2016年10月26日水曜日

キングコング・西野とゆう人物について

非常に気持ちがいい人間だ。一言で言うと私の感想は、こうであります。今でこそ最近やってる絵本で海外にいる一人間のところまでガンガン情報が入ってくるのだけど、少し前からキングコング西野とは、男前な人だなぁ、と思っていました。

何が男前かって、批判を恐れないその姿勢だ。それがとんでもなく粋なのである。続いて彼は芸人だけにやることなすこと華やかである。今回の絵本にしても才能が開花し過ぎ。ゴッホとかモナ・リザの絵を実際に見たことあるけど、それよか全然引き込まれる。とは言え、私は彼のファンでもなんでもないんで彼のことは全然知らないんだけど、今回の絵本のフレーズを見る限り彼には志があるのだろう。ここまででも、彼は粋で華やかで志を持っている。彼が義を持ち合わせている人間かどうかは知らんけど、これでもし彼がその義を持ち合わせているのなら、自分が目指している粋華志義たる人間であることになる。

本人も言っているように、芸人でもある彼は、周りの人間から「絵本を書いていること」に周りから相当言われたことは想像するにたやすい。いや、彼は有名人なだけに我々一般人には計り知れないバッシングもあったと思う。でも、彼はそれに負けなかったんだな。

てか、人を批判する人ってなんなんだろうな。何様のつもりなんだろうって良く思う。人を批判する人って、手前が完璧な人間って思ってるんかな。ま、どーでもいーけど。

とにかく、新しいことをやるには必ず批判が伴う。志を持つ者は、これに打ち勝つ精神力を持たねばならない。よし、やったるか。

ちなみに、同じ理由から橋下さんやホリエモンも大好き。





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年10月21日金曜日

[メルセデス修理物語] クラクションが鳴らないのとヘッドライトが切れた

大分調子よく乗っていた愛車メルセデスですが、久しぶりに小修理に出しました。

まぁ、私は仏のように穏やかな人間なのでクラクションなんて鳴らすことなんて滅多にないんですが、先日、夜の雨の時に進行方向青信号で進んでいたところ、左からバスがゆっくりですが入ってきたんですよね。ここで鳴らさないでどこで鳴らすのだクラクション、的な感じでクラクションを押しても全然ならない。左からバスは来るは、後ろから後続車はいるわ、夜で雨だしなんかクラクションが鳴らないことがすごく怖かったですね。

ということで小修理。


小修理なのでお代も安い。





見たらちゃんと新しいのがついてる~。もう見た目はクラシックだけど、結構パーツは一通り新しいのになってる~





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年10月17日月曜日

[Silom Rotaly] 久しぶりの再会

ところでNPO活動でやっているJapanese Classとゆうのがありまして、要は日本語無料教室をバンコクと東京でやってるんですが、これを立ちあげる際にタイの東大と言われているチュラーロンコーン大学に話を持っていきました。

と言っても大学に直で、とゆうわけではなくて私が以前所属していたローターアクトクラブとゆうのがあって、そのクラブがチュラ大にもあって、それでコンタクトを取ってみたんです。

大学なら日本語を学んでいる学生もいるし、何よりチュラ大でそんなクラスを開催できたらネームバリューもありますし、なんかいいと思ったんです。

で、案の定私を迎えてくれたチュラ大現役の彼の反応は「無料でそんなことやるの?それなら、俺は100人でも集めることができるぜ!」と言っていたのを今でも覚えてるんですが、結局その後は彼も忙しかったらしく、彼がこのJapanese Classに関わることなく、結構スグに連絡は取らなくなっていました。

それでも彼とはFBで繋がっていて、彼がローターアクトでガンガンに活動しているのを何となく知っていて(日本とかのたぶんなんかの世界大会でスピーチしてたり)、とそんな彼との出逢いがあったのも4年前の話です。

そんな彼が、いきなり私の視界に飛び込んできました。Silomロータリークラブの定例会に来たのです。4年ぶりに出逢った関係値は前と異なり、今度は私がロータリアンとして我々の定例会への参加だったので、ホストでもあるわけです。


世界大会へ向けての予算を得るためのプレゼン。懐かしいものです。自分がこうゆうのやってたの、もうかれこれ7、8年くらい前になるのか。


続いて政治家でもあり、ご自分で財団もって貧しい子供たちを支援する活動を行っているというなんだか偉い方の卓話。宝塚写真をみてみると、何だかタイのエリートさ加減が伝わってきます。なお、全然関係ないですけど彼女の妹がミスタイランドかだったかで、言われるだけあって美しいのがわかります。



今回も少なからず寄付はしておいたけど、何に使われるかわからない税金を払うよりかは、やっぱりこうした自分の目で見たものに出す方が、やっぱり好きだな。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年10月13日木曜日

追悼の意を表します

ひとつの長い時代が終わった。

王様の国民による愛というのは言葉に尽くしがたく、その愛に触れてからかれこれ14年、いつしか私も外の人間ながらに尊敬の意を抱いていました。とは言え、タイの皆さんのそれとは次元が違うのでしょうが、外国人ながらに例えば映画を見る前、朝8時と夕方6時の放送、最近ではロータリークラブでの斉唱、もっと言えば自身の結婚式にも王様の歌は流れていたくらいで、その度に王様の尊厳には触れており、それは私の涙腺を刺激するものでした。言葉ではいい表せませんが、私は一種の美しさを、それに感じていました。

かつて日本には、人の尊敬を集めた2大人物がいたと言います。それが加藤清正と西郷隆盛みたいです。決して比較できるものではありませんが、本当に人より敬愛される人というのはこうしたことを言うのか、とも思っていました。

タイは今、激動の瞬間を迎えました。色々な課題が山積みではありますが、故王様が望んだタイを、その偉大なる遺志を歪むことなく引継ぎ、これからのタイを盛り立てていってもらうことを心から祈念いたします。


新しい時代を進みます。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年10月12日水曜日

その後のairbnbの運営はとゆうと、

4ヶ月目にしてやっと黒に持っていけました。数字を紹介するとこんな感じ。

月   入金   コスト  利益  稼働日 稼働率 単価
06月    ฿7,595     ฿9,247    -฿1,652    16日     53%    ฿475
07月    ฿8,557     ฿12,449   -฿3,892    26日    84%     ฿329
08月    ฿8,648     ฿11,255   -฿2,607    25日     81%    ฿346
09月    ฿11,775    ฿10,425    ฿1,350    23日     77%     ฿512
10月    ฿14,815    ฿10,500    ฿4,315    23日     74%     ฿644
※10月は12日現在の見込み。

Airbnbをやっている場所はダウンタウンに近いながらも、思いっきりローカルなエリア。駅前物件でもなく、かっこいいコンドでもない。その上、近所にプールの画像をトップ画像にもってきているコンドを500バーツで貸し出している人とかいるので、はじめから簡単にはいかんと思ってました。

だので、たぶんAirbnbをはじめる人がたぶん誰もがやる手段(?)、価格を安くして星をとにかく集める手段に私もやってみました。その上、かつて最上のサービスを私なりに追求した自分ですから、私なりのおもてなしをやっていたら、そらもう、「Maleeの旦那のサービスがいい!最高!」と驚嘆の嵐で星もなんとか集まってきたので先月から価格をあげたんです。

そしたら、稼働率は下がって収益はあがるとゆう理想の現象が起こりました。

家賃収入の練習のためにやってるAirbnb、思ったより勉強になり、思った通りの手応えがあり、思った通りのスケジュールで黒にもってけたのでなんか嬉しい。

で、時間がなくてできてないけど、まだまだ施すべきアイデアはいくつもあるので、まだまだよくなっていくでしょう!

タイに“暮らす”、がコンセプトのMALEE'S HOMEの予約はこちらから。





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年10月11日火曜日

アイコスが想像以上に相性がいい件

友人、知人、お客さんにアイコスゲットをお願いして5ヶ月、やっとアイコスを手に入れることができました。

それも、タダで。

「俺ので良ければあげようか?」

数々の人にお願いして見つからなくて見つからなくて、自分も日本に帰った時に少し探したけどやっぱりなくて・・・の5ヶ月後にこのあっさり感だったので、えーって感じでした。

とゆうことで、私にお願いされた皆さま、どうもありがとうございました。無事にゲットできました。

ところで、実際にアイコス生活をしてみて気のせいか、体調がすこぶるいいように思えます。ちょうどアイコスを手に入れた同日に歯医者に行って口の中を洗浄してもらったので、なんかすごく健康な気がします。

私はもともと本数を吸う方ではなくて、お酒を飲まなければ一日3-4本くらいしか吸いません。お酒を飲むと10本以上と本数が多くなり、いつしかそれで気持ち悪くなる、とゆうか、頭が痛くなるとゆうか、そんなに深刻にないにしろ、なんかそれが気になっていました。

私は比較的 自己啓発で思考を鍛錬していますのでたばこをいざやめようと思えばいつでもヤメれるんですが、それでも吸っていた理由はただ一つ、吸いたいから吸っていたのです。そんな状況だったので、自分にはアイコスはすこぶるいい。気持ち悪くなんないし。

なにがいいって、フィルターの部分が完全たばこと一緒だから、なんとゆうか、くわえ具合といいますか、くわえ感が同じなんですよね。

とゆうことで、吸い始めて22年目にして、私は


コレで、たばこを止めました。


アイコスいいわー。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2016年10月3日月曜日

それがしだけの、特別なラーメン

下積み時代、1.8畳の部屋で起業したことがある。何しろ1.8畳とゆうインパクトある広さなので、当然トイレとシャワーは共同だ。しかしながら洗面台はこの1.8畳のなかに見事収まってるってゆう。

この1.8畳の部屋が当時私にとっては初めて起こした会社の本社であり、また そこに住んでいたので家でもありました。

夜からバイトしに出かけて朝方に帰ってくると体力が続く限りそのまま本業の仕事、ランチは近所の中華料理店が出す弁当が250円の割にはボリュームあって安いし旨いので食べてました、てか、目覚ましの為に食べてた感もあるかも。それでも腹を満たすと雲の上にいる様なふわふわ感満載になってくるので、そのうち寝る。イスを机の上に積み上げて横になるんですが、大抵会社と家の機能を1.8畳のスペースに入っている中、その上寝床を作る時には雲の上にいるふわふわ感の中でやるので、横になっても足が伸ばせない時もある。上手く足を伸ばせる時もそりゃあって、その時は足を伸ばして寝れる幸せを感じて眠りにつく。で、夕方6時くらいまで寝たらまた夜のバイトに行く。

今考えると絵に書いたような下積み時代。そういや当時付き合っていた彼女が断っても無理やりにきて、その1.8畳のスペースで二人でクリスマスパーティやったこともあった。今考えるとよくやったな、クリスマスパーティ。あそこで。

で、そんな当時の自分へのご褒美とゆうのが、週に一回、近所にあるラーメン屋に行くことだった。特に有名店でもなんでもなく、地元に根付いたお店って感じ。カウンター席のみの昔ながらの店作りであるのだが、ここのらーめんがめちゃくちゃ美味い。と言っても一般的には普通のらーめんだと思う。

ただ、私にとっては冒頭の様な生活をしている身なのでこれ程のご馳走はない。よく言われる“第三のスパイス”が勝手にかかってるのでしょう、私にはめちゃめちゃ美味しいのだが、たぶん一般には普通のなんでもない、らーめんだと思う。

この日はそんな下積み時代に想いを寄せて、久しぶりに来てみた、


当時の想い出のラーメン屋。

10人ちょっとが座れるくらいのL字のカウンター席。L字の底辺は一人だけ座れて、後はL字の縦線部分に横並びにカウンター席が並ぶ。で、私はこのL字底辺の席に座るのだ。いつもの底辺席が埋まっていたら嫌だなぁ、と思いつつ、そう考えてみるとこの私の特等席でもある底辺席が埋まっていたことがない。で、やっぱり今日も空いてた、底辺。

底辺は空いてるけど、縦線部分の席は埋まってる。回転率もいいし、なかなか外観の割には雰囲気出てるんだよね、この店。


昔と同じく生と餃子を注文してみた。そうそう、ここの餃子、口にもって行く前に中身が全部くずれ出るところなんかも昔のまんまだ。ちょー旨い。




で、いつもの「らーめん」。てか、外看板にみそらーめんと記載あるのでたぶん、このらーめん屋はみそらーめんが主力なのだろうことは前々から気づかなくもないが、この店で「らーめん」以外を食べたことが、ない。みそらーめん(当時の私にとっては)高いし、何より醤油ベースのこの「らーめん」がなんか当時から懐かしくってこれしか食べてなかったとゆう。あぁ、ちょー美味かった。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックして粋華志義に清き一票、バナー一票をお願いいたします!
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

The Test of OM●TENASHI™

粋華志義ではMATT君を応援しています

月間人気記事ランキング