2016年8月30日火曜日

クラウドファンディングを知れば知るほどおもしろい件

今更ながらにクラウドファンディングの魅力にハマってきています。これ、おもしろい企画だな~、と。今ざっと考えただけでも6つはこれでファンディングしたいものがあります。どれも社会的意義があるものなので、きっと賛同者がいて成立させられるとは思いますが、それも伝え方次第。それを今研究中でこの1、2ヵ月のうちに第一プロジェクトを発動します。

きっとおもしろくさせてみます。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月25日木曜日

私が昼ご飯を食べない4つの理由

私は普段ランチを食べないのだけれど、今日は久しぶりに昼間時に外回りをする用事があって外に出たところ、12時を回った辺りからわさわさと人がどこからともなく充満してきた光景を見てそうか、これが普通なのだよなぁ、と感じる一方、自分がランチを取らない理由とゆうものを考えた時、いくつか理由があったのでここで紹介することにしました。

以下、全く人様にとってはどうでもいい話にて。

■ランチをとらない理由その1 排便
私は、食べたらすぐ出ます。一日三食なら三便で、一日二食で済ませば二便で済みます。当然ですがご飯を食べるにも時間がかかりますし、うんちするにも時間がかかります。単純に、面倒なのです。これで昼間の貴重な時間を30~60分ゲットできますので、小腹スクくらいなら私は迷わず時間を選びます。

■ランチをとらない理由その2 朝食
そもそも、我が家では朝9時に朝食をがっつりとっていますので、12時くらいに特にお腹は空いてない状態です。だので、食べたいとも思わないんです。

■ランチをとらない理由その3 支配
「12時になったからご飯を食べなきゃ!」とゆうのが私にはどうも苦手でして。「定刻になったから」食べるのではなくて、私は自分が食べたい時に好きなものを食べるようなスタイルが好きです。

■ランチをとらない理由その4 集中
それから、失われる実際の時間もそうですが、集中力にも影響してくるといいますか。朝仕事モードが始まって数時間経った12時ころとゆうのはキレッキレに集中力がいい感じに高まっているんですが、それにわざわざ水を差したくないとゆうか。お腹空いてもハングリー精神は保ちたいものです。

以上、私がランチタイムに昼メシをとらない理由なんですが、別に人さまにオススメするものでもありません。一説によると昼メシを抜くと夜ご飯の摂取時に吸収力が凄くて太りやすいとも聞いたことありますし。だから別に僕はダイエットの為にやってる訳じゃないんですけど、そのような説が本当だとしたら、昼メシを抜くのはむしろダイエットを気にしてる人には逆効果とゆうことになりますし。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月22日月曜日

タイ労働省雇用局に行ってきた件

何故かと言いますと、OM●TENASHI™テストの件で日本に人材を送るエージェントのリストをゲットするため。なんでも、このエージェントは政府より承認を得ているらしい。でもって元エージェントの方より聞いたところ、少なくとも十数年も前は数社しかなかったらしい。

先日電話で聞いたところ、教えてくれたリストは100社以上あり、しかも日本限定のエージェントではなく、overseasのエージェントとの事。日本に特化したエージェントがあるはず、との旨を聞いたが「今は日本は政府が自らやってもいるから」とか言われました。ここで、ああ、そうですか、と引き下がるのはタイ初心者であって、こうゆう時は電話口の末端の人と話しているより、直接現場に行って確かめた方が良い。


とゆうことでやって来ました、タイの労働省。

お役所とゆうことで多少の障害は覚悟してましたがここ労働省はどこも対応が素晴らしかった。難なく日本向け専門のエージェント27社のリストをゲットできました。担当者まで連れて行ってくれるとゆうサービス付きでなんだかハッピーな気分になりました。overseasのエージェント138社のリストもゲットできました。

これから約100社を周ります。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月19日金曜日

タイ人のサバーイサバーイ最優先が起こす弊害

今日いつものようにメッセンジャーを仕入れに行ってもらった時のこと。

※メッセンジャーというのは日本で言うバイク便のようなもので、タイでは企業が自社用のスタッフとして雇用しているものです。要は「お使い」係であります。

仕入れ先にいったメッセンジャーから連絡があって「商品Aはあるけど商品Bは在庫がない」との事でした。

あれ、おかしいなぁと思ったのが、つい先週、私自身がそこの仕入れ先にたまたま行った時に店頭在庫として見たことを思い出したのです。たしかに、先週の話ですから今日までの間に売り切れてしまったのかも知れません。それでもその仕入れ先が店頭在庫を切らすとは考えにくいので

「おかしいなぁ、先週俺が行った時にはあったよ。ないはずはないと思うからもう一度きちんと確認してみて」

と伝えたら、たしかに電話口の向こうでもう一回聞いていて、「ない」との回答も電話越しに聞こえるのですが、結局電話では「ストックはない。この商品は取り扱わないことになった」ということで終わりました。とゆうのも、「ない」と言う人たちにいくら聞いても無駄だからです。「ない」と言う人達といくら交渉しても無駄だからです。こうした場合、聞けば聞くほど彼らは自分の自論をますます強くしますので、そんな人と話す自分の時間がもったいない。

とゆうことでメッセンジャーはそのまま次のお使いに行かして自分は自らその仕入れ先に行きました。そしたらすんなりありました。てか、いっぱいあった。

では何故、店頭在庫にそのスタッフは「ない」と言ったのでしょう。何故、ないばかりか、「その商品は取り扱わないことになった」などと言ったのでしょう?

それは、彼らタイ人がサバーイサバーイを最優先にしているからです。サバーイサバーイとは「気楽に」とか「心地よい」とか「気持ちいい」とかの意味合いなんですが、つまり彼ら達にとって「ない」と言って話を終わらせた方がサバーイサバーイなんです。だって話が終わればスマホでFB見れるし、といった感覚です。「その商品は取り扱わないことになった」と言えば目の前の客も諦めるでしょ程度の感覚でしかありません。

突き止めて言えば、彼はただその商品のことを知らなかっただけかも知れません。そうだとしても、調べずにもせずに即答で「ない」と回答する辺り、結局は調べるor確認することが面倒であり、サバーイサバーイの感覚で「ない」と口に出すわけです。

そして、それを受けるうちのメッセンジャーもまたタイ人、「あ、在庫ないの?ないんならどうしようもないね」ということでこの「仕入れる」というだけのガキの使いのようなミッションを未遂の状態で持ち帰って来るのです。何故なら、探すのも面倒ですし、彼にとってはこの状態の上で探し出しても彼の給料があがるわけでもありません。なら、ボスの「先週見たけどなぁ」などという情報は参考情報となるばかりか、サバーイサバーイの妨げにしかなりませんのでそんなのは無視して、話が今スグ完了するスタッフの「ない」という回答を推すわけであります。それで、彼にとっては大義名分ができるわけで。


ちょっと思考の回路を変えるだけでもっと仕事ができるようになって、もっと稼げるようになってもっともっと人生がサバーイサバーイになると思うんですが、もちろんサバーイサバーイの感じ方も人それぞれなのでなんとも言えません。ただ、OM●TENASHI™テストを第二の教育として本当に広めたら、いろいろ効果はあるんだろうなぁ、とも思っています。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月17日水曜日

はじめてタイに来た感想は

「タイ人はみんなにこにこしているね!」

という感想はゲストの10歳の子どもの感想でした。子どもの感想だけあって改めてタイでの真実に気づかされたような気がしました。そんなことはとっくに解っていることなのに、すごく大切なこと。この点、タイ人を心から自分が敬愛する点でもあります。

給料日前でお金なくなって5バーツのインスタントラーメンでランチを笑いながら食べて乗り切るタイ人、事故しても笑顔で話し合う穏やかな事故現場、タクシー乗る時も後部座席に乗らず助手席に乗って運転手と会話するタイ人、、

タイ人の魅力については今までにも何度か触れてきました様にいくつもあるのですが、つい最近も生き方の違いについて考えさせられたこんなことがありました。

今ワイフの兄には自分のオフィスで働いてもらっているのですが、将来の社長として教育するつもりでゼロから仕事を教えていました。変な意味ではなく、今まで田舎で日給200バーツで生きてきたような人ですから、仕事に対しての感覚がバンコクにいるタイ人以上に我々とはズレを感じていました。端的に言えば、仕事ができない、の一言。自分で考えて行動することなどありえなく、言われたことさえもロクにできないことも珍しくありませんでした。「ガキの使い」じゃないんだからよぉ、と、この年でガキ使のタイトルの意味が身に染みて解ったくらいです。

ただし、そんな彼でも強みはあります。まず、信用できる点。これがもの凄く大きい。身内だからというのもあるんですが、例え彼に30万バーツ(100万円)預けても何の心配も入りません。彼がいるからこそ、5月に2週間まるまるタイを留守にして日本出張行くこともできましたし、異国の地でここまで何の心配もなしに留守を任せられる人材はなかなかいなく、とてもありがたい事です。次に、素直で純粋なところですね、休みの日にどうしても必要なタスクがある時にやむを得ず出社できるかを聞くと、笑顔で受け入れてくれて非常に協力的です。休み返上して出社してくれたから500バーツでも小遣いを上げるんですが、謙虚にそれを断ります。それでも強引にあげちゃうんですが、単純に嬉しいですよね、お金の為だけに動いてくれているんじゃない、それこそ彼なりの「義」の為に動いてくれていることが解ります。

一方、働きはじめの時は遅刻が続いたので、遅刻はよくない事を説明するために、

会社としてはあなたの働く時間を買っている、
朝10時から夕方6時までを働く代わりに会社は給料を支払うという約束だ、
遅刻して働く時間を少なくされてしまうと約束が違ってくる、

→「今月は売上げ悪いからすまん、今月の給料は少なくなる」と言われたらどうする?

という流れで説明しました。私の予想では「いや、給料少なくなっては困る!そんな会社どこにもない!ひどい!ブラック!けしからん!」的な答えが返ってきて、そうでしょ?だったら遅刻もしたらいけないでしょ。大丈夫、(会社が存続する限り)給料払わないなんてことはありえないから。→「なるほどです!解りました!遅刻は二度としません!I swear!」となる流れだったんですが、彼の放ったひと言はこちら、

「はい。給料少なくなっても大丈夫!そんな時は自分も受け入れます!」

えーーーーーってなりましたよね。思わず、「いやいやいやいやいや・・・」と千原ジュニアばりに口にそのまま出てしまいました。ダメでしょ、そこは。そこを受け入れてしまったらあかんよ、あかーん、と自分の年下の義兄に説明する私。

とにかくそんなピュアで絶対的に信用ができるけれども仕事自体はガキ使な彼。そんな彼に仕事のいろはをここ数か月間教育してたんですけど、ついにギブアップしました。まぁ、私の力が及ばなかったという点も否めないんですが、彼の出した結論は

「仕事を頑張って給料を多くもらうより、給料低くてもサバーイサバーイの方がいい」

ということでした。私的には収入を多くして仕事もプライベートも両方サバーイサバーイの方がいいと思うのですが、人の考え方、スタイルは人それぞれ。サバーイの観念、感じ方も人それぞれです、これはつまりどちらが正解なんてことはなく、あるとしたらその人が出した結論が答えなんですよね、、目の前のサバ―イを最優先にするとゆうタイ人の生き方、それを目の当たりにした経験でした。

だからタイ人の人はいつもにこにこしているのかも知れませんね。






最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月16日火曜日

私がビジネスの名刺を持たない理由

それは、ビジネスでこれ以上新規顧客が増えてしまっては困るから。と、私もとうとうこんな生意気な事を言うようになってしもうた。

ビジネスは現状の体制で充分(むしろ現状の伸びしろをもっと伸ばすべし)、次のステップに進まなくてはならんのです。早くしなければ・・・!




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月15日月曜日

かの有名なゴールデントライアングルに行ってキター

ゴールデントライアングルとゆうのがありましてね、何でもタイとミャンマーとラオスの国境が重なり合う場所があるそうな。そしてそれが、チェンライにあるのです。

チェンライといえば、そうです、ワイフの出身なので前々から行きたいと思ってたんですよね、黄金の三角地帯に。


こちらが著名なメコン川。向こう岸はラオスです。

川沿いに上っていくと何やらモニュメントらしきものが登場してきました。ここや、絶対ここや、ゴールデントライアングル。ついに、ゴールデンに到着しました。




モニュメントその1。




ゴールデンの地図。なるほど、こうなっているのかぁ。




モニュメントその2。




モニュメントその2のアップ。ここの上はお寺になっていて登れます。




上のお寺から。向こう岸はミャンマーです。




こちらがお寺からのベストショット!右にある金のドーム状のお寺はラオスで、左の大陸はミャンマー。そして地元の人曰く、中央の背後にある山は中国だと言います、ホントかな~?

なんでも、裏山はもっと景色がキレイだよ!とのことで裏山に登ってみると、




あら。ホントにキレイ!いい感じに見渡せました。ワイフの一族は何百年もかけてあの山の方から南下して来たのだね。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月12日金曜日

私がセミナーに参加する5つの理由

先日、久しぶりにセミナーに行ってきました。内容はEvernote Businessの活用方法を紹介するものだったんですが、私がセミナーに定期的に行こうとしているのは必ずしもセミナー内容のみが目的ではありません。以下に私がセミナーに参加する理由を紹介します。




■ホスト側の視点で見に行く
NPOの方でOM●TENASHI™テストを開催するに辺り、現在はこの点が大きいかも知れませんが、ホスト側の立場になって観察しています。会場のロケーションだったり、受付の流れ、閉場の流れ、スタッフの人数、飲み物の有無だったり、会場全体の雰囲気などなど、気に入った会場であれば会場費も聞きます。

■人の話し方を学ぶ
セミナーで登壇して話すようなスピーカーの中には、とびきり話し方が魅力的な人がいます。そうした人を求めているというのもあります。

■出逢い
セミナーの内容をきちんと選んでいれば、そこでの出逢いも期待できます。自分と同じ内容に興味を持つ人。日本PRの前理事長はセミナーで出逢った人物です。

■インスピレーション
自分から行動を起こさないと毎日の生活サイクルに埋もれてしまいがちになります。セミナーが開催されている場所は生活サイクルの範囲の外になることがほとんどなので、例えば会場に行くまでも楽しみます。始めて行くビルやホテルで何かインスピレーションが生まれるかも知れません。生活のマンネリ化を防ぎます。

■時勢を知る
別に だからと言ってどうにもなるものではないんですが、全体を見ます。セミナーとして開催されるようなものは大抵 今 “旬”な話題やノウハウ、新しい何かについての事柄が多いです。自分の専門分野ではなくともどんな風に時代は今、流れて行くのか を何となくても知る為でもあります。さもしないと、このご時世、追いつきません。どんな人が来ているのか、人間観察の場でもあります。

以上が私のセミナーに参加する理由です。さて次は・・・





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月11日木曜日

バンコクで「日本人の友達」について聞かれた時の模範回答

私だって人間だ。口に出す出さないは別として、苦手なタイプの人はいます。そしてその苦手なタイプの人の悪口を私は言わないようにしているのだけれど、標題の質問に対してはどうも回答した後にイヤ~な気持ちになる事が多く、その模範回答を見つけたのでここに記します。

まずはじめにその私の苦手なタイプを言っておくと(取分けタイ在住の人で)、タイ人を頭ごなしにバカにする人は苦手だ。タイ人をハナっから下に見て偉そうに振る舞う人も苦手だ。それから、単純に阿呆な人が苦手だ。

ここではっきり言ってしまうと、上のいずれかに該当しがちなのは日本から来ている駐在員となってしまう。これはもちろん、全員がそうではないし、また駐在員の性質上、そうなりがちな理由も解っています。

その理由を端的に上げると、会社の通達でタイ駐在に決まった人はまずタイへの愛着が必ずしもない、その上期間限定となるとタイ語を本格的に勉強しようとしない。ましてや彼らのチームの部下とは英語で通じるし、移動は運転手が付くことも珍しくない。このように得てして駐在員のタイ生活とは“快適に用意された生活環境”の中で生きていくことになるので、どうしてもタイ人のことを彼らの言語ではない英語で使って つい下に見てしまう習慣が付いてしまう、とゆうものであります。こうした生活環境で自分は偉いのだ、と勘違いするパターンです。

極端な事例を言うとドバイなんかはわかり易いのではないでしょか?あの国でのあらゆるオペレーターの人種はほぼアジア人で占められています。現地人の人口をはるかに上回るアジア人(特にインド人が多し)を雇って現場を回している国です、メイドはタイ人も多いんですが、そんな生活環境だとドバイ人がアジア人を無意識にも下に見ることはある意味自然なことと思われます。善い、悪いは別の話として。

理由は解ってるんですけど、だからといって自分の大好きで敬愛するタイ人を勝手に“勘違いして”下に見るのは私の中では曲がってることであり、そして私は曲がった事が大嫌いなのだ。でも駐在員の立場に立って、理由をこうして考慮するとそうなるのも解らないでもない、だから「苦手なんです」と私の中では思いっきり謙虚に言っているんです。

では、謙虚に言わないとしたらどうなるのか?たぶん、「嫌いだ」となるわけです。でも、これって、もの凄く偏見じゃないですか。「駐在員は嫌いだ」なんて。駐在員の方の中でも、タイが好きで自分で志願して来られた人もいるでしょうし、タイに来てから好きになってタイの郷に従ってタイ文化に溶け込んでいる人もいます、そういった方には失礼至極な話です。もし、自分が駐在員ならこんな偏見を持っている自分みたいな輩がいたら「小さい人間だな」と相手にしないかも知れません。

これではあかん!となり、ある日駐在員の聖地スクンビットで開かれた日本人の集まりに参加したんです。ちなみにこの手の集まりは無数にありまして、いつもは私の恥ずべき偏見から避けて通っていた道なのですが、あかん!となったので行ってみたんです。そしたら案の定 阿呆な人がいてつまらない思いをしました。見事につまらない人がいました。下世話な話なので詳しくはしませんけど。

こうして自分の偏見を恥じて何度か日本人の友をバンコクで見つけようとしたのですが、日本にいる自分の本当の友が魅力的すぎて見劣りしてしまっているのか解りませんが、なかなかウマが合う人と巡り会わなくてですね、正直、日本人とのコミュニティを持ってなかったんです、強いて言えばNPOでやっているJapanese Classくらいなものか。しかし、それがツーリング仲間が出来ておもしろくなってきました。単車を通じてだからか、なんか久しぶりにウマが合う感じがしています。

今まで、たまに聞かれる標題の質問には、話の流れとゆうか会話として自分のこのつまらない偏見を解説してしまうことがしばしばありましたが、それを口にしている時も「オレ自分で何言ってるんだろ」と自分で自分のことが嫌で、いつも話した後に反省していたんですが、実際に日本人のウマが合いそうな人達にも出逢えて自分の中では模範解答が見つかりました。別に模範解答自体は特別なものではないんですが、偏見のことは自分の中でも薄れてきましたし、これからは口にすることはないと思います。←偏見は捨てた!が自分の中での模範解答(の本質)とゆうことになりました。

最後に、偏見の一番よろしくないと思うのが、その偏った見方によって現場を見ようとしないで頭の中で片付けてしまうことです。それであらゆる可能性を潰しているのは自分で、また自分を間違った方向に導いてしまう恐れのあるネガティブな思考。私は、あくまで現場での現実主義でいきたい。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月10日水曜日

チェンライで土地を買って来ました件

やっぱり自分の望むことは口外していると情報が集まってくるもんだなぁ、とゆう事なんですが、もともとワイフの故郷であるチェンライの土地を狙っていました。チェンライとゆうのはタイ最北部の県でミャンマーとラオスに接しています。あのチェンマイより北にある位置です。

とある日、空港から30分の場所にいいところがあるとゆうことで、なら見に行こか、と軽い話をしていたら、追っつけ空港から5分の土地があるとゆう別情報が舞い込んできました。


思い立ったら即チェンライ、いこう。

チェンライ着いたら早速5分の現場へ。






こちらが5分の現場。実際は10分やったけど。細かい話は置いておいて、もうこの時点でほぼ決定してました。



続いて30分のところ。エリア的に微妙でした。




ワイフと同じアカ族の売主を呼出し、早速契約、チェンライの空港から10分の土地400㎡をゲットしました。




それにしても本場チェンライのカオソイガイはアロイな。




チェンライ来たらカオソイガイしか食べないってゆう。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月8日月曜日

自分の愛車CB1100EXがお店のページに掲載された件

雑誌やお店のWEBサイトに自分の愛車が載ることはライダー冥利に尽きることですが、掲載されました。



http://www.z-father.co.jp/fs/zfather/10002188

※今回CB1100EXに取り付けた上記ページの集合管、超いい音します♪

今回のCBカスタムには何から何までお世話になっているZFATHERさんです☆ ZFATHERさんは東京・世田谷にあるカスタムバイクパーツのお店で主に旧車好きの人にはよだれが出そうなパーツを多く取り揃えているお店です。タイのツーリング仲間も知っていたので関東では知る人ぞ知る良店であります。前の記事にも書きましたが、親身になって色々と対応してくださるのでとてもとても私は助かりました☆

旧車カスタムするにはZFATHERでキマリ☆




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月5日金曜日

バンコクでCB1100EXをカスタム中!今度は集合管に換えました件

どっちかなんですよね。とずっと思っていました。我がCB1100EXをカスタムする際のコンセプトと言いますか、どこに向かってカスタムしていくかを考えていた時に、どっちにするか、をですね。

つまり、


CB750K0タイプか。スタイルの美は所謂水平ラインです。このスタイルにはケツ上げは似合わないし、集合管ではなくやはり4本出しのマフラーが美しい。

もう一つは、


自分の中での王道スタイル。アップハンにケツ上げ、ブラックのショート管を入れてサスも変えて・・・と。何というか、スタイリッシュなんですよね。これはこれで王道の美しさ。

まぁ結局は後者になってしまったわけなんですが、、というのも4本出しマフラーは30万近くして高いし、前者でいくならせめてタンクはK0仕様のやつに換えたいとなり、タンクだけでも15万、、そこからサイドカバーを塗装に出したり送料とかも考えるとすぐに50万越えになってしまいますので、まずは手軽にできる方からやってみることにしました。


それがこちら。ブラックのショート管を装着しました!ショート管はいつもお世話になっている東京・世田谷のゼットファーザーさんです!


前の記事にもありますがゼットファーザーさんにはすごくお世話になっており、と言いますのも私は実はライダーではありますが、メカニックではないんです。。乗るのは大好きなんですが、あまりテクニカル面の事には興味がなく、だもんだから普通ライダーならそれくらい知ってるだろ!的なことが全く知らないんです。これはおそらく料理と一緒。私食べるの大好きですが、料理は全然やりません。もしかするとどちらもハマったらとことん追究してしまって、それに没頭しすぎて本来の大志を全うできないのを無意識のうちに避けているのかも知れません。ま、これを話すとどんどん話が反れますので話を元に戻しますと、私が無知なもんだから時々突拍子もないことも聞くんですが、それをゼットファーザーさんはすごく丁寧に回答してくれるのです。その他アドバイスもいただいたり、不明な点はわざわざ調査した上で回答してもらえたり、とカスタムパーツ屋さんでホテルのコンシェルジュのような感じで対応してくださるのですっかり安心してお願いしてしまっています。


それから、ゼットファーザーさんと言えば、先日の記事 [CB1100EX]バンコクにいながらCB1100EXをカスタム!ハンドル/タンデムバー/ウィンカー編 を見てハンドルを購入された方がおられるとの事。私もCB1100EXのハンドル情報がなくて困っていましたので、少しでも参考になれたのかなぁ、と嬉しく思います。ありがとうございます♪


見た目もいいですし、音も一発で気に入りました。ネジひとつで直管にもなりますし。(直管にすることはまぁまぁないと思いますが)マフラーを変えることで私がこのCB1100EXでもっとも気に入っている加速が落ちることを少し懸念していましたが、それも全く問題ありません。あの加速は健在で今、走るのが楽しくてたまりません。



ついでと言ってはなんですが、三つ又エンブレムも付けました!これにて一応、カスタムも私の中ではひと段落つきました。





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月4日木曜日

Paul Harris Fellowの認証をいただきました!


ロータリークラブの創始者にポールハリスという方がいるんですが、その名が文字られたPaul Harris Fellowは、端的に言うとロータリー財団に$1000以上の寄付をすることによって認証されるプロジェクトです。寄付金はロータリー財団によってさまざまな分野において活用されます。

※Paul Harris Fellowについて詳しくはこちら
※ロータリー財団について詳しくはこちら


この承認を受けるとPaul Harris Fellowのバッジがもらえるのですが、こちらです。これがあるとロータリーの集りなどでは一目置かれるのだとか。


よし!ぱりっといこう!




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月2日火曜日

私がこのビルを説明するのに困難な理由。

それは日本語が下手だから。どこかの記事にも書いたかも知れませんが、完全に日本語が下手になっている件。

こんなにも日本語を喋る機会がないのは生まれて初めてで、最近の日常がほぼタイ語オンリーになっています。タイ語オンリーと言っても音楽とか大河ドラマくらいは見ているのでヒアリングは全然いいんですが、日本語のべしゃりの方の件。べしゃりとか言うと「元々しゃべり上手くないやん」と言われそうですが、わかった、そう言うのなら、さ・ら・に、下手になっているとゆうことなんです。


で、このビルはですね、現在建設中でこのビルが完成したらバンコク一高いビルになるのです。デザインが斬新なので良くアテンドしていると話題になるんです。ただ、このビルのバンコク一も束の間。現在、また別のところで建設中のなんとかタワーがこのビルのたしか2年くらい後に完成するんですが、それが完成したらそのなんとかタワーがバンコク一となるそうです。

・・・と、この話がなんか上手く喋れない。たぶん、宮川大輔あたりがこれを説明するとなるともっとおもしろおかしく喋れると思うのだけれど、ワイはダメや。もう、日本語おもしろおかしく喋れないのだ。。

ついでに言うと、最近会話をしていて余計なひと言だったり、言ったことで後になって後悔することがよくあります。別に悪気もないのに相手を傷つけてしまいかねない言葉だったり、場をおもしろくするために言った言葉が変な意味で捉えられたり、とか、後になってなんかすげー自分嫌な奴じゃん、て気づくことがある。出直します。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年8月1日月曜日

[YAMATO] 第三回青空集会。パタヤツーリングがついに決行した件。

100台集めてみんなでパタヤ行こう!のこの企画も今回で三回目となりました。


記念すべき第一回目は1台。はい、自分だけ。詳しくは[[YAMATO] 完敗です]を参照してください。



第二回目も1台。そうです、自分だけ。哀愁感しかないですね。。詳しくは[[YAMATO] 第二回青空集会開催!それでも私がYAMATOを開催する理由]を参照してください。

今回の三回目は、、


ちょっと違います、この1台の風景は仮の姿・・・。別にスクンビットとチョンブリーに待ち合わせもあって今回は


9台集まりました。



バンプラ周って、



念願のパタヤ!はじめてパタヤに来てあれから13年。。はじめて来た時に、「ここを単車(グループツーリング)で走ったら気持ちいいだろうなぁ」が13年越しにやっと叶いました。



そしてバンセンを周る。

今回は350㎞のツーリング。走っているのが勿論楽しいんですが、バイクを通じた出逢いというのもおもしろいです。バンコクの日本車バイク乗りの方、一緒にやりましょう。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング