないスよ。でも、すかさずブレーキを踏みなおせばまた10秒くらいは踏ん張れるんです。クラシックだからこんなものかなと思い、だから坂道で渋滞がある、もしくは予想される場合は必要以上に車間間隔を空けていました。それで1年半、事故もなく来たんですけど。

それもついにキタ。ブレーキが手前ですら止まらなくなりました。はじめは何度かに一回、それが2回に一回、とすぐなり、ついには毎回ほぼほぼ効かない状態に。バイクのブレーキ効かないのは慣れっこですが(前後のブレーキが同じタイミングでおかしくなることはまずないですし、地に足も着きますし)車でブレーキ効かないのはかなりやっかいですよ。エンジンブレーキのみですからね。


今回もこれらの部品を総取替えしました。ブレーキはもちろん、アクセルやクラッチの踏み心地も変わっていたのでその辺のやつの部品総取替えをしたのだと思います。また、サイドブレーキも今まで怪しかったのが、今回はちゃんと効くようにしてくれました。


今回の修理代はこちら。

前回、カギをスペアキーごと中に入れたままロックしてしまった際、ドアを強引に開けた時にキズついた部分を塗装した分(1,000B)も含まれています。それにしても今回も月曜日に車持っていって水曜日にはあげてくれる。古い車なのでパーツはあんまりないはずなのによくもまぁ、どこでパーツは見つけて来るのか、いつも速攻で治してくれます。いつもながらに、この修理工には感心いたします☆





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月12日火曜日

タイの洗車は60バーツでここまでやってくれるからいい。

タイは現在、雨季真っ只中、と言った感じでほぼ毎日雨が降っています。中途半端に降らずに思いっきり降ってくれるので、そういったタイミングに車で外出するといい感じで洗車されるんですが、先日のパンク事件の時に同時に発生したカギを車の中に忘れてしまった事件の時に(詳しくは[メルセデス修理物語] タイヤがパンクした!をご覧ください)窓ガラスやらに修理工やら自分の指紋がべったり付いてたものですから、


洗車にきました。

タイではガソリンスタンドに洗車屋さんが併設されているところがあり、私のいきつけでもあるここの洗車屋さんはなんと60バーツ。今年は水不足が深刻なタイ東北地方であるイサーンの皆さんには申し訳ないと思うくらい水を惜しみなく使い、ごしごしを洗ってくれます。この間、ドライバーは車内にいるだけです。ごしごしの泡をまた惜しみない水で完璧に洗い流したところで、


別の拭き掃除場所に移動。なんだかシャワーから出てきた気分です。
で、ここで拭きふき担当の人が拭いてくれるのを待機場からこうして見守るわけです。丹念に拭きふきしてくれます。中のシートもパンパンしてくれます。タイヤにはワックスを塗ってくれます。


これで60バーツは安いなぁ。タイの日常風景からでした。





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月11日月曜日

[7th Guest] 日本語が堪能な中国レディース

7組目のゲストは21時に空港到着、結局MALEE'S HOMEに到着したのは23時過ぎでした。まぁそれまでお待ちしていたのですが、嬉しいことにその事をレビューで書いてくれたので、そうした地道なおもてなしが少しずつ形になっているようです。

チェックインして早々、「日本人ですか?」と日本語で聞かれ、二人とも日本語が堪能なことに驚きました。なんでも日本のアニメや漫画が好きみたいで独学で勉強したそうです。ネイティブとは言えないけれど、日常会話は何不自由ないレベルで、チェックインのご案内もすべて日本語でできて楽でした。

今回の旅行期間は1か月で、これからアユタヤ、スコータイと周ってチェンマイにいる友人に逢いにいく様子でした。必死にタイ語の発音を教えてあげて、またチェックアウト時には荷物も大きくてかわいそうだったので駅まで送っていってあげました、ちょうど車で来ていたので。


今回のゲストも部屋はきれいに使ってもらい、つくづくMALEE'S HOMEのゲストはいい人ばかりだなぁと実感。ちなみに私は予約を受け付ける時にairbnbの設ける何の審査も省いて即座に予約受付となる機能を使用していますが、それでも全く問題ありません。

そもそも、ホテル業界にはUGという業界用語があり、つまりundesirable guest、これは好ましからざる客を意味するもの、解りやすく言えばブラックリストです。これはホテル内で保有しているものから業界で流通しているものまであるんですが、そこら辺はairbnbにおいてはシェアリングエコノミーのスタイルということではじめからリスクマネジメントは取られていると思っての判断です。

まぁとにかくやってみないと解らないので、これからもairbnbは仕掛けていこうと思います。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月8日金曜日

Googleより毎月$10,000助成されてついに広告始動!


先日も少し触れましたようにNPO法人日本PRはGoogleより毎月$10,000の広告費を助成されることになりましたが、なんせここまで取り付けるのに日本まで行って都庁と法務局行ったりきたりして役員の皆さんのハンコをもらって、度重なる修正を超えて且つまた別の方にお願いして謄本を取得→都庁に郵送、申請するのに他2つの国内団体に登録して・・・だとかのいくつもの事務手続きを終えてやっと今、



広告に出ているのを見て、やっとのことだと想いにふけるのでありました。

・・・でもね、そんなのも束の間、ほんの数十秒のこと。無料で広告を出すことがゴールではなく、やっとスタートさせることができた段階なので。次いきます、次!パリっといきます、ぱりっと!




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月7日木曜日

[6th Guest] カルフォルニアのレディがMALEE'S HOMEに泊まりにきた

6組目のゲストはなんとカルフォルニアからのご来タイ。サワディカ~は解るんですけど、最後にチョークディー(โชคดี/good luck)と言われた時はどきっとしました。タイ初めてなのに、やっぱり現地の言葉、挨拶を勉強してくれるのはありがたいですね。って、もはやタイ人になった感覚でいます。

6組目にして今までで最長の10泊。特に何事もなく満足してもらえたようです。一つ反省点としては、彼女達はベジタリアンとのことで、ベジタリアン向けのレストランなどが案内できなかったこと、近くの青空市場くらいしか知識がなかった。。時間が追いついていなく、まだ調べられていませんが、ベジタリアン向けの案内もできるように準備しときます。


2組目のテキサスのカップルとは違って、部屋はそれなりに散らかってました。まぁ10日間もいたらこんなもんかな、と思う程度なんですが、クッキーの欠片が色んなところに落ちているところとか(笑)、ガラステーブルの内側のどうやったらこの隙間に付くのか?ってところにジャムが付いてたりとか(笑)、なんかアメリカ人の大胆でお茶目な性格を垣間見ているようで少し微笑んでしまいました。

現在の稼働率は以下の通り。

7月 68%
8月 81%
9月 23%

まだやれるなぁ。やれることがいくつもある。昔ホテルマン時代に我ながら本気で真のサービスとは何かを追求していただけに、やりたいことがどんどん止めどなく溢れ出てきます、まだ近隣リスティングのマーケティングもしてないってのに。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月6日水曜日

【Silom RC】12回目の例会出席

本日は年度初めの定例会。新しい会長による点鐘があり、挨拶があり、また各メンバーの役割も変わってなんか新鮮だったのと同時に、なんかローターアクト時代のことを懐かしく思えてきました。

今日のメインプログラムは占い師による卓話でした、タロット占いや手相だったり、正直全然意味わからんかったけど。。

そういえば今日はイタリア美人がきてスピーチもしていました。我がSilomではなく、パタナカーンというSukhumvitの方ですね。ロータリーのひとつのプログラムである交換留学制度(Youth Exchange)の短期企画で現在1か月、イタリアから迎え入れているのがそのイタリア美人でした。で、1か月が終わってイタリア美人が帰国すると、今度はタイからイタリアに1か月行くという流れ。タイミングを逃して聞きそびれたけれど(もしくは自分が聞き逃したか)、たしかお互いの家にホームステイしているのだったと思います。

このRotary Youth Exchange制度は短期の他に1年だとかの長期verもあるみたいです。そういえば日本のRAC時代に私の年度の直前会長がRotaryの奨学金制度で無料でハワイの大学に行っていたなぁ。Rotaryの制度は色んなものがあってまだ全然把握してないけど、社会的意義があることはやっぱり感じます。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月5日火曜日

airbnbでホストが予約変更した場合のペナルティ

"ホストが予約キャンセルをした際のペナルティ"
ではなく、
"ホストが予約変更をした際のペナルティ"
に関してネット上ではうまく回答が得られなかったのでここに記録しておきます。


ドイツのゲストより3泊の予約が入り、予約が確定した直後に、

「間違えた!3泊じゃなくて2泊だった!予約変更させてもらっていい?」

との連絡がありました。airbnbではホスト側が予約キャンセルするとたしかペナルティがあったな~と思いつつ、

「2泊の予約に変更は今からでも承りますよ」

との旨返信すると、

「もうconfirmationしちゃったんでこちらからは予約変更できない!」

との事です。いやいやいや、いっくら予約確定後であったとしても、ゲストが予約変更できないはずがないではありませんか。ゲストによる予約確定後の予約変更のやり方をささっとググってみると即効出てきました。でも、待ってください。ここまで簡単に検索上位にヒットする内容の事にもかかわらず「できない!」と言ってきているのです。要するに「(キャンセルを自分で)やる気がない」のではないか。

だとしたら、予約変更の順序を説明したところで「解らない!」とかなって面倒くさいことになり兼ねない、強いては自分の限りある人生の中の時間をこんなことで浪費したくない!と思い、また今回は予約キャンセルではなく、お客さんの要望によって予約"変更"するだけなんだから問題ないだろうとささっとホストの管理画面より「3泊→2泊」の予約変更をしました。

具体的にはこの場合、ホストである私から「3泊→2泊」の予約変更の旨をゲストに提案する流れとなります。ゲストはこれを承諾、あるいは拒否できるわけですが、そのまま、承諾されたら無事に予約変更、拒否されたら予約変更は不可、ということになります。で、私の場合、そもそもゲストからの要望なのでもちろんのこと、私からの予約変更案は即承諾され無事に予約変更できたのですが・・・、

ゲストの要望通り無事に3泊から2泊に変更できて安心したと同時に不安になってきました。だってよくよく考えてみるとこれ、「3泊分の1泊をキャンセルした」事にはならないか。3泊が4泊になるんだったらキャンセルではなく予約変更でしかないんだろうけど、今回のような3泊が2泊になるということは、「予約変更」とも受け取れるし、1泊分を「予約キャンセル」したとも受け取れます。。

というのも、実はairbnb上で予約変更する時に文面を見ていると、この予約変更をした場合のペナルティは何々~と記載あり、続いて「先方の代理としての予約変更はしないでください」と記載があったのです。「ペナルティは何々~」の部分は自分で設定したキャンセルポリシーの内容なんですが、まだ2週間先の話ですし私の場合は今なら特にペナルティは何もないと思ってささっと予約変更提案をしてしまったんです。でも後から「先方の代理としての予約変更はしないでください」の文言が妙に気になってきましてですね。。

Googleでどう検索しても、どうしても「ホストが予約キャンセルした場合のペナルティ」情報しかヒットしない。。ということで直接airbnbに電話確認したところ、

「問題ないです」

との事。すごくキッパリと。なーんだ、心配して損した。なんでも、「予約キャンセル」と「予約変更」は全く別ものとの事。予約キャンセルとはあくまでも、予約自体をキャンセルすることで、予約内容の変更はそのまま予約変更となり、私が一瞬懸念した「1泊分のキャンセル」とはならないとの事。同時に予約変更でペナルティがどうなるということもないとの事。予約変更で相手にその提案を承諾されればそこで初めて予約変更となり、拒否されれば予約変更とはならずにただそれだけ、というシンプルなものでした。

以上、同じ状況にいる方のために参考になりましたら幸いです。



>>> コンセプトは "タイに暮らす"




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月4日月曜日

タイ旧車会でバンセンツーリング


来ました、バンセン。



バンセン港。



バンセン猿山。

旧車会と言っても僕だけ現行車。。新人で一番年下でどうしたって恐縮してしまうんですけど、皆さんそんな事をおくびにも出さずに仲良くしてくださいます。

せめてカスタムは旧車チックにするぞ!




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年7月1日金曜日

シラチャ視察にまた行ってきました件

日本人が集まる街、シラチャ視察に行って参りました。実のところ、ほぼほぼ物件は決まっているのですが、シラチャの街にまだまだ土地鑑もないので時間を見つけてきたわけです。


まずはJ-PARK。シラチャの日本人村みたいなところですね。



なんと、どれだけお世話になったことが解らない牛野家があるではないですか!昔、吉野家もすき家もなかった10年以上も前の話ですが、美味しい牛丼だけが食べれないのがストレスだった下積み時代、こちらの牛野家の登場で超食べにいったんです。。そんな思いでの牛野家。



なるほど、なんか日本っぽい。



60バーツ均一のダイソーがありーの、



なんか落ち着く雰囲気、



外国人が作った「日本」、そんな感じが




いたします。



どんなメリットがあるのか。



と、お遊びはここら辺にて、
日本人に人気のサービスアパートにやって参りました。



駐車したら電気自動車で笑顔でお迎えに来てくれました。至るところにスタッフがいて無線トランシーバーで連絡を取り合っているんですよね。気持ちの良いサービスです。

こちらはタイ企業がやっている家族向けのサービスアパートなんですが、シラチャ中心部により近く、ロケーションもいいところです。ロビンソンまで車で5分、J-PARKや日本人学校までは10分弱といったところでしょうか。





続いてこちらは現地財閥のサハグループと日本の東急がジョイントベンチャーでやっているという同じく家族向けハウス、というかエリア。日本人学校の真ん前にどーんと広がる



HarmoniQ。



周りを見ると子供が遊んでいて感じたのが、「あ、ここなら安心だな」ということです。ここは素晴らしい、自分が家族連れならこうゆうところに住むな、と直感するようなところ。



タイで言うとタウンハウス、日本で言うところのメゾネットタイプのお家は中に入ると「普通の一軒家」です。しかも、同社がこだわる「日本品質」の空間が至るところに見受けられました。なんというか、日本の一軒家なんです。



それは例えば、タイの壁は通常ベタ塗りなのに対しここは日本で使われるような壁紙、壁紙があることによって必要な足元の



これ。



後は細かいところを言うと日本で好まれる空間、サイズだったりカラーだったりと計算されている模様。収納や納戸なんかも日本ならではのポイントが随所に見受けられました。

で、こりゃ太刀打ちできないな、と思ったのが、シラチャの日本人学校開設にはサハグループが随分と尽力したそうな。そればかりではなく、シラチャの日本人学校の周りの土地は一帯、サハグループのものらしく、順を追って言えばまず土地をゲットして、自分の土地のところに日本人学校開設を誘致、さらにはJ-PARKなんかもサハグループのものなんですね。こんなことを何十年も前から計画的にやっているのだからすごい。思わず言っちゃいましたもん、ユダヤ人みたいなやり方ですね、って。

太刀打ちできないな、と言ってもそもそもフィールドが違うんでそれはいいんですが、ともかく色んな意味で刺激になりました。このくらいはやってもらわないと、サハグループ。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング